タグ別アーカイブ: 問題

『PMP受験のための35時間PM講座(第5版対応)』 http://elearning.co.jp/?page_id=8730 の小谷野正博先生が問題50問の解説動画を無料で公開しましたので、以下に、一挙公開します。

第1問 アクティビティ

第2問 QC7つ道具

第3問 品質コントロール

第4問 EVM

第5問 プロジェクト憲章

第6問 マルチフェーズのプロジェクト

第7問 プロジェクト作業範囲記述書

第8問 立ち上げプロセス群

第9問 モチベーション理論

第10問 モチベーション理論

第11問 脅威に対する戦略

第12問 好機に対する戦略

第13問 プロジェクト修了4つの形式

第14問 スコープ・ベースライン

第15問 チーム5つの発展段階

第16問 コスト見積技法

第17問 契約タイプ

第18問 IRR

第19問 定量的リスク分析とモデル化の技法

第20問 EVMのSPIとCPI

第21問 FPIF契約の計算

第22問 FPIF契約の計算2

第23問 FPIF契約の計算3

第24問 プレジデンス・ダイヤグラム1

第25問 プレジデンス・ダイヤグラム2

第26問 リードとタグ

第27問 クリティカル・チェーン(CCM)1

第28問 クリティカルチェーン

第29問 CCMの人間行動随伴性

第30問 人間関係のスキル

第31問 人間関係のスキル2

第32問 人間関係のスキル3

第33問 プロジェクトやフェーズの終結

第34問 プロジェクトやフェーズの終結2

第35問 クレーム管理

第36問 予備設定分析1

第37問 予備設定分析2

第38問 ブレークダウン・ストラクチャー

第39問 パワーの源泉

第40問 ステークホルダー分析

第41問 ステークホルダー・マネジメント

第42問 PMO

第43問 プロジェクト・スポンサー

第44問 プロジェクト・マネージャーのスキル

第45問 回収期間法(PBP)

第46問 正味現在価値法(NPV)

第47問 統合変更管理プロセス

第48問 コンフィグレーション・マネージメント

第49問 変更要求の対応

第50問 プロジェクト計画

【PMP受験のための35時間PM講座(第5版対応) 講座概要】

PMBOK(Project Management Body Of Knowledge)ガイドはプロジェクト・ネジメントのデファクトスタンダードとして、世界的に認められています。その内容をきちんと理解しておくことは、プロジェクトに携わる人にとっても役立ちます。
米国PMIは、PMBOKガイドを軸にしたプロジェクトマネジメントの試験を実施し、合格者にPMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)を認定しています。国内では平成24年1月時点で保有者3万人に達し、我が国産業のプロジェクトマネジメントの質向上に大きく貢献しています。

本試験の受験資格は、以下の2点が必要です。
1)35時間のPM教育受講証明(学校、企業、eラーニング、教育機関、など)
2)4,500時間のPM活動実績証明(企業が証明)
本eラーニング講座の特徴は、以下の3点です。
・デファクトスタンダードのプロジェクトマネジメントが体系的に学べる
・PMP試験対策になる
・35時間PM教育受講証明を取得できる

※受講証明書はコンテンツ作成元の有限責任事業組合 智の輪舎PMlaboより発行されます。

また、学生や20代世代には、受験資格がPMPより軽いCAPM資格があります。
CAPMは23時間のPM教育受講証明書が必要ですから、本講座の35時間PM教育受講証明書で十分です。

なお、PMP試験は2013.7/31までPMBOKガイド第4版で実施され、それ以降は第5版になります。本講座は第4版に準拠しているため、「PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第5版」にて追加学習します。本講座の受講者は無料にて受講(閲覧)できます。

PMP受験のための35時間PM講座(第5版対応) サンプル

【PMP受験のための35時間PM講座(第5版対応) ログインフォーム】

はじめての方・・・下記【初めて利用します。(ユーザ登録を行う)】をクリックしてください。下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンからでもユーザ登録頂けます(入力項目が少ないので簡単に登録できます)。ユーザ登録頂くと、たくさんのサンプル講座をご覧頂けます。

ユーザ登録がお済みの方・・・ID、PASSをご入力後、ログインボタンをクリックでログイン頂けます。下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンをクリックするだけでログイン頂けます。

