検索結果: ustreamer.jp

11/5に、関西であった関西オープンソース2010に協力を行い、特に注目を集めた講演「Wikipedia における大規模システムの運用」の広告なし、安定配信での生中継に協力しました。

今回、Wikipediaの エンジニア、Ryan Lane氏の講演に、Ustreamの公式有料サービス「Watershed」を利用し、広告のない配信を行うことに協力しました。

KOF2010で行われたRyan Lane氏の講演

Wikipedia を運営する Wikimedia 財団のエンジニア、Ryan Lane 氏を迎えて、Wikipedia のシステム運用について講演いただきます。
大規模システムの運用には良いケーススタディの共有が不可欠です。
Wikipedia はそのエンジン部分に MediaWiki(*1)システムを利用しています。
MediaWiki 自身は PHP で書かれ、データ管理には MySQL あるいはPostgreSQL を利用します。高速化のために Memchached, Squid と組み合わせることも可能です。
こうした大規模システムの設計方針や内部構造、発生した問題と解決方法などは、他の大規模システムの運用に携わるシステム管理者にとっても役立つ情報となるでしょう。

今後、このような貴重な講演には安定配信ができ、広告のでないUstream、Watershedなどがより普及するのではないでしょうか。

このような、Waterhsedに関してのお問い合わせは、Watershed利用世界一のキバンインターナショナルにご相談ください。
広告なしだけではなく、会員限定、課金配信などが可能になります。詳細はこちらからどうぞ!

Ustreamとネット通販

CATEGORIES Ustream, ナマチューケー, パンダスタジオby.a.takeuchi3 Comments2010.11.08

パンダスタジオがどんな風に皆様のお役に立てるか、お使い頂きながらご要望をヒアリングして形にしていくとともに、現在Ustreamがビジネスにどのように利用されているか、他者の事例も研究しながらご紹介していきたいと思います。

インターネット通販サイトを運営するネットプライスさんでは、Ustreamとネット通販を融合した活用をしています。

http://www.netprice.co.jp/gathering/gather_tv.ndp/opt_magmag/
(このページでは、生放送していないときはアーカイブを放送しています)

構成は深夜のテレビ通販番組と似た感じです。
いくつか見てみましたが主に以下の要素で構成されています。

  • 商品を実際に利用してみた様子
  • 科学的根拠
  • 手軽な使い方
  • ビフォア、アフター
  • 視覚的に分かる効果表現

ネットプライスさんではバイヤーさん自らが登場して商品を紹介するのが特徴のようです。

今後、Ustremを通販に利用したいという人も増えてくるのではと思います。しかし、あまり広くは知られていないのですが、Ustreamは実は商用利用が禁止されていて、違反すると多額の請求がくることもあります。

ですので、今後は以下の二つの選択肢のどちらかを選ぶようになっていくでしょう。

  1. 利用規約に抵触しない範囲で商品を見せることにとどめる。
  2. 商用利用できるをシステムを使う。

私たちキバンインターナショナルでは、Ustreamを商用利用できるWaterShedというシステムと課金決済システムを組み合わせたシステムをご用意しております。もしビジネスとしてライブ配信したいという場合は、無料体験もご用意しておりますので、まずはお気軽にお試し下さい。
http://ustreamer.jp/

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

株式会社キバンインターナショナルの中村おりおが、東京通訳アカデミー様にて、セミナー講師を行い、パワーポイントを利用しての情報発信についての講義を行ってきましたので紹介致します。

開始前の会場の様子

本日も、Ustreamを利用したオンラインセミナーが同時開催。画面左にカメラ。

オンライン配信の様子

本日のセミナーも、キバンインターナショナルナマチューケーサービスを利用して、会場外にいる受講生の方にも配信されました。

おまけ:本日のセミナー資料に利用した参考文献の山

参考文献

今回の講義では、以下の文献を参考にしました。なので、より詳しくは以下の参考文献を見ていただけると良いです。ちょっとパワーポイントで情報発信してみるか、という方にオススメ出来ます。
■入門レベル
パワーポイント・・・?、あぁそういえばそんなソフトもあったねぇ という場合はとりあえず入門書をお読みください。個人的には「できるPowerPoint2003」(バージョンはお手持ちのパワポにあわせて)が良いと思いますが、そもそも本を読んで分かるレベルではない時は、(本屋とかでパラパラと立ち読みして「あれ、良く解らん・・・」と思ったら)、こちらのアテインさんの動画教材がおすすめ。動学.TV PowerPoint使い方入門講座

