eラーニング導入こぼれ話【eラーニングシステム SmartBrain 低価格の秘密】

毎週発行しているメールマガジン『eラーニング導入こぼれ話』のバックナンバー公開。今回は私たちキバンインターナショナルのラーニングマネジメントシステム、SmartBrainの低価格の秘密をお届けします。

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2010年10月26日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0010

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、
株式会社キバンインターナショナルの田中です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. 大好評!LectureMAKERセミナー
2. コスト削減の秘密その1「みんな同時に使ってますか?」
3. コスト削減の秘密その2「古くからの料金据え置きにはご注意」
4. コスト削減の秘密その3「自分、インフラですから…」
5. 実践!企業向けUstream活用講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●高機能教材作成ソフトLectureMAKERのセミナーやります

『LectureMAKERを実際に触って教材を作成できるところまで面倒みるセミナー』を開催します。

2010年10月27日(水)17:00~19:00

オンラインならびに、オンサイトでもご参加頂くことが可能です。

ご参加は無料です。

体験版をご利用中の方、製品版をご購入者様を問わずご利用頂けますので大変お得です。

こちらのオンラインセミナーは

http://10000.bz/elw2010/

の「ユーザー登録」から登録後、ログインし、「オンラインセミナー」→「LectureMAKERハンズオンセミナー(録画公開中)」からご覧頂けます。

==============================

今回はeラーニングのコスト削減をしたい!という方にはぜひ読んで頂きたい内容です。

「eラーニングのシステムに費用がかかって仕方が無い!どうにか安くならないものか」このようなご相談を弊社ではよく頂きます。

今回はそのお悩みに対するご回答、すなわちコスト削減の秘密を弊社のLMS(ラーニングマネジメントシステム)SmartBrainを題材にお届けします。

言われるがままに高い料金を払っていた方にとっては目からウロコのお話だと思います。じっくりとお読みくださいませ。

●動画では、久しぶりに中村パンダがご案内いたしますので、楽しくご覧頂けます。

http://10000.bz/elw2010/

の「ユーザー登録」から登録後、ログインし、「eラーニング導入こぼれ話」→「eラーニングシステム SmartBrain低価格の秘密」をクリックでご覧頂けます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】『eラーニングシステム SmartBrain 低価格の秘密』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●コスト削減の秘密その1「みんな同時に使ってますか?」

中村「今日はSmartBrainの秘密をご紹介したいと思います。

実は、お客様から『どうしてSmartBrainはそんなに安いの』と尋ねられることがあります。

そんなとき私は、そこのところをお客様に滔々(とうとう)と説明しています(笑)

SmartBrainは安かろう悪かろうではありません。
ちょっと金額だけ聞くと、安いのには何か裏があるんじゃないか、と勘ぐってしまう方もいらっしゃるんじゃないかと思うのです。

けど、ちゃんと理由があって安く提供できるんですよ、ということをご紹介していきたいと思います。

●SmartBrainの秘密その1

【同時接続ライセンス】

同時接続ライセンスというのは、1ライセンスあたり2,100円かかるというものです。

ユーザー数が仮に10万人だったしても、同時接続、たとえば同時にeラーニングで学習する人が50人だったら、2,100円×50=月額10万5千円だけで済むということなんですね。

「これ、どうして?」と聞かれることがよくあるんですけど、これはサーバー屋さんの視点で見るとよく分かります。

つまるところ、サーバーの負荷というのは同時接続数で変動しているのです。

たとえ10万人のユーザーがいようが、100万人のユーザーがいようとも、同時に1人しか使っていないのであればサーバーの負荷はたいしたことないので費用を抑えることができるわけです。

つまり、同時接続数が少ないということは、サーバーの負担が少ないので費用を抑えることができる、すなわち、同時接続数プランはちゃんと理由があって費用を抑えることができているわけです。

特にユーザー数が多いような場合、同時接続数は実は案外少ない場合が多いのです。

たとえば社内の必修教材を毎日社員が義務づけられているとか、そういう場合でなければ同時接続数は案外少ないものです。

そういう場合、お客様が望んでいるものと実際提供されているものにギャップがあるので、それをこの同時接続数プランでコスト削減することができるのです。

●「古くからの料金据え置きにはご注意」

では、次です。

【後発故のメリット】

eラーニングそのものはだいたい2000年くらいから日本でも盛り上がってましたが、SmartBrainは2009年に発売したものですから、新しい技術が盛り込まれています。