【講師:小谷野正博 プロフィール】

昭和48年4月富士通株式会社入社
ITエンジニア、SEとして数多くのプロジェクトマネジメントを経験すると同時に、社内で研修講師を務める。
平成22年3月富士通株式会社 定年後の嘱託契約終了
PMI日本支部会員
保有プロジェクトマネジャ資格
・平成23年8月情報処理技術者プロジェクトマネジャ(PM-2011-04-00868)
・平成22年7月米国PMI認定PMP(#1345911)
平成24年11月「プロジェクトマネジャ論文の書き方講座」を(株)キバンインターナショナルから提供

【受講対象者】

PMI認定PMPのために35時間PM教育受講証明を取得したい方
プロジェクトマネジメントを体系的に理解したい方

【価格】

27,000円(税込)(PMP35時間証明)

【目次】

第0章 オリエンテーション
講座ガイダンス(PMP試験、CAPM試験とは)
講座ガイダンス(学習法)

第1章 PMの基礎
序論
ライフサイクルと組織
プロセス群
知識エリア

第2章 9つの知識エリア
  4プロジェクト統合マネジメント
  5プロジェクト・スコープ・マネジメント
  6プロジェクト・タイム・マネジメント
  7プロジェクト・コスト・マネジメント
  8プロジェクト品質マネジメント
  9プロジェクト人的資源マネジメント
10プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント
11プロジェクト・リスク・マネジメント
12プロジェクト調達マネジメント

第3章 重要な技法
プロジェクト選定手法
WBS(ワーク・ブレイクダウン・ストラクチャ)
CPM&PERT
EVM(アーンド・バリュー・マネージメント)
契約タイプ
クリティカルチェーン

第4章 PMI倫理・職務規定

第5章 PMIイズム

第6章 PMBOKRガイド第4版と第5版の違い

第7章 IPA午後ⅠからPMを知る
IPA午後ⅠからPMを知るH24問1&2
宿題 「PMのあるべき姿は何か」

第8章 あなたがプロジェクトから学んだこと
宿題 「あなたがプロジェクトから学んだこと」

第9章 PMP試験模擬問題230題
基本確認25題
試験模擬問題205題

第10章 PMP受験の手続き

【PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第5版】
PMBOKガイド第4版と第5版の相違概観1
PMBOKガイド第4版と第5版の相違概観2
抜粋既存問題の改版

PMBOKガイド第5版の変更点詳細1
PMBOKガイド第5版の変更点詳細2
PMBOKガイド第5版の変更点詳細3
抜粋第5版追加問題1
PMBOKガイド第5版の変更点詳細4
PMBOKガイド第5版の変更点詳細5
PMBOKガイド第5版の変更点詳細6
抜粋第5版追加問題2

第5版既存問題改版30題
第5版追加問題20題

【講座収録時間】

約21時間

「PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第5版」を含みます。問題演習と課題を含めると最短でも35時間の学習時間が必要となります。

【受講可能期間】

PMP受験のための35時間PM講座(第5版) 210日間
PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第5版(変更点のみ) 150日間

【ユーザ登録方法】

ユーザー登録

1 下記【ユーザー登録】をクリックしてください。(下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンからログイン頂けます)

2 利用規約を確認の上、【同意する】をクリックしてください。
3 [名前] [E-mail] [連絡先電話番号] を入力して【確認】ボタンをクリックしてください。
4 登録情報を確認の上、【登録】クリックしてください。

ID、パスワードでログインする

1 登録完了メールが送られてきます。
メール内に記載されているURLをクリックすると【ログイン画面】が表示されます。
2 ログインID、パスワードを入力して、【ログイン】をクリックします。
(ID・Passを保存をチェックすると次回から自動入力されます)
3 サンプル教材をご覧頂くことが可能です。

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

PMP受験のための35時間PM講座(第5版対応。下記のキャッチアップ講座も含まれています) 価格:27,000円(税込)
【今すぐ購入する】

PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第5版(変更点のみ) 価格:2,000円(税込)
【今すぐ購入する】

学習をスタートする

1 下記ログインフォームより、無料体験、購入手続きの際に使用した、ID、パスワードでログインします。

2 購入済みの各講座をクリックして学習をスタートしてください。

撮影したパンダスタジオ

パンダスタジオ本店(秋葉原)

試験問題作成ソフト

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2011年10月14日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0059

