【今年こそ、使える英語力を身につけたい人に、TOEIC(R) Speaking & Writing Tests】

TOEIC SWテスト実力養成講座はこちらから。

TOEIC SWテスト実力養成講座はこちらから。

eラーニングはいつ、どこででも学ぶことのできるツールです。本間 正人先生の実力養成講座では、試験対策はもちろんのこと、忙しく生活する中でどのように学んでいくかというヒントをたくさん教えてくださっています。
まずは、試験の内容を確認していきましょう。

TOEIC(R) Speaking & Writing Tests

「メリット」

・ビジネス現場で「実際に使える」との証明になる。
・TOEIC L&Rに比べ受験者数が少ないので、積極性をアピールできる。
・SWテストを目指して勉強すると実際に実力がつく→Listening,Reading,Speaking,Writingを総合的に学ぶと相乗効果を生む。

「次回次々回の試験日」

2月12日(日)
インターネット申込1月27日15時まで
3月5日(日)
インタネット申込1月20日10時開始

「問題構成」

TOEIC Speaking 約20分 11問
TOEIC Writing 約60分 8問
問題はTOEIC Speakingと、TOEIC Writingで構成されています。
途中、休憩はありません。

「実施方法」

TOEIC S&Wは試験会場のパソコンにインターネットを介してテスト問題が配信されるもので、受験者はTOEIC L&Rのように紙と鉛筆で解答するのではなく、パソコン上で音声を吹き込んだり文章を入力して解答します。

※検定については、必ず主催者発行の情報をご確認ください。
(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会 http://www.toeic.or.jp/sw/guide01.html

本間正人先生のTOEIC SWテスト実力養成講座

http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/264/54/

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 英語学習, 資格by.kobayashiseira0 Comments2017.01.05
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