iPad

一般情報 iPhone 構成ユーティリティ 3.3 (Windows)とは、

この「iPhone 構成ユーティリティ」を使うことで、iPhoneの構成プロファイルを作成、保守、暗号化、およびインストールしたり、プロビジョニングプロファイルや承認済みアプリケーションを追跡およびインストールしたり、コンソールログなどのデバイス情報を記録したりする作業を簡単に行うことができます。自社で開発して、AppAtoreにリリースする前には、このツールを利用してiPhoneにアプリを設定しで動作検証をしたり、XML ファイルで、デバイス・セキュリティ・ポリシー、VPN 構成情報、Wi-Fi 設定、APN 設定、Exchange アカウント設定、メール設定、iPhone や iPod touch からのエンタープライズシステムの操作を許可する証明書が含まれています。

通常のiPhone利用者は利用することがないツールですが、iPhoneアプリを開発する人には必須のツールです。

最初からプロファイルを作成するのが面倒なら、http://iphonenodata.com/ からダウンロードすることも可能。

米AppleのSupport Downloads日本のアップルサイトからダウンロードしてご利用ください。

iPad2が手元にありますので、今日の「きばらじ」(http://kiban.tv)で、iPad2を利用したUSTREAMの配信実験を、パンダスタジオからお届けします。2011年4月5日12時30分からの放送予定です。画面左上が通常放送、画面左下が、iPad2による配信になります。

ipad2でUSTREAMの配信実験をします http://kiban.tv

ipad2でUSTREAMの配信実験をします http://kiban.tv

Digital AVアダプタ(Digital AV Adaputor)を利用し、iPad2の操作画面をHDMIで出力。iPad2の操作の様子を、左上画面で配信する予定です。

日本通信株式会社から出ている、データ通信用のSIMカード、b-microSIM U300と、b-microSIM Platinumの速度を比較してみました。
今回の速度調査は、会社のビルを出てすぐの場所でiPad2を使い、iPhoneアプリのSpeedTestとiPadアプリのSpeedTestXという2つのアプリで計測しました。計測した際の時間は15時頃です。

まずは、b-microSIM U300の方から。

b-microSIM U300をSpeed Testで計測した結果

b-microSIM U300をSpeed Testで計測した結果

 

b-microSIM U300をSpeed Test Xで計測した結果

b-microSIM U300をSpeed Test Xで計測した結果

2回しか速度計測をしていないので、確かとは言えませんが、下りが270Kbps〜290Kbps、上りが260Kbps〜330Kbpsという数字になりました。b-microSIM U300は、300KBpsまでに通信が制限されているので、上限値ぎりぎりの速度が出ているようです。

続いて、b-microSIM Platinumを。

b-microSIM Platinumb-microSIM PlatinumをSpeed Test で計測した結果

b-microSIM Platinumb-microSIM PlatinumをSpeed Test で計測した結果

 

b-microSIM PlatinumをSpeed Test Xで計測した結果

b-microSIM PlatinumをSpeed Test Xで計測した結果

こちらも同じく2回の計測ですが、下りが740Kbps〜780Kbps、上りが270Kbps〜330Kbpsとなりました。

気になるSIMカードのお値段ですが、
b-microSIM U300は、1ヶ月使い放題で2839円
b-microSIM Platinumは、1ヶ月使い放題で5029円
となります。

個人的な感想としては、使用するのであればb-microSIM U300で十分じゃないかと思います。もっと通信速度が欲しいのであれば、E-MobileWiMAXの契約を視野に入れるべきかと思います。5000円もあれば、WiMAXを契約してもお釣りが来ます。

複数機器を持ち歩くのがどうしても嫌!という場合には、一考の余地があるかもしれません。

bモバイルの1カ月利用のSIMカードは、日本通信のオンラインショップのみでの販売。店頭では、6か月と12カ月のものしかありません。

iPad2開封の儀

CATEGORIES iPadby.yasu.tanaka1 Comments2011.04.04

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp/ にiPad2 64GB 3Gが届きました。開封の様子と、iPadとの薄さや重さの比較、磁石でくっつくスマートカバーの取り付けなどを、こっそりと小さな声で行いました。ご覧下さい。