■初級レベル
さぁ、ツールの使い方は判った。あとは俺の超絶テクニックで!、と思った方。それは違います。そもそも情報発信は相手に伝わり、かつ、相手に実践されてこそなんぼの世界であります。それはツールの使い方どうこうではなく、伝えかたの作法を学ぶ必要があります。そんな時にオススメの本がこれら。

■中級~上級レベル
何を伝えたいのかはっきりしたら、あとはカッコイイパワーポイントを作ります。そんな時にオススメの本。特に「すごプレ」は、サンプルデータがダウンロード可能なので重宝します。

ジョブスの方は、「俺はどんだけやっても、ジョブスみたいには無理」と打ちひしがれる事になりますが。なんとなく、ジョブス風のやってみたい時、こっそりジョブステイストを入れたいときにオススメ。

きばらじやSmartBrain内で登場しているSBTweet!(twitterクライアント)がありますよね。Ustreamでの配信を見ながら、講師に質問したり、講師が回答したりとリアルタイムにやり取りができるため非常に便利です。

しかし、ここにつぶやいた内容はすべてtwitterに投稿されるので「公にしにくい内容なんだけど・・・・」という場合には利用できませんでした。
実は、そんな悩みを解決するモードが搭載されます。
名付けて「プライベートモード」です(そのまんまです^^;)

プライベートモードであれば、SBTweet!で投稿されたtweetはtwitterに反映されません!
これで今まで使いたくても使えなかった方々も利用できるようになります!

ustreamer環境内(http://ustreamer.jp/)のSCO設定画面で以下のように変更できる予定です。

近日中にustreamer環境(http://ustreamer.jp/)に適用されます。
(同時にいくつかのアップデートも行われる予定です)

毎週発行しているメールマガジン『eラーニング導入こぼれ話』のバックナンバー公開。今回は私たちキバンインターナショナルのラーニングマネジメントシステム、SmartBrainの低価格の秘密をお届けします。

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2010年10月26日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0010

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、
株式会社キバンインターナショナルの田中です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. 大好評!LectureMAKERセミナー
2. コスト削減の秘密その1「みんな同時に使ってますか?」
3. コスト削減の秘密その2「古くからの料金据え置きにはご注意」
4. コスト削減の秘密その3「自分、インフラですから…」
5. 実践!企業向けUstream活用講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●高機能教材作成ソフトLectureMAKERのセミナーやります

『LectureMAKERを実際に触って教材を作成できるところまで面倒みるセミナー』を開催します。

2010年10月27日(水)17:00~19:00

オンラインならびに、オンサイトでもご参加頂くことが可能です。

ご参加は無料です。

体験版をご利用中の方、製品版をご購入者様を問わずご利用頂けますので大変お得です。

こちらのオンラインセミナーは

http://10000.bz/elw2010/

の「ユーザー登録」から登録後、ログインし、「オンラインセミナー」→「LectureMAKERハンズオンセミナー(録画公開中)」からご覧頂けます。

==============================

今回はeラーニングのコスト削減をしたい!という方にはぜひ読んで頂きたい内容です。

「eラーニングのシステムに費用がかかって仕方が無い!どうにか安くならないものか」このようなご相談を弊社ではよく頂きます。

今回はそのお悩みに対するご回答、すなわちコスト削減の秘密を弊社のLMS(ラーニングマネジメントシステム)SmartBrainを題材にお届けします。

言われるがままに高い料金を払っていた方にとっては目からウロコのお話だと思います。じっくりとお読みくださいませ。

●動画では、久しぶりに中村パンダがご案内いたしますので、楽しくご覧頂けます。

http://10000.bz/elw2010/

の「ユーザー登録」から登録後、ログインし、「eラーニング導入こぼれ話」→「eラーニングシステム SmartBrain低価格の秘密」をクリックでご覧頂けます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】『eラーニングシステム SmartBrain 低価格の秘密』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●コスト削減の秘密その1「みんな同時に使ってますか?」

