オーサリングにおける Flash の限界について

adobe 社のTechNoteに、興味深い記事がありましたので紹介致します。

▼オーサリングにおける Flash の限界について
http://kb2.adobe.com/jp/cps/228/228626.html

▼引用
Flash ムービーは最高 16000 フレームをもつことができます。その限界を超えると、再生ができなくなるでしょう。しかし長いムービーでも、滅多にその限界を超えることはないと思います。
万が一、16000 フレーム以上必要になるのであれば、16000 フレーム以下にムービーを分割してそれらを Load Movie でリンクして対処します。

つまり、フレームレートによって、1スライド内で再生可能な時間が異なります。
例えば、8分以上のスライドの場合、30fpsの設定を利用することは出来ません。

・0分-8分   : 30fps 24fps 18fps 12fps
・8分-11分  : 24fps 18fps 12fps
・11分-14分 : 18fps 12fps
・14分-22分 : 12fps
・22分以上の場合は、スライドを分割してください。

詳しくは以下のFAQを御覧ください。
【Flashのファイルサイズの限界によるPPT2Flashのフレームレート設定】
http://ppt2flash.jp/?page_id=813

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.o.nakamura0 Comments2010.11.01
TAGS ,  
記事の投稿者
中村 央理雄

株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。