iPad2開封の儀
http://www.youtube.com/watch?v=mgbzpT0RxJI

iPadとiPad2を比較。
http://www.youtube.com/watch?v=FIsMcEO6QzY

ちょうど書籍をだした直後にiPad2が発売されました。iPad2になっても、内容が古くならないよう、十分に注意して書いてありますので、是非、ご一読ください。

アップルiPhone、iPadで利用できる災害対策アプリの一覧「災害対策アプリ」をひとまとめにしてコーナーを作っています。

http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewRoom?fcId=425989209

アップルiPhone、iPadで利用できる災害対策アプリの一覧

▲アップルiPhone、iPadで利用できる災害対策アプリの一覧

iOS 4.3ソフトウェアアップデートが近日配布されると、Webで告知されています。iPhoneのいいところは、OSがどんどん賢く便利になるところ。

アプリや脱獄という手法を使わないでも、「テザリング」という、モバイルルータを使えるように是非改善を、ソフトバンクモバイルさんにはお願いしたい。自分自身、ノート内蔵のWiMax、DoCoMoのモバイルルータ、iPhoneのパケ放題と、パケットだけでも3種類上限一杯まで支払っている。(それに、あまり使わなくなったeモバイルも毎月最低料金を払っている。4種類も払っている。)メインは、いつもiPhoneだ。複数の機器をつなぐモバイルルーターの電源を常に気にするのではなく、メインのiPhoneの電源を確保すればいいようになるだけでも、バッテリーの確保が楽になる。

中には、これに加え、iPadのパケット代金を払っているひともいる。このモバイルルータ機能、テザリング機能は、代金が1.5倍になってもいいので、是非許可して欲しい。この悩みから解放されるために、AUのHTC EVO SW11HT(3Gのパケット代金+525円で、WiMaxが利用でき、通信速度もWiMAXを使えば下り40Mbps,転送量無制限)への機種変更の誘惑に駆られそうになる。

以下、アップルのWebサイトの「どうだ!便利だろう」という自信満々のPRをご紹介します。

iPhone 4のためのパーソナルホットスポット
もっといろんな場所でつながろう。

出張先へ、空港へ、公園へ。これからはWi-Fiをどこにでも連れて行けます。iOS 4.3をiPhone 4にダウンロードしましょう。それだけで、Wi-Fiに接続できない環境でも、3Gネットワークの圏内であれば、パーソナルホットスポットを使って携帯電話のデータ接続をMac、Windowsパソコン、iPad、そのほかのWi-Fi対応デバイスと共有できます。接続は、Wi-Fi、Bluetooth、USBを使って、一度に最大5つのデバイスと共有できます(Wi-Fi接続はそのうち3つまで)4。すべての接続はパスワードで保護されるので安全。しかも電源効率も優れています。iPhoneは、パーソナルホットスポットが利用されていないことを検出するとオフに切り替わり、バッテリーの駆動時間を節約します。日本を含む一部の国々では、ご利用いただけません。(筆者注:SoftbankのiPhoneではこの機能が利用できない)。

iPhone 4のためのパーソナルホットスポットにならない!

iPhone 4のためのパーソナルホットスポットにならない!

http://www.apple.com/jp/ios/

2冊目の書籍が予約開始 『iPad仕事術』

CATEGORIES eラーニング, iPadby.m.nishimura1 Comments2011.02.23

iPad仕事術』という本が、2月末から配本がされます。

今日は、ソフトバンククリエイティブの編集者の織茂さんから見本が届きました。見本が届き、袋を開ける瞬間って、本当にドキドキします。

iPad仕事術

iPad仕事術

1月に発売になった下記のUSTREAM本も、是非、よろしくお願いIします。『USTREAMで会社をPRする本』という書籍に続き2冊目です。

目次を紹介しておきます。

はじめに……………………………………………………………………………. 2

第1章 iPadの基本を理解する………………………………………… 10
1.iPadを入手しよう……………………………………………………… 11
(1)仕事で使うならWi-Fi+3Gモデルを………………………… 11
(2)HDD容量は64GBに…………………………………………….. 13
2.iPadに触ってみよう…………………………………………………….. 14
(1)マルチタッチディスプレイの操作方法…………………….. 14
(2)アプリを追加する………………………………………………… 15
(3)Wi-Fiを設定する…………………………………………………. 16
(4)パスコードを設定する………………………………………….. 17
(5)標準アプリを使ってみよう……………………………………. 17
3.そろえておきたいアクセサリ&周辺機器…………………………. 20
コラム【意外に不要(?)なアクセサリ】 ※1Pで、写真なし…… 24