中村「今日はSmartBrainの秘密をご紹介したいと思います。

実は、お客様から『どうしてSmartBrainはそんなに安いの』と尋ねられることがあります。

そんなとき私は、そこのところをお客様に滔々(とうとう)と説明しています(笑)

SmartBrainは安かろう悪かろうではありません。
ちょっと金額だけ聞くと、安いのには何か裏があるんじゃないか、と勘ぐってしまう方もいらっしゃるんじゃないかと思うのです。

けど、ちゃんと理由があって安く提供できるんですよ、ということをご紹介していきたいと思います。

●SmartBrainの秘密その1

【同時接続ライセンス】

同時接続ライセンスというのは、1ライセンスあたり2,100円かかるというものです。

ユーザー数が仮に10万人だったしても、同時接続、たとえば同時にeラーニングで学習する人が50人だったら、2,100円×50=月額10万5千円だけで済むということなんですね。

「これ、どうして?」と聞かれることがよくあるんですけど、これはサーバー屋さんの視点で見るとよく分かります。

つまるところ、サーバーの負荷というのは同時接続数で変動しているのです。

たとえ10万人のユーザーがいようが、100万人のユーザーがいようとも、同時に1人しか使っていないのであればサーバーの負荷はたいしたことないので費用を抑えることができるわけです。

つまり、同時接続数が少ないということは、サーバーの負担が少ないので費用を抑えることができる、すなわち、同時接続数プランはちゃんと理由があって費用を抑えることができているわけです。

特にユーザー数が多いような場合、同時接続数は実は案外少ない場合が多いのです。

たとえば社内の必修教材を毎日社員が義務づけられているとか、そういう場合でなければ同時接続数は案外少ないものです。

そういう場合、お客様が望んでいるものと実際提供されているものにギャップがあるので、それをこの同時接続数プランでコスト削減することができるのです。

●「古くからの料金据え置きにはご注意」

では、次です。

【後発故のメリット】

eラーニングそのものはだいたい2000年くらいから日本でも盛り上がってましたが、SmartBrainは2009年に発売したものですから、新しい技術が盛り込まれています。

これはハードウェアの面から考えると、後発なので設備のコストパフォーマンスが良好ということですね。

たとえば、お使いのPCやサーバー機でも、後から発売されたマシンの方が高性能ですよね。ちょっと期間を空けただけで、驚くほどに高性能になっていたりします。

たとえば、ハードディスクについて考えてみましょう。今ハードディスクは1テラバイト1万円を切ってます。6,000円くらいですね。

これが3年前くらいだったら出ていなかったというのもありますけれど、組んだりすれば10万20万はかかる、そんな世界だったわけです。

なので、驚くほどサーバー機材は安くなっているので、コストパフォーマンスがすごく良くなっているということがポイントです。

ITの世界では日進月歩ですのでプログラムの効率も大幅にアップしています。我々のASPサービスであればどういうことがあるかというと、同居可能なユーザー数が非常に増加しています。

今SmartBrainのサーバーは1台のサーバー当たりに、だいたい1,000社以上入って頂いても問題なく稼動するような仕組みになっています。

これが数年前だったら100社いるともういっぱいいっぱい。安定稼動にする為には数十社にしておこうというのが常識でした。それがSmartBrainでは1,000社いても大丈夫なようになってます。ちゃんと低価格に理由があるんですね。

●「自分、インフラですから…」

で、最後。

【キバンインターナショナルだから】

これはもう社是というか我々だからというしかないんですけれども、今までの話を考えてみてください。

コストが安かったら、売値を下げることはできますけど、下げなきゃいけないってわけじゃないんです。

コストが下がっても自分たちの利益にすることもできます。でも、我々はキバンインターナショナルなのです。

社名の由来というものがあります。

社名の由来は、毎日の生活の中で必需品として社会をささえる水道・道路・電気・鉄道のように社会基盤(インフラストラクチャー:infrastructure)として利用されるようなソフトウェアを提供したい、という思いを我々は持っているわけです。