これはハードウェアの面から考えると、後発なので設備のコストパフォーマンスが良好ということですね。

たとえば、お使いのPCやサーバー機でも、後から発売されたマシンの方が高性能ですよね。ちょっと期間を空けただけで、驚くほどに高性能になっていたりします。

たとえば、ハードディスクについて考えてみましょう。今ハードディスクは1テラバイト1万円を切ってます。6,000円くらいですね。

これが3年前くらいだったら出ていなかったというのもありますけれど、組んだりすれば10万20万はかかる、そんな世界だったわけです。

なので、驚くほどサーバー機材は安くなっているので、コストパフォーマンスがすごく良くなっているということがポイントです。

ITの世界では日進月歩ですのでプログラムの効率も大幅にアップしています。我々のASPサービスであればどういうことがあるかというと、同居可能なユーザー数が非常に増加しています。

今SmartBrainのサーバーは1台のサーバー当たりに、だいたい1,000社以上入って頂いても問題なく稼動するような仕組みになっています。

これが数年前だったら100社いるともういっぱいいっぱい。安定稼動にする為には数十社にしておこうというのが常識でした。それがSmartBrainでは1,000社いても大丈夫なようになってます。ちゃんと低価格に理由があるんですね。

●「自分、インフラですから…」

で、最後。

【キバンインターナショナルだから】

これはもう社是というか我々だからというしかないんですけれども、今までの話を考えてみてください。

コストが安かったら、売値を下げることはできますけど、下げなきゃいけないってわけじゃないんです。

コストが下がっても自分たちの利益にすることもできます。でも、我々はキバンインターナショナルなのです。

社名の由来というものがあります。

社名の由来は、毎日の生活の中で必需品として社会をささえる水道・道路・電気・鉄道のように社会基盤(インフラストラクチャー:infrastructure)として利用されるようなソフトウェアを提供したい、という思いを我々は持っているわけです。

インフラとして使えるような設備とかサービスというのは、金額が高かったらインフラにならないですね。

なので、みなさんが費用を考えないで使えるようなインフラを提供しようと思ったら、コストが下げられたらその分値段も下げて提供しないといけない、そう思って活動しているのでSmartBrainは安く提供できるわけです。

SmartBrainは器になるわけですから、この部分が安く提供できないと仕方がない。そんな風に思って提供しています。

以上、SmartBrainの秘密でした!」

eラーニングシステムコスト削減の切り札!

●i-phone、i-pad、PC、ブラウザを選ばず学習できる
LMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込)
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info/?arigatou20101026

===(お知らせ)=====================

【セミナー】実践!企業向けUstream活用講座

知識編・技術編」を開催/2010年11月12日、26日

今回のセミナーでは、「知識編」と「技術編」の二回にわけて、「知識編」では企業広報の業界事情に詳しいビーンスター株式会社代表取締役の鶴野氏、アイティメディア株式会社取締役の工藤氏をお招きしてUstreamの特徴、Ustream事例、企画についてお話いただきます。

また、「技術編」では自社内にUstream配信スタジオを持ち、毎日Ustreamの実験放送を行っている株式会社キバンインターナショナルの長谷川と、TOKYO MXディレクターの粟野氏より、機材基本知識と、トラブル対応の実践を行ないます。

また、今回のセミナーに参加するための稟議書もダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

詳しいご案内、お申し込みは以下のページからお願いします。

http://ustreamer.jp/?p=2256

==============================

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●eラーニング教材作成もできるUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO】のfacebookファンページがオープンしました!
http://www.facebook.com/pandastudio.tv

Facebookというのは、世界最大5億人が参加するSNSで、コミュニケーションがとりやすいインターフェースが特徴です。

Facebookはとても楽しいのですのでぜひご覧になってみてください。

何かパンダスタジオについてご不明な点がありましたら、ぜひファンページでお気軽に書き込みしてみてください。スタッフからお返事させて頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
田中 康英

eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。