第2章 iPadで仕事はこう変わる………………………………………. 26
1.仕事の効率を高めるためにオフィスを出よう…………………. 27
(1)もう「●●もできる」は時代に合わない…………………. 27
(2)場所と時間の制約を限りなく小さくするiPad………….. 28
(3)生産性を高める3つアプローチ………………………………. 29
2.ミーティングが飛躍的に活性化する……………………………… 36
(1)商談は画面を見ながらすれば話が早い…………………….. 36
(2)話をしながらスマートにアウトプットを見せる………… 38
(3)その場で次のアクションを起こす…………………………… 39
(4)写真もきれい動画もサクサク…………………………………. 40
(5)少人数ならプロジェクターの手配が不要に………………. 41
4..iPadを仕事で使うべき7つの理由……………………………….. 42
(1)電源の呪縛がないからいつでもどこでも使える………… 42
(2)起動が早いからとっさのひらめきを逃がさない………… 43
(3)「クラウド手帳」で切れ目なく仕事ができる…………… 44
(4)メールチェックの効率がぐんぐん上がる…………………. 45
(5)パーソナルナビゲーションになる…………………………… 47
(6)メガネもコンタクトもいらない……………………………… 47
(7)ボトルネックから解放されるために……………………….. 48
コラム【iPadの課題】 ※1Pで……………………………………….. 50

第3章 iPad仕事術の基本ツール………………………………………… 53
1.. iPadを便利に使うためのGメール活用法………………………. 54
(1)Gmailをメインアカウントにしよう………………………… 54
(2)スパムの排除、メールの分類が簡単にできる…………… 56
(3)ほかのアドレス宛のメールをGメールにまとめる……. 57
(4)好きなアドレスからメールを送信できるようにする….. 59
(5)メールを巡回する周期を決める……………………………… 62
(6)署名を登録する……………………………………………………. 63
(7)PC上の過去のメールをすべてGmailにバックアップする 64
2標準アプリをとことんクラウド化する…………………………….. 67
(1)メール/連絡先/カレンダーを常にアップデート…….. 67
(2)iTunes経由でiPodの住所録をiPadに同期させる…….. 71
(3)iPadのカレンダーに複数のGoogleカレンダーを同期させる 75
(4)新しいGoogle カレンダーを追加・共有する……………. 81
Column: iPADでGoogleをもっと快適に使うために……………. 84

第4章 実践iPad仕事術……………………………………………………. 86
1.仕事に使えるアプリ&サ-ビスの3原則……………………… 87
●Dropbox クラウド上の大容量ストレージ…………………….. 88
●Evernote ウェブ上の情報を何でもスクラップ「」………. 95
2.iPadだからできるすごい仕事のやり方………………………… 97
○iPadをホワイトボードのかわりに使う………………………… 97
○少人数にプレゼンテーション……………………………………… 99
○手書きでメモを書く………………………………………………… 104
○PDFにそのまま手書きでメモできる校正する……………….. 105
○紙に書いたものも、その場でiPadへ送る…………………… 108
○ツイッターを快適に使う………………………………………….. 109
○膨大なブログを一揆読み Googleリーダー………………… 116
○新聞風のレイアウトで情報収集を快適に…………………….. 122

第5章 これは入れておきたい厳選アプリ&サービス+20……… 125
1.文書を書く・資料を作る…………………………………………… 126
●iWorks Office文書を閲覧・編集・印刷……………………. 126
●Simplenote ただひたすら書き続けるためのツール. 140
●GoDocs Googleドキュメントを完全編集……………………. 140
2.読む…………………………………………………………………………. 143
●iBooks  PDFのライブラリ管理ツールとして……………… 143
3.アイデアを生む…………………………………………………………. 147
●CarbonFin Outliner 文章全体の構造を組み立てる 147
●Corkulous キーワードで書きだす……………………………. 150
●Popplet 写真などを組み合わせる……………………….. 151
●iBrainstorm 直感的なアイデア出しをする………….. 151
●Intaglio Sketchpad フローチャートを書く……….. 151
●MindNode マインドマップをつくって共有……………. 151
4.他のデバイスと連携する……………………………………………… 152
●LogMeinパソコンが必要な時にはリモートアクセス……… 152
●WebPad iPadで書いたメモをPCでリアルタイムに共有する 152
●PhotoTransfer  iPhoneで撮った写真をiPadに転送する 155
コラム・【Wi-Fiサービスの選び方】…………………………… 157
●MZone…………………………………………………………………… 157