インフラとして使えるような設備とかサービスというのは、金額が高かったらインフラにならないですね。

なので、みなさんが費用を考えないで使えるようなインフラを提供しようと思ったら、コストが下げられたらその分値段も下げて提供しないといけない、そう思って活動しているのでSmartBrainは安く提供できるわけです。

SmartBrainは器になるわけですから、この部分が安く提供できないと仕方がない。そんな風に思って提供しています。

以上、SmartBrainの秘密でした!」

eラーニングシステムコスト削減の切り札!

●i-phone、i-pad、PC、ブラウザを選ばず学習できる
LMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込)
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info/?arigatou20101026

===(お知らせ)=====================

【セミナー】実践!企業向けUstream活用講座

知識編・技術編」を開催/2010年11月12日、26日

今回のセミナーでは、「知識編」と「技術編」の二回にわけて、「知識編」では企業広報の業界事情に詳しいビーンスター株式会社代表取締役の鶴野氏、アイティメディア株式会社取締役の工藤氏をお招きしてUstreamの特徴、Ustream事例、企画についてお話いただきます。

また、「技術編」では自社内にUstream配信スタジオを持ち、毎日Ustreamの実験放送を行っている株式会社キバンインターナショナルの長谷川と、TOKYO MXディレクターの粟野氏より、機材基本知識と、トラブル対応の実践を行ないます。

また、今回のセミナーに参加するための稟議書もダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

詳しいご案内、お申し込みは以下のページからお願いします。

http://ustreamer.jp/?p=2256

==============================

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●eラーニング教材作成もできるUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO】のfacebookファンページがオープンしました!
http://www.facebook.com/pandastudio.tv

Facebookというのは、世界最大5億人が参加するSNSで、コミュニケーションがとりやすいインターフェースが特徴です。

Facebookはとても楽しいのですのでぜひご覧になってみてください。

何かパンダスタジオについてご不明な点がありましたら、ぜひファンページでお気軽に書き込みしてみてください。スタッフからお返事させて頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

ナマチューケーシステムを利用したセミナー、講座、番組などのインターネット生中継配信に対して、ユーザが生中継配信コンテンツを購入するときの画面操作を説明します。

まず、システム管理者(コンテンツの提供者)からコンテンツを追加して、課金機能を有効化して、課金バックを設定してある必要があります(スタンダードコース以上で課金が可能です)。

それではユーザのコンテンツ購入、決済方法の説明をしていきます。

1、ナマチューケーシステムにログインします。
*会員登録していない方は、まず、会員登録をお願いします。

▲ナマチューケーシステムにログインします。

2、会員ログインすると、トップページに利用可能のコンテンツが表示されています。

▲トップページに購入できるコンテンツが表示されています。

3、サンプル画像の「11月20日 企業に向けFacebook活用講座 基本編(有料)」をクリックしたら、コース詳細のページに切り替えます。「購入」をクリックしたら、カートページに切り替えます。