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

いよいよiPhone4Sが発売になりましたね。
いち早く欲しいと店頭に並ぶ長蛇の列、キャリア同士の顧客獲得合戦など、相も変わらず話題となっています。

弊社でも、「iPhoneで試験問題を実施したい」というお問い合わせを頂くことがたくさんございますので、今回は、iPhoneでのeラーニング、とりわけ試験問題にフォーカスしてお届け致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. たくさんのお問い合わせを頂く意外な理由
2. キーボード入力するだけの簡単作成
3. アップロードするだけでiPhone対応教材に
4. 動画、画像、音声などを使用した出題もできます
5. iPhone向けクイズ教材サンプル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●プログラミング知識・作業も不要な試験問題・クイズ作成ソフト
『Quiz Creator』・・・16,800円(税込)
30日間無料お試しダウンロードはこちらからどうぞ。
http://quizcreator.jp/

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】iPhoneで試験を実施するには

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●たくさんのお問い合わせを頂く意外な理由

「iPhoneではFlashが使えない」
eラーニング業界の人間や、ちょっと詳しいiPhoneユーザの方であれば、普通に知っているこの事実。

しかし、まだまだご存知ない方もたくさんいらっしゃいます。
「そもそも、Falshって何?」という方も、少なくありません。

※参考:Flashとは・・・Adobe Systems社による、音声や動画などのアニメーションを組み合わせてWebコンテンツを作成するソフト。また、それによって作成されたコンテンツのこと。

ですので、
「現在eラーニングで使っている試験問題を、iPhoneでそのまま使えると思っていたが、使えないことが分かった。Webで調べていたら、SmartBrain http://smartbrain.info/ やQuizCreator http://quizcreator.jp/ を使用すればできると知った」
ということでお問い合わせを頂くことが多いようです。

●キーボード入力するだけの簡単作成

通常、eラーニングのコンテンツ作成には、プログラミング費用や、コンテンツそのものの作成費用など、多くの手間と費用がかかります。これが多くのeラーニングご担当者様の悩みのタネだったかと思います。

しかし、私たちキバンインターナショナルが提供するLMS(ラーニング・マネジメント・システム)SmartBrain http://smartbrain.info/ や教材作成ソフトQuizCreator http://quizcreator.jp/ であれば、難しい知識は一切必要ありません。

キーボード入力するだけで試験問題を作成できますので、どなたでもご利用頂けます。他の業者に依頼せずに、自社で簡単に作成できるのは大変便利、9種類もの問題形式に対応、しかも16,800円(税込)という低価格ということでご好評を頂いております。

●アップロードするだけでiPhone対応教材に。

さらに、QuizCreatorで作成した試験問題は、SmartBrainにアップロードするだけで、iPhone対応教材となります。

これは、SmartBrainはQuizCreatorと連携できるよう設計されている為です。iPhoneでも使用できるよう、flashではなくhtmlに自動変換する機能がついているので、らくらくiPhone対応の試験問題教材を作成頂くことができます。

さて、問題を作成するだけではなくて、そのあとのテスト結果の履歴はどうなるのだろうとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

SmartBrainでは、それぞれのユーザがiPhoneで学習しても、PCで学習しても、同じように学習した履歴が残ります。
さらに、どの問題でどう回答したのかも記録が残ります。

QuizCreatorはクイズ作成専用ソフトですので、PC版(=Flash版)も作成することができます。しかし、iPhone版だけで十分という場合はあるでしょう。そんなときは、SmartBrainの機能だけでも、iPhone用の教材を作成できます。

●画像、音声を使用した出題もできます

「iPhone版になると、PC版のように画像や音声が挿入できないのでは?」

大丈夫です。
SmartBrainのクイズ問題作成機能には、音声、画像をクイズ問題に挿入する機能が備わっています。問題文に挿入することもできますし、選択肢それぞれに挿入することもできます。

QuizCreatorの話と、SmartBrainのクイズ作成は、やや機能に差があり、文章だけでは伝わりにくい点もあるかと思いますが、お試しいただければわかると思います。

どんな風に作成できるのか、どのように表示されるのか、お試ししたい!という方は、Webサイトから無料でお試しご利用頂けますので、ぜひご確認ください。

SmartBrain(20ユーザまで無料)
http://smartbrain.info/?page_id=478

QuizCreator(30日間ご利用無料)
http://quizcreator.jp/

●iPhone向けのクイズサンプルをご用意しました:

今回のeラーニング教材はiPhone向け(=html版)のクイズ教材です。画像、音声などを使用して、どのようなことができるのか、お確かめ頂くことができます。htmlですので、PCからアクセス頂いてもご覧頂けます。

http://10000.bz/elw2010/

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「iPhone向けのクイズサンプル」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

iPhone新製品発売時に報道される長蛇の列に、もはや驚くこともなくなっている自分に気が付きました。もはや驚くこともなくなっているという事実に気づき、逆にそこに驚きを感じるという、なんだか不思議な気分です。

「売れているのが当然」と消費者に思わせてしまうのが、大ヒット商品のすごいところですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

作成したクイズを印刷できますか?

