デジタルトキワ荘

株式会社ビーグッド教育企画代表の家坂圭一先生の宅地建物取扱主任者講座のテスト収録の様子です。明解で飽きさせない講義はさすがです。

過去問でCheckの収録です、パワーポイントレジュメに板書きするスタイルは動きがあっていいですね。

キバンインターナショナルではeラーニングビジネス支援パックを利用して教材を作成、販売する、講師を募集中です、詳しくはcontentsbank.jpをご覧ください

株式会社ビーグッド企画 代表家坂圭一先生の宅地建物取扱主任者が進んでいます。本日は、新しい講義収録環境のチェックを兼ねて、講義収録を行いました。講義収録スタイルは、動きのあるパワーポイント教材レジメと生講義のクロマキー合成に加え、タッチパネルを使用した板書で、ライブ感覚溢れるコンテンツになります。家坂先生は、さすがライブ講義のプロフェッショナル、教壇に立つと別人となり、Take1で15分のテスト収録が終了しました。

パンダスタジオの黒・白スタジオの防音工事で、黒スタジオ、白スタジオの機材を搬出するにあたり、機材の組み替え、入れ替えを大規模に行いました。公務員講座、宅建などの講座の撮影をしていたブルースタジオは収録専用のスタジオでした。機材の組み替えで、収録だけではなく、USTREAMやLIVESTREAMの生中継にも対応できるように機材を組み替えをしました。

本日午後は、家坂さんに、機材の説明をさせて頂きました。機材を入れ替え後の画像については、家坂先生に許可をもらって公開をしていきたいと思います。

今週金曜日、27日(金)から、パンダスタジオの黒スタジオ、白スタジオは、防音工事のため、4日間、営業を休止します。工事の邪魔にならないように、機材を待避させる必要があったのですが、黒スタジオにあった65インチディスプレイ(シャープのAQUOS)を、緑スタジオ(グリーンスタジオ)に移動させました。パンダスタジオの入ったセイコービルは、階段しかないために、機材の移動はスタッフ総出の大変な作業になります。

グリーンスタジオは、中小企業診断士の講座撮影の専門で利用していますが、クロマキー合成の確認がしやすくなったと、金高先生には非常に好評でした。防音工事が終わった後に、黒スタジオに戻すのも大変ですし、大変気に入っているといわれると、戻してください、、、と言いづらい状況となりました。

ブルースタジオの照明機材の入れ変え

今日は、いつもは、公務員講座や、宅建講座を撮影して、一般には公開していない4Fの青スタジオ(ブルースタジオ)の照明器具を入れ替えましたので、その様子を公開します。

照明機材の紹介

このブルースタジオは、パンダスタジオ公開まで、キバンインターナショナルで、応接室とスタジオを併用して利用していたのので、今は、ビーグット教育企画さんがメインに講座の撮影を進めておられます。クロマキーの抜け、合成制度をあげるために、照明器具を一気にアップグレードしたのですが、1つの照明器具で、36W(200W相当の明るさ)×14灯の120cmの八角形の巨大照明です。色温度 5000-5400Kとクロマキー撮影には最適な色温度です。

 

起業をして、しばらくすると、様々な方から仕事を紹介いただいたり、案件を紹介していただけるようになります。紹介をいただけるようになるのは、会社を起業して、最初に感じる大きな喜びの1つだというのは、どの起業家のみなさんもおなじではないでしょうか。

スタートアップ時のよくある失敗

そして創業当時は、1円でも売上げを立てたいので、ついつい本業ではないこと、得意ではないことも、引き受けてしまうことがあります。

残念ながら、専門分野ではないために、非常に多くの時間を浪費したり、プロジェクトが上手く行かないことがあります。こうして時間と信用を失い、良い縁が続かなくなる可能性があります。

仕事として引き受けるのであれば、一生かかってトライしても良い、この仕事のために会社を作ったんだと思う仕事以外は、引き受けないことも大切な決意です。

あなたのNo1になりたい分野は何ですか?

あなたのNo1になりたい分野は何ですか?

成長のためには専門分野に特化するしかない

専門分野で得意だと思っている分野でも、時々刻々、状況が変わって行っています。専門分野の知識、スキルをアップデートしていき、磨きをかけるだけでも大変な作業です。専門分野に一意専心して、その分野のNo1を目指すべきなのです。

目先の売上げに惑わされない強い意思が大切です。やりたくないことのために起業をした筈ではないのではないでしょうか。

何のために起業したのか、自分は何のためにこの世に生を受け、生きた証として、どんな仕事を残したいのか、芯になる部分をしっかりもち、初心を忘れずに、取り組むことが、あとで振り返ってみれば最も大切で、最も強い会社経営の方法の1つなのです。

今日は、2人の若者が、キバンインターナショナルの事業やeラーニングの撮影の様子を見学に来社された。

2人とも高校卒業後、アメリカの大学、専門学校に学び、映像や写真について学んできた若者で、今後の自分たちの進路の参考に、パンダスタジオの見学と、仕事内容を体験されて行かれた。自分自身、学校をでて、そのまま起業をして、様々な良縁に恵まれ、助けて頂いたので、私でできることであれば、全力でサポートしてあげようと思う。