第6章 iPad仕事術を理解する………………………………………. 160
1.挫折しないためのiPad仕事術5原則…………………………….. 161
(1)何でもiPadで済ませようとしない……………………….. 161
(2)コミュニケーションをメールだけに依存しない………. 162
(3)「記録のための記録」には意味がない…………………… 163
(4)紙を排除しない………………………………………………….. 163
(5)パソコンでやったほうが早いことはパソコンでやる… 166
2.迷ってるあなたのためのiPad仕事術Q&A………………….. 166
Q1.iPadって何に使うの?…………………………………………… 166
Q2.ソフトキーボードって使いにくいでしょう?…………….. 167
Q3.重くないですか?………………………………………………….. 167
Q4.落としたら壊れるでしょう?……………………………………….. 167
Q5.目に悪くない?……………………………………………………….. 167
Q6.フラッシュ使えないのは不便でしょう?…………………………… 167
Q7.アプリ高くないですか?…………………………………………….. 168
Q8.ランニングコストはどれくらい?…………………………………… 168
Q9.PCの方が処理早くない?………………………………………… 168
Q10.WiFiモデルでいいでしょ?おそらく外で使わないし……….. 168
Q11.iPadって機能が中途半端で仕事に使えないでしょ?…….. 168
Q12.便利なんですけど、すぐ指紋だらけになるでしょう?………. 169
Q13.結局PCとiPadの両方を持ち歩くことになるのでは?……… 169
Q14.WiFiが思うようにホットスポットでつながらない…………….. 169
Q15.メールが文字化けする……………………………………………. 169
Q16.手書きできれいに書けない…………………………………….. 169

iPad仕事術 ただいま予約受付中です。

CATEGORIES iPad, 書籍・本by.o.nakamura1 Comments2011.02.07

キバンインターナショナル西村正宏 と ビーンスター株式会社 鶴野 充茂氏の共著「iPad仕事術」(3月2日発売予定)がiPad仕事術“>Amazonで予約可能になっていましたので紹介します。

iPad仕事術 3月2日発売予定です。

iPad仕事術 内容紹介

iPadを持って外に出よう!
ベストセラー『頭のいい説明「すぐできる」コツ』著者が送るクラウド時代の仕事術。
iPadを使ってすきま間時間を有効活用し、仕事を加速するためのノウハウを満載。

一部のマニアのみならず幅広いユーザーを獲得しつつあるiPad。
ノートPC市場を脅かすほど急成長する一方で、
購入した人々の間では、

「iPadを買ったけど、ひとつ使いみちがわからない」
「いろいろ使ってみているけど便利さを感じない」

という声もしばしば聞かれる。しかし、それは実にもったいないこと。

いいアプリとの出合いや、ほんのちょっと設定をいじるだけでも
iPadは見違えるように魅力的なツールに早変わりする。

「すき間時間に仕事が進む」
「プレゼンに差が出る」
「おもしろいようにアイデアが湧き出る」

など、iPadに秘められた可能性は無限に広がる。

パソコンでもスマートフォンでもないこのデバイスを
自分のワークスタイルに無理なく取り入れる方法にはどうすればいいのか?
そのために役立つツール、サービスは何を知っておけばいいのか?

ビジネスコミュニケーションの達人として知られる鶴野氏と、
ITビジネスの専門家としてデジタルガジェットに造詣の深い西村氏の二人が
試行錯誤の中から選び抜いた「本当に使える知恵」を一冊に凝縮。
初心者からマニアまで、iPadを活用して最大限に効率を上げるためのノウハウを伝授する。

iOS4にも完全対応。
バージョンアップしても古びない「バイブル」と呼べる一冊。

iPhone、Andoroid携帯電話向けのeラーニングシステムとして、SmartBrainというシステムを提供しています。お客様に「スマトフォン」という言葉を使って説明をすると、まだなじみがないのか、どうして「スマート」なんですか?という質問を受けることがあります。

説明の中の1つとして、今現在の機能、使い勝手だけでも十分に「賢い」スマートな電話であるけれども、買い換えをしないでも、アプリケーションを追加したり、電話機自体のソフトウェア(OS)がアップデートをして、どんどん「スマート」になっていくことを説明したりします。

iPhoneも、3G、3GS、4と、これまで3種類の機種がでていますが、3Gのころから、基本的な使い方は、同じでどんどん賢くなっています。近日中にアップデートされると言われているiPhoneの4.3の操作、マルチタッチの機能について紹介されているビデオがYoutubeにアップされていましたので、どのように「賢く」なっていくのか、iPhoneをすでにお持ちの方は、一度、下記のビデオをご覧になってはいかがでしょうか。

Youtubeで、大学の講義の様子を集めた専用チャンネル(YouTube EDU)は、無料で利用できるeラーニングといってもいのではないでしょうか。。授業だけではなく、キャンパス紹介なども収録されています。(スタンフォードやMITの講義も含まれています。)

世界の大学の講義を、PCやiPhone、GooglePhone、携帯電話でみることが実現しつつあります。いつでもどこでも学びたいときに学ぶ、というeラーニングの理想形が、少しずつ実現されています。私たちキバンインターナショナルは、いつでもどこでもeラーニングを利用するためのシステム・コンテンツに注力しつづけたいと思います。

YouTube EDU
http://www.youtube.com/edu?gl=JP