▲「購入」をクリックしたら、購入ページに切り替えます。

4、購入するコンテンツの情報と料金金額を確認して、「カートに入れる」をクリックすると、コンテンツをカートに追加することができます。

▲購入するコンテンツをカートに入れます。

5、カートに追加済みのコンテンツは、支払いに進めたい方が「支払方法選択へ」をクリックします、購入をやめたい方が「キャンセル」をクリックします。

▲カートに追加済みのコンテンツ

6、他のコンテンツを購入したい方は、「TOP」をクリックして、トップページに戻って、ほかのコンテンツを購入することができます。

▲「TOP」をクリックして、トップページに切り替えます。

7、トップページから、「11月21日 企業に向けFacebook活用講座 応用編」を選んで、カートに入れます。

▲「応用編」もカートに追加します。

8、基本編と応用編を全部カートに入れました。また、コンテンツ情報と支払金額を確認して、問題がなければ、「支払方法選択へ」をクリックして、支払に進みます。

▲基本編、応用編の2つのコンテンツをカートに入れました。

9、支払方法は「クレジットカード」と「銀行振込」の2種類があります。支払方法を選んで、ボタンをクリックします。こちらで、「クレジットカード」を勧めます。

▲支払方法は「クレジットカード」と「銀行振込」2種類があります。

10、「クレジットカード」のボタンをクリックしたら、クレジットカード情報を記入するページに切り替えます。カード情報を記入して、「確認」ボタンを押します。

▲情報を記入します。

11、もう一度記入したクレジットカードの情報を確認して、問題がなければ、「購入」ボタンをクリックします。

▲もう一度カード情報を確認して、「購入」を押します。

12、ナマチューケーシステムはPayPalと連携していますので、「PayPal」ボタンをクリックして、PayPal決済画面に切り替えます。PayPalでは、PayPalアカウントを持っていなかった場合でも、VISA,Mastercard,JDB,AmericanExpressのカードを使って購入することができます。

▲「PayPal」をクリックして、PayPal決済の画面に切り替えます。

毎週発行しているメールマガジン『eラーニング導入こぼれ話』バックナンバーを公開します。ソフトメーカーが明かす貴重な作成ノウハウですので、ぜひ、eラーニング教材作成にお役立て下さい。

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2010年10月21日発行

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0009

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

今回は前回に引き続き、LectureMAKERの開発元であるダウルソフトが作成した『eラーニング プロジェクトマネジメント』を要約してお届けします。

これは社内で「eラーニング教材を作成しよう!」となったときに、クオリティの高い教材を、どう効率的に作成するか、という指針になるものです。

eラーニング先進国、韓国のソフトメーカーが明かす教材作成ノウハウですので、お役に立つこと請け合いです。

ぜひ、教材を自製する際にご活用ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●今回のポイント

1.高機能教材作成ソフトLectureMAKERの無料セミナーを開催

2.eラーニングでよく聞く言葉「SCO」って何?

3.コンテンツ作成のキモ「ストーリーボード」とは?

4.教材のクオリティを高める2つのテスト

5.企業向けUstream活用講座を開催

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●高機能教材作成ソフトLectureMAKERのセミナー

『LectureMAKERを実際に触って教材を作成できるところまで面倒みるセミナー』を開催します。

オンラインならびに、オンサイトでもご参加頂くことが可能です。

ご参加は無料です。

体験版をご利用中の方、製品版をご購入者様を問わずご利用頂けますので大変お得です。

詳細は、以下のURLを御覧ください。

こちらのセミナーは http://10000.bz/elw2010/ よりユーザー登録、ログイン後『オンラインセミナー』→『第2回LectureMAKERハンズオンセミナー』よりご覧いただけます。

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】『eラーニング プロジェクトマネジメント』(後編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●eラーニングでよく聞く言葉「SCO」って何?

SCO(スコ)とは教育コンテンツ素材と練習問題の「集合体」です。例えば“ひとつのSCOを学習することで、ひとつの仕事のタスクを覚えられる”といった構成で作成します。ポイントはSCO単体で何度でも学習できるようにすること。すると学習目的を達成しやくすなります。

SCOはその会社の教育戦略に従って作成します。教育戦略の例としては、ストーリーベースの学習、ゲームベースの学習、そして、シナリオベースの学習などが挙げられます。

教育戦略の青写真となるドキュメントを作成しましょう。これによりeラーニングのコンテンツ、見た目、雰囲気、全体の学習デザインの特徴が示され、共有できるようになります。

●コンテンツ作成のキモ「ストーリーボード」とは?