キーボードでテキスト入力のみで問題作成できるソフトQuizCreator http://quizcreator.jp/
作成したクイズを印刷したいご要望を頂くことがございますので、その方法を公開致します。
Microsoft Office向けパブリッシュ機能を利用して、WordやExcelのドキュメントとしてテストをパブリッシュし、そこから印刷する方法がございます。

1. ツールバーの”パブリッシュ“を選択してパブリッシュ・タブを表示し、”MS Office“ボタンをクリックしてください。
MS Office向けパブリッシュ

2. パブリッシュ設定で、テストの題名を”タイトル“に入力してください。
タイトルは出力先フォルダおよび出力ファイルに反映されます。テストを保存する場所を”フォルダ“で指定してください。初期設定では次のディレクトリに保存されます。

C:\Documents and Settings\Administrator\My Documents\My Quiz\

別の場所に保存したい場合は、ボタンをクリックするか、ディレクトリのパスを直接入力してください。

MS Office
1) コンピュータ上の別の場所に保存したい場合は、ボタンをクリックするか、ディレクトリのパスを直接入力してください。
2) “Microsoft Office”部分で、ドキュメントタイプを”Word”にするか”Excel” にするか選択してください。
現在ご利用のMicrosoft Officeのバージョンによって、作成されるファイルの形式が、Office 2007形式(*.docx, *.xlsx)のものと、Office 2003形式(*.doc, *.xls)に分かれます。

*注意:
Word形式に書き出しされた場合には、変換後、Word 2007バージョンで、確認してください。
また、Excelに書き出すする際に、画像が含まれた場合には、Excel 2007で、開いてください。

*MS Office用に書き出しする場合は、選択肢のランダム設定は反映されませんのでご注意ください。

3. パブリッシュをクリックしてください。
キャンセル“ボタンをクリックすれば、パブリッシュ作業をいつでも中断できます。パブリッシュ作業が終了すると、新たらしいWordまたはExcelドキュメントが生成されます。終了後すぐにテストを見ることもできます。

SmartBrainにもQuizCreatorと同じ機能がありますか?

株式会社キバンインターナショナル  http://www.kiban.jp/ が提供するLMS(ラーニング・マネジメント・システム) SmartBrain http://smartbrain.info/ は、キーボードでテキスト入力のみで問題作成できるQuizCreator http://quizcreator.jp/ と同等の機能が一部搭載されています。また、QuizCreatorで作成したクイズとの連携も可能です。

2011年7月現在、SmartBrainでは以下のタイプのクイズ作成し、管理をすることができます。

  • 正誤問題(OX形式)
  • 単一選択問題
  • 複数選択問題
  • 記入問題
  • 組み合わせ問題
  • 並び替え問題
  • 穴埋め問題
  • クリックマップ問題
  • 小論文問題

また、

  • 設問の初期設定
  • テスト結果設定
  • 操作設定
  • 表示設定
  • ランダム化設定
  • 制限時間設定

など、多の設定をすることができます。

▲SmartBrainクイズ設定画面。この他にも多様な設定が可能です。

▲SmartBrainクイズ設定画面。この他にも多様な設定が可能です。

設定の仕方によっては、アンケートとしてご利用頂くことも可能です。
やり方: http://smartbrain.info/?page_id=8297

もちろん、Flash向け、Web向けパブリッシュなど、QuizCreatorでないと実現できない機能もございます。
また、QuizCreatorはローカルでご利用頂ける買い切りアプリケーションであるのに対し、SmartBrainは学習管理するマネジメントシステムがメインのASPで月々の料金が発生するという違いもございます。

SmartBrainは学習者の回答履歴などを管理することができ、便利です。20ユーザまで無料でご利用頂けますので、ご興味がございましたらぜひお試しください。 http://smartbrain.info/?page_id=478

前回、集合研修の申込管理を頑張ってSmartBrainでやってみたいPart1では、SmartBrainを使った集合研修の申し込み管理法をお伝えしました。今回はその応用編です。

例えば、集合研修の参加者の質を保ちたいとしましょう。そうした際には、申し込んでもらう前に、テストを実施するのが有効です。つまり、テストに合格した人だけが、集合研修に申し込めるという仕組みです。では、そのやり方をご紹介しましょう。

1.QuizCreatorで試験を作成し、Part1で作成したコースに追加。

▲Part1で設定したコースに「前提知識テスト」を追加した

▲Part1で設定したコースに「前提知識テスト」を追加した

2.