儲かる仕事があるのではなく、儲ける会社があるだけ

起業を考えている人の多くは、何をやったら儲かるか、、、ばかりを考えていることが多い。どんな大変で利益を出すのが大変そうなビジネスでも、必ず利益を出す賢い経営者や企業がある。何をやったら儲かるかを徹底的に考えるよりも、せっかく独立、起業するのだから、自分自身でやりたいことを、徹底的にやって欲しいと思う。利益がでる「おいしい」仕事ではなく、一生をかけて追求したくなるような「ライフワーク」にチャレンジして欲しいと思う。その中で、お客さまを喜ばせる方法や、会社経営に必要な売上げの確保をするように工夫をするようにしてほしいと思う。儲かる仕事はない、儲ける人(会社)があるだけ。そう思うと、どんな困難も、創意工夫で乗り越えられるように感じる、すばらしい言葉だと思う。考えすぎて臆病にならず、心を決めて、一歩を踏み出してくれればと思う。

儲かる仕事はない、儲ける人(会社)があるだけ

儲かる仕事はない、儲ける人(会社)があるだけ

キバンインターナショナル本社の4階に入居しました株式会社キートゥ・サクセスのスタジオが現在整備中です。昨日機材の搬入が行われ、金高先生とキバンの長谷川博士がセッティングに奮闘しました。パンダスタジオは黒と白のスタジオがありますが、金高先生のスタジオはクロマキー用のカーテンが緑なので、社内ではグリーンスタジオと呼んでます。オフィスにはキバンと関係の深い、公立はこだて未来大学、東京サテライト、産学官連携コーディネーターの鈴木克也先生もお見えになり、診断士仲間の金高先生と今後の展開についても話が弾みました、今後の連携が楽しみです。金高先生は今月よりフル回転で中小企業診断士講座の収録に入ります。

グリーンスタジオ(仮称)

昨日は、中小企業診断士講座のパイオニア金高誠司さんのコンサルティング会社、『株式会社キー・トゥ・サクセス』の東京事務所がキバンインターナショナル本社4Fに移転して参りました。あいにく金高先生、過労で体調を壊し大阪事務所のスタッフ、中小企業診断士講師のパートナーが応援に駆けつけてくれて、搬入が無事終わりました。

これから、収録スタジオの設置が始まります、既にパンダスタジオには黒スタジオ、白スタジオがありますが、4Fはグリーンスタジオになるのでしょうか。金高先生グループは中小企業診断士講座のみならず、実践的研修、コンサルティング集団であり、マーケティング、財務、ヒューマンリソース等などのコンテンツを持っているので、今後ビジネススキル分野のeラーニング教材の開発も進めて行く計画です。

キバンインターナショナルのオフィスも日々賑やかになってきました。2Fのオフィスにはベリタスアカデミー、英文法.comの坂木先生の東京オフィス、そして女性企業家の長瀬葉弓さんの株式会社アクティブノート、そして映像制作のプロ集団TimeShift,パンダスタジオは、マルチシンガーソングライターの尾飛良幸さんの音楽教材、ソーシャルパックの製作を始め、諸々教材の収録で忙しく動いている。4Fは既に公務員試験でお馴染みの家坂圭一さんのビーグッド教育企画が入居しており、4Fも賑やかになりそうです。

NPO法人NEWVERYのトキワ荘は第19号まで増えて入居者は100名を超えたそうです。漫画家の卵にとって最も貴重なものは「時間」、成長するのに必要な環境を安価に提供することを通じて、クリエイターとしてのスタートアップ期を支援している。プロジェクトでは、入居者に向けて毎月10~20件ほどの漫画関連の仕事を紹介している。元祖「トキワ荘」がそうだったように、昔からクリエイターは群れて育つらしい、それはクリエイターが孤独で、かつ、アイデアを必要としているからで、月に1度開かれる懇親会や、イベントを通じて、サポーターの編集者やベテラン漫画家、出版関係者と新たに出会い、自他の作品や創作の仕方等について情報交流をしている。同志とは、時にライバルとして、刺激を与え合いながらプロを目指しているようです。

キバンインターナショナルのオフィスも日々賑やかになってきました。2Fのオフィスには映像製作のプロ集団株式会社Time-shiftさん,ベリタスアカデミー英文法.comの坂木先生の東京オフィス、そして女性企業家の長瀬葉弓さんの株式会社アクティブノートパンダスタジオは、マルチシンガーソングライターの尾飛良幸さんの音楽教材、ソーシャルメディアパッケージの製作を始め、諸々eラーニング教材の収録で忙しく動いている。4Fは既に公務員試験でお馴染みの家坂圭一さんの株式会社ビーグッド教育企画が入居しており、3月22日には中小企業診断士講座のパイオニア金高誠司さんのコンサルティング会社、株式会社キー・トゥ・サクセスが入居します。こちらは、皆さん共各界で実績ある方ばかりですが、キバンの西村社長のインタビュー記事にも掲載されているように『目指すはデジタル版のトキワ荘!キラーコンテンツを創造する作家を発掘する!』、日進月歩で環境づくりが行われています。