いったん学習デザインを作成したら、コンテンツはデザインされたテンプレートに沿った形に加工してあげる必要があります。これは一般に「ストーリーボード」と呼ばれる手法です。

つまり、ストーリーボードを作成することにより、学習コンテンツ、プログラミングの概要、学習コース各ページの音声スクリプトなどを、学習デザインに沿ってドキュメント化することができます。

ストーリーボードができたら、社内の各コンテンツの専門家からフィードバックを集めましょう。専門家が合格点を出すまで、フィードバックに基づいた修正を繰り返し、ストーリーボードをより洗練させていきます。

●製作

フィードバックを繰り返し、ストーリーボードに関係者からゴーサインがでたら開発を開始します。

以下はeラーニング教材の一般的な製作工程です。

1.レコーディングに向けて、ナレーターと教材の音声スクリプトについて打ち合わせます。 実際にレコーディングを行う前に、この学習コースのステークホルダー全員にナレーターの声のクオリティ、トーン、ペースについて確認しておきます。

2.eラーニング教材の見た目やナビゲーションを、グラフィカルユーザーインターフェイスとして実際に作成しましょう。ここでも、実際にeラーニング教材作成に入る前に関係者全員の承認を取り付けておく必要があります。

3.eラーニング教材で使用するイメージやアニメーション、キャラクターなどの素材を作成しましょう。

4.eラーニング教材の作成担当者は、ここまでで承認された素材、ナレーターの音声、レイアウトイメージをオーサリングツールを使用してまとめあげます。

5.次に、クオリティを高める作業を行います。教材が完成したら、eラーニング教材の完成度を測るためのテストを作成しましょう。通常、テストはアルファ、ベータの2段階を作成します。

アルファテストでは、全てのバグやミスを開発チームにより発見・修正するようにします。アルファテストには通常、1名以上の人員が割り当てられます。

アルファテストを実施し修正を行った後は、教材はステークホルダーによって検証されます。これがベータデストで、eラーニング教材を完成させるためには欠かせないステップです。

ベータテストで問題がなければ教材は完成です。

6.配布

完成した教材はプロジェクトで定めた方法に従って、すでに運用しているLMS(ラーニングマネジメントシステム)やwebサイトにアップロードしたりCD-ROMなどで配布します。

●結論

他のプロジェクトをマネジメントするのと同じように、教材作成をスムーズに運営するには、洗練されたスケジュールやマネジメントツールが必要不可欠です。eラーニング教材開発のワークフローを理解することにより、教材作成のどの段階においても、不必要な作業のやり直しなおしを未然に防ぐことが出来き、スムーズに運営することができます。

やはり良い教材を作成するには、それに適したツールが必要ということですね。

↓ ↓ ↓

_______________________

eラーニング先進国、韓国オンライン大学で採用の高機能教材作成
『LectureMAKER』・・・99,750円(税込)

_______________________

30日間無料お試しダウンロードはこちらからどうぞ。
http://lecturemaker.jp/?arigatou20101019

今回の動画は以下から

http://10000.bz/elw2010/ より

「eラーニング導入こぼれ話」→「【第9回】講義:【eラーニング プロジェクトマネジメント 後編】」をクリックでご覧頂けます。

===(お知らせ)=====================

【セミナー】実践!企業向けUstream活用講座

知識編・技術編」を開催/2010年11月12日、26日

今回のセミナーでは、「知識編」と「技術編」の二回にわけて、「知識編」では企業広報の業界事情に詳しいビーンスター株式会社代表取締役の鶴野氏、アイティメディア株式会社取締役の工藤氏をお招きしてUstreamの特徴、Ustream事例、企画についてお話いただきます。

また、「技術編」では自社内にUstream配信スタジオを持ち、毎日Ustreamの実験放送を行っている株式会社キバンインターナショナルの長谷川と、TOKYO MXディレクターの粟野氏より、機材基本知識と、トラブル対応の実践を行ないます。

また、今回のセミナーに参加するための稟議書もダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

詳しいご案内、お申し込みは以下のページからお願いします。

http://ustreamer.jp/?p=2256

==============================

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おかげさまでパンダスタジオが人気です。

●eラーニング教材作成もできるUstreamレンタルスタジオ
【PANDA STUDIO】オープンしました!