▲「履修制限」をクリック

▲「履修制限」をクリック

3.

▲チェックすることで、前提知識テストに合格した人しか、「申し込みフォーム」に進めない設定。

▲チェックすることで、前提知識テストに合格した人しか、「申し込みフォーム」に進めない設定。

このように、「履修制限」機能を活用すれば、テストに合格した人のみが集合研修に参加できる仕組みの出来上がりです。

●iPhone、iPad、PC、ブラウザを選ばず学習できる

LMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込)
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info/

●プログラミング知識・作業も不要な試験問題・クイズ作成ソフト

『Quiz Creator』・・・16,800円(税込)
30日間無料お試しダウンロードはこちらからどうぞ。
http://quizcreator.jp/

QuizCreatorの上位版を開発中です

CATEGORIES eラーニングby.a.takeuchi1 Comments2011.01.11

私たち株式会社キバンインターナショナルが提供する試験問題・クイズ作成ソフトQuizCreator

16,800円(税込)という低価格にも関わらず、9種類の問題作成可能の高機能ということで、おかげさまで弊社が提供するオーサリングツールの中でも大変人気となっております。プログラミングなど専門知識も不要ですので、初心者の方でもとても使い勝手のよい使用になっています。

さて、そんなQuizCreatorですが現在、上位版を開発中です。基本路線の使い勝手の良さはそのままに、パワーアップ。

詳細はまだあまり明かすことができないですが、新機能としてアンケート作成機能、オンラインでのQMS(Quiz Management System)など、利用者のかゆいところに手が届く、芸が細かい仕様になっております。(以下、開発中の画面です)

▲テンプレート選択画面。配色のバリエーションがかなり増え、画面がキレイになっています。

▲テンプレート選択画面。配色のバリエーションがかなり増え、画面がキレイになっています。

▲アンケート作成機能が追加されました

▲アンケート作成機能が追加されました

春頃のリリースに向け、現在、鋭意開発中ですのでお楽しみに!

SmartBrainでの、iPhone用のQuizCreator問題のアップ方法をご紹介します。
PC向けもiPhone向けも両方設定できる、簡単仕様です。

▲「コース管理」から「コンテンツ追加」の「+」をクリック。

▲「コース管理」から「コンテンツ追加」の「+」をクリック。

▲「クイズ教材管理」をクリック

▲「クイズ教材管理」をクリック

▲「wqcファイルをインポート」をクリック

▲「wqcファイルをインポート」をクリック

▲「ファイルを選択」をクリック

▲「ファイルを選択」をクリック

▲「送信」をクリック

▲「送信」をクリック

▲「プレビュー」をクリックすると、確認できます。

▲「プレビュー」をクリックすると、確認できます。

▲プレビュー画面では実際と同じ画面を確認できます

▲プレビュー画面では実際と同じ画面を確認できます

●iPhone、iPad、PC、ブラウザを選ばず学習できるLMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込)
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info/

LectureMAKERで問題を隠しておく方法

CATEGORIES LectureMAKERby.m.nishimura1 Comments2009.12.03

LectureMAKERの質問と回答を公開します。

Q.レクチャーメーカーで問題を隠しておいて後で表示する方法はないでしょうか?

現在、LectureMAKERでは、「ボタン」の設定から、画像やオブジェクトなどを隠し、ボタンをクリックすることで表示させることが可能です。この機能と同じ設定で、Quizも、「ボタン」のクリック後、表示/非表示にすることも、選択肢をランダム化で表示することも可能です。

その設定に関して、サンプル教材のダウンロードは、こちら

http://blog.elearning.co.jp/wp-content/uploads/2009/12/LectureMAKER_Quiz01.zip

スライド内の設定は、以下となります。

2009-12-04_1640

また、「ボタン」の使い方に関しては、ホームページをご参照ください。

コンテンツ作成手順の第三回目:「ボタン」の使い方
http://lecturemaker.jp/?page_id=623

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