タグ別アーカイブ: 過去問

ITパスポート 過去問演習講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/i/0/1908/915/

PKIにおいて,ディジタル署名をした電子メールに関する記述として,適切なものだけを全て挙げたものはどれか。

a 送信者が本人であるかを受信者が確認できる。
b 電子メールが途中で盗み見られることを防止できる。
c 電子メールの内容が改ざんされていないことを受信者が確認できる。

ア a, b    イ a, c    ウ b, c    工 a, b, c



ITパスポート 過去問演習講座


ITパスポート 過去問演習講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/i/0/1908/915/

システム監査人の行動規範を定めたシステム監査基準に関する説明として,適切なものはどれか。

ア システム監査業務の品質を確保し,有効かつ効率的に監査業務を実施するための基準を定めたものである。

イ システム監査において,情報システムの企画・開発・運用・保守というライフサイクルの中で, リスクを低減するコントロールを適切に整備,運用するための基準を定めたものである。

ウ システム監査人が情報処理の現場での管理の適切性を判断するときの尺度として用いるための基準を定めたものである。

工 組織体が効果的な情報セキュリティマネジメント体制を構築し,適切なコントロールを整備して運用するための基準を定めたものである。



ITパスポート 過去問演習講座


ITパスポート 過去問演習講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/i/0/1908/915/

新システム導入に際して,ハードウエア,ソフトウエアで実現する範囲と手作業で実施する範囲を明確にする必要がある。これらの範囲を明確にする工程はどれか。

ア 運用テスト

イ システム方式設計

ウ ソフトウェア導入

工 ソフトウェア要件定義



ITパスポート 過去問演習講座


ITパスポート 過去問演習講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/i/0/1908/915/

プロジエクトが発足したときに,プロジェクトマネージャがプロジェクト運営を行うために作成するものはどれか。

ア 提案依頼書

イ プロジェクト実施報告書

ウ プロジェクトマネジメント計画書

工 要件定義書



ITパスポート 過去問演習講座


ITパスポート 過去問演習講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/i/0/1908/915/

ITガバナンスの説明として,最も適切なものはどれか。

ア 企業が競争優位性の構築を目的としてIT戦略の策定及び実行をコントロールし,あるべき方向へと導く組織能力

イ 事業のニーズを満たす良質のITサービスを実施及び管理すること

ウ 情報システムに関わるリスクのコントロールが適切に整備・運用されているかを,当事者及び管理者とは別の第三者が検証する活動

工 プロジェクトの要求事項を満たすために,必要な知識,スキル,ツール及び技法をプロジェクトの活動に適用すること



ITパスポート 過去問演習講座


ITパスポート 過去問演習講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/i/0/1908/915/

品質の目標に対し,不良が多く発生しているシステム開発プロジェクトがある。重点的に解消すべき課題を明らかにするために,原因別に不良の発生件数を調べ,図で表すことにした。このときに用いるのが適切な図はどれか。



ITパスポート 過去問演習講座


ITパスポート 過去問演習講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/i/0/1908/915/

ITサービスマネジメントのプロセスにおいて,資産管理が適切に実行されているかどうかの判断に有効な計測項目はどれか。

ア 解決された問題の件数

イ 緊急リリースの件数

ウ 仕様変更の実装が失敗した件数

工 未使用のソフトウエアライセンス数



ITパスポート 過去問演習講座


質問内容

等温位面解析の過去問について質問させてください。
H22第2回の一般分野 問1です。

問題は「大気が安定成層しているとき、気温、高度、風を等温位面上に描く等温位面解析について述べた次の文のうち、誤っているものを一つ選べ。ただし、水蒸気の影響は無視できるものとする。」です。

「大気の運動が断熱的に起きているとき、等温位面上で風が等高度線と平行に吹くときには上昇流や下降流はない。」

正解はこの「」が誤りということですが、「等高度線と平行」ということは高度が変わらないということで、上昇も下降もしていないはずなので、「」は正しいと思います。
「」の文のどこが誤りなのでしょうか?

水蒸気の影響を無視して断熱的に運動ですから、空気塊は同じ等温位面を移動すると思います。そのときに等高度線を横切る方向に移動すれば高度が変わりますが、わざわざ「等高度線と平行に」と条件をつけているのですから高度は変わらないのではないでしょうか。

頓珍漢な質問でしたらすみません m(__)m

佐々木恭子先生の解説 

いえ、全然とんちんかんな質問ではありません。私も思いましたし、多くの人がこの問題でつまずきました。

確かに、おっしゃる通りです。等高度線に沿って吹いてるのだから,上昇も下降もない…と普通は思います。

しかし、温位面自体は、時間とともに上がったり下がったりします。等高度線は、等温位面上で高度の等しい点をつないでいるものですから、等温位面上を等高度線に平行に運動している空気塊は、等温位面とともに上昇したり下降したりすることがあるのです。

 

【佐々木恭子先生の気象予報士講座の詳細・視聴はこちらから】

気象予報士講座はこちらをクリック

気象予報士講座はこちらをクリック

http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

ITパスポート 過去問演習講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/i/0/1908/915/

プロジェクトの目的を達成するために,プロジェクトで作成する必要のある成果物と,成果物を作成するために必要な作業を細分化した。この活動はプロジェクトマネジメントのどの知識エリアの活動か。

ア プロジェクトコストマネジメント

イ プロジェクトスコープマネジメント

ウ プロジェクトタイムマネジメント

エ プロジェクトリスクマネジメント



ITパスポート 過去問演習講座


ITパスポート 過去問演習講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/i/0/1908/915/

サービス提供者が行う活動のうち,稼働率の向上に有効なものはどれか。

ア 応答時間の計測

イ 障害発生の監視

ウ 組織で使用しているサーバ構成の管理

エ プログラムの修正履歴の記録



ITパスポート 過去問演習講座


  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