iPhone4をお風呂で活用(中小企業診断士のお勉強編)

以前、風呂でiPadを使う話をしました。また、4dan4.jpの中小企業診断士講座はiPhoneを使ってどこででも勉強できるよ、という話もしました。ならばこの2つを同時にやってみねばなるまい!と云うことで試してみました。

 

用意するもの
用意するものは相変わらずチャック付きポリ袋です。(Ziploc的なもの)今回は、iPhoneなので小ぶりでもいいかもしれません。例によって、浸水に備えて二重構造にしました。また、例によって、中小企業診断士資格支援コンソーシアムの教材をiPhoneで利用しています。

二重構造で浸水と湿気から防備

 

試してみる
では実際にお風呂で勉強してみましょう。最近は冷え込みを厳しくなってきましたので、若干ぬるめのお湯に長時間入って、体の芯から温まりたいところ。そんな時には、中小企業診断士講座が1コマ10分程度なので、オススメ。若干のぼせつつも、そこは適度にお湯からの露出部分を増やすなりして、自己調節してください。今回は、気密を保ちたいのでイヤホンは使ってませんが、音声について周りに気を遣う必要もないので、iPhoneのスピーカーから音を出しました。ちょっと大きめにしておけば、受講に差し障りはないようです。
尚、どういう理屈なのかは分かりませんが、ビニールの上からでも、iPhoneの操作はできました。感圧式じゃないはずですけど、どうやって指を感知してるんでしょうね。

受講の模様。のぼせないように注意すれば大丈夫

 

おまけ:浮くの?
こうやって手で保持している場合は大丈夫ですが、うっかり水面に落としてしまったらどうなるんだろう?と云うことで浮かしてみました。バランス次第では、下の動画のように浮かぶ事も可能ですが、突入角度次第では、敢え無く水没一直線です。チャックとビニールのお陰で浸水は免れましたが、心臓に悪いですね。

 

▼浮かべてみた

 

という訳で、工夫次第では、お風呂の時間も有効活用できる診断士講座。ユーザ登録でオリエンテーションと概論を無料受講できますので、資格取得を考えられている方や、中小企業の経営に興味のある方は是非、誤登録頂ければ幸いです。

 

※注意
この記事は、iPhoneのお風呂での利用をオススメするものではありません(ネタ記事です)。また、SmartBrainや4dan4.jpはお風呂での利用を保障するものではありませんし、恐らく、iPhoneやチャック付きビニール袋もそのような用途を保証しておりません。お試し頂く際は、くれぐれも、自己責任でお願いいたします。


Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, iPhoneby.o.nakamura0 Comments2011.11.13
記事の投稿者
中村 央理雄
株式会社キバンインターナショナルの取締役。代表取締役の西村とKiBANを創業しました。eラーニングの導入後の集合研修やLMSの導入サポートを担当しています。プログラム・デザイン・ネットワークなど、創業時は、いろんなことを経験しましたが、それらのノウハウを全部活かしてeラーニングの導入を支援しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。