宅地建物取扱主任者受験対策講座の収録の様子

株式会社ビーグッド企画 代表家坂圭一先生の宅地建物取扱主任者が進んでいます。本日は、新しい講義収録環境のチェックを兼ねて、講義収録を行いました。講義収録スタイルは、動きのあるパワーポイント教材レジメと生講義のクロマキー合成に加え、タッチパネルを使用した板書で、ライブ感覚溢れるコンテンツになります。家坂先生は、さすがライブ講義のプロフェッショナル、教壇に立つと別人となり、Take1で15分のテスト収録が終了しました。

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
木済 賢治
慶應義塾大学卒業後、、5年間の銀行員生活を経て大手人材開発会社に25年勤務、主に経営企画、人材開発、人材ビジネス関連の新規事業開発に従事。 現在は株式会社キバンインターナショナルにおいて、eラーニング、Ustreamをベースとした、教育コンテンツのプロデュース、キラーコンテンツを持つ人材の発掘に携わっている。 趣味はジャズピアノの弾き語り

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。