パンダスタジオは私たち株式会社キバンインターナショナル本社(東京・千代田区)にある、eラーニング教材作成、Ustream配信、動画コンテンツ制作ができるレンタルスタジオです。

スタジオのご利用スケジュール表をWebで公開したところ、おかげさまで大変な反響を頂きまして、すでにかなり埋まっております。本当にありがとうございます。

●パンダスタジオご利用スケジュール表・予約申し込み

http://pandastudio.tv/?page_id=13?arigatou20101019
白と黒の2つのスタジオがあることからパンダスタジオと名づけられましたこのスタジオ。

先日ご利用頂いた方にも「すごくオシャレだし、今までで一番使いやすい」とおっしゃって頂く事ができました。本当にうれしい限りです。スタジオのデザインはこちらこらご覧頂く事ができます。
http://pandastudio.tv/?arigatou20101019

パンダスタジオにご来場頂いた方は本当に楽しそうにして頂いていますので、運営する私たちも本当にうれしい限りです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

USTREAMは無料で手軽に配信することができますが、利用規約で商用利用が禁止されています。

そこで、商用利用が許可されているUstream Watershedというサービス(品質保証付き配信、広告なし、コンテンツの保護機能付き)に、会員制の配信、会員決済付きのUSTREAM配信の仕組みを組み合わせて、ナマチューケーサービスhttp://ustreamer.jp/)として提供しています。

課金・決済付きUSTREAM配信サービス「ナマチューケーサービス」

課金・決済付きUSTREAM配信サービス「ナマチューケーサービス」

サービスの概要を下記のビデオで紹介していますので、是非、ご覧下さい。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

【Web企画・PR担当者向けセミナー】

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区、西村正宏・代表取締役)は、各企業の担当者が「Ustream」を利用した企画を立て、自社で配信ができるように実践を含んだ、企業向けUstream活用講座を開くことをお知らせいたします。
もしあなたが、

  • 既存のPR手段だけでは効果が薄くなっているが、Ustreamはよくわからない
  • Ustreamを使ってどんな企画を立てればいいのかわからない
  • 自社内でUstreamを活用したいが、技術などの知識が足りない

といった課題をお持ちなら、ぜひ今回のセミナーにお越しください。
Ustream」は、PCやMacのブラウザやiPhoneから簡単に生中継をすることができるウェブ上のサービスです。2010年6月にソフトバンクが日本語化を行って以降、様々な企業がUstreamを使ってイベント・セミナーをはじめとした生中継を行っています。

「実践!企業向けUstream活用講座 知識編・技術編」2010年11月12・26日

今回のセミナーでは、「知識編」と「技術編」の二回にわけて、「知識編」では企業広報の業界事情に詳しいビーンスター株式会社代表取締役の鶴野氏、アイティメディア株式会社取締役の工藤氏をお招きしてUstreamの特徴、Ustream事例、企画についてお話いただきます。また、「技術編」では自社内にUstream配信スタジオを持ち、毎日Ustreamの実験放送を行っている株式会社キバンインターナショナルの長谷川と、TOKYO MXディレクターの粟野氏より、機材基本知識と、トラブル対応の実践を行ないます。また、今回のセミナーに参加するための稟議書もダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

【講師】

鶴野 充茂様

ビーンスター株式会社 代表取締役

工藤 靖 様

アイティメディア株式会社 取締役

粟野 耕太 様

TOKYO MX ディレクター

【会場】

株式会社キバンインターナショナル 内
「パンダスタジオ」

東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル2F

▼アクセス
千代田線「湯島駅」6番出口より徒歩3分
銀座線「末広町駅」4番出口より徒歩6分
JR線「御徒町駅」南口より徒歩7分
JR線「秋葉原駅」電気街口 より徒歩10分

地図はこちら http://www.kiban.jp/?page_id=2725

【参加費】

1)知識編(11/12)技術編(11/26)両方参加

30,000円(税込)

2)技術編(11/26)のみ参加

30,000円(税込)
※知識編をアーカイブで提供いたします

3)知識編(11/12)のみの参加

10,000円(税込)

【参加方法】

ご参加の方法は2つあります。文末の「参加申し込みフォーム」よりご希望を選びお申込みください。

1)ご来場での参加

知識編(11月12日)、技術編(11月26日)の2回を、会場のキバンインターナショナル「パンダスタジオ」にご来場いただきます。
セミナー終了後、自由参加の交流会を予定しておりますので、ぜひご来場でのご参加をおすすめいたします。当日はお時間までにお集まりください。

