専門以外の分野の仕事はしない決意が大切

起業をして、しばらくすると、様々な方から仕事を紹介いただいたり、案件を紹介していただけるようになります。紹介をいただけるようになるのは、会社を起業して、最初に感じる大きな喜びの1つだというのは、どの起業家のみなさんもおなじではないでしょうか。

スタートアップ時のよくある失敗

そして創業当時は、1円でも売上げを立てたいので、ついつい本業ではないこと、得意ではないことも、引き受けてしまうことがあります。

残念ながら、専門分野ではないために、非常に多くの時間を浪費したり、プロジェクトが上手く行かないことがあります。こうして時間と信用を失い、良い縁が続かなくなる可能性があります。

仕事として引き受けるのであれば、一生かかってトライしても良い、この仕事のために会社を作ったんだと思う仕事以外は、引き受けないことも大切な決意です。

あなたのNo1になりたい分野は何ですか?

あなたのNo1になりたい分野は何ですか?

成長のためには専門分野に特化するしかない

専門分野で得意だと思っている分野でも、時々刻々、状況が変わって行っています。専門分野の知識、スキルをアップデートしていき、磨きをかけるだけでも大変な作業です。専門分野に一意専心して、その分野のNo1を目指すべきなのです。

目先の売上げに惑わされない強い意思が大切です。やりたくないことのために起業をした筈ではないのではないでしょうか。

何のために起業したのか、自分は何のためにこの世に生を受け、生きた証として、どんな仕事を残したいのか、芯になる部分をしっかりもち、初心を忘れずに、取り組むことが、あとで振り返ってみれば最も大切で、最も強い会社経営の方法の1つなのです。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, デジタルトキワ荘by.m.nishimura0 Comments2011.05.11
記事の投稿者
西村 正宏
兵庫県出身。東京都在住。eラーニング専門キバンインターナショナル( http://kiban.jp) 代表取締役社長。 iPhone、iPad、kindleを愛す。2つの大学院で、情報工学と経営学の修士号取得。趣味も仕事もeラーニング。 Ustream中継の有料課金サービスを世界で唯一提供。USTREAM用スタジオ(http://www.facebook.com/pandastudio.tv)を運営。 英語がなぜか関西弁訛りになって困っている。 iPad関連の書籍を執筆が終わり出版待ち(ソフトバンククリエイティブ)。Ustream本を2冊出版予定。 USTREAM用のスタジオ(http://pandastudio.tv/)を作り、2010年中は無料で提供していますので、興味のある方は、是非ご利用ください。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。