2)Ustream配信でのオンライン参加

遠方の方などは、Ustream配信でのオンライン参加も可能です。視聴時に課金される配信システムを通じて、参加費のお支払い・生中継の視聴ができます。

※両方とも参加費に変わりはありません。

【開催日時】

「知識編」11月12日(金) 14:00-17:00

▼プログラム
13:30~  開場
14:00~  仮題 企業向けUstreamの事例: 鶴野様
15:00~  仮題 企業向けUstream企画例: 工藤様
17:00~  実践 Ustreamへの配信
18:00~  交流会(自由参加)
ご来場の皆様に、Ustream企画書サンプルをお渡しいたします。

「技術編」11月26日(金) 14:00-17:00

▼プログラム
13:30~  開場
14:00~  仮題 Ustream機材の基礎知識と実践: 粟野様
15:00~  仮題 トラブル事例と解決
16:00~  実践 トラブル解決
17:00~  交流会(自由参加)
ご来場の皆様に、Ustream機材リストと、配線図をお渡しいたします。

【人数】

会場参加:先着24名

オンライン参加には制限がありません

【主催】

株式会社キバンインターナショナル

【協賛】

ローランド株式会社

【お問い合わせ】

international@kiban.jp (株式会社キバンインターナショナル/担当:長谷川)

【参加お申込み・社内稟議書テンプレート】

稟議書のテンプレートはこちらからダウンロードいただけます。

▼参加申し込みは以下のフォームより受け付けております。

読み込み中…

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

株式会社キバンインターナショナルナマチュウ-ケーサービスhttp://ustreamer.jp)は、会員制のUSTREAMの生中継や、有料課金のUSTREAMをする仕組みですが、この仕組みを利用しながら、医療通訳士の講座を開講されている東京通訳アカデミーhttp://tia-guide.com/)さまが、ロシア語・医療通訳士講座を開講されました。

USTREAMの配信(正確には、セキュアーで品質保証、無広告のUstream WaterShedを利用します。)を利用している事例として、このBlogで紹介をさせていただきます。

下記に紹介します。詳細を読み、興味のある方は、下記問い合わせ先に、直接連絡をいただきますようお願いいたします。

詳細は、東京通訳アカデミーのWebサイトから

▲詳細は、東京通訳アカデミーのWebサイトから

さて、待望のロシア語・医療通訳士講座を開講します。
1.来年1月6日(木)から5月下旬までの5ヵ月間、20回・100時間の徹底指導

2.毎週・木曜日、午前10時~午後4時において(昼食休憩含む)、
3.主任講師=梶山達史先生(ロシア語・通訳案内士)(医療関係者のサポーター付き)

4,学費=17万円(入学金・教材費等込)

5.振込先

三菱東京UFJ銀行 姫路支店 普通口座 No.0017123

Cool Japan Expo株式会社(=東京通訳アカデミ

6.≪お申込み≫下記の事項をEmailにてお知らせください。

1)お名前
2)〒と住所
3)連絡電話番号
4)メールアドレス
5)主な学歴・資格

よろしくお願いします。

★梶山達史先生ご経歴
・1977年・同東京外国語大学ロシヤ語学科卒業

・1981年・通訳案内業免許取得・ロシア語(現:通訳案内士)

・日本―ロシア間の旅行会社「㈱ユーラスツアーズ」を経て、現在はNPO法人勤務

平成22年10月16日 土曜日

東京通訳アカデミー・学院長・岡村寛三郎

Eメール:okamura3@oksemi.co.jp

〒101-0052東京都千代田区神田小川町2丁目6番12号 東観小川町ビル8階

JGC&TIA事務局・藤上理奈、Email Address:fujigami@coolworldexpo.co.jp

電話: 03-3233-7518 or 03-5577-6293 Fax.03-3294-7410

ロシア語・医療通訳士講座
http://blog.goo.ne.jp/kan-ok/e/bafcbad22471426291024d4c8888a423

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