タグ別アーカイブ: アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
【2016年度版アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】はこちらをクリック

【2016年度版アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】はこちらをクリック

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。

【理解度チェック】は、
アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」の講義の内容が理解できているかチェックするコーナーです。
問題の解説も、アフロ先生の講義よりピックアップしていますので、講義の復習に最適です!!
是非併用してご活用してください。

今回は、「第2章 人体の働きと医薬品(2-5 血液)」の内容より出題します。

————————————————————————————————–
問題
血液に関する以下の記述の正誤について、正しいものの組合せを一つ選びなさい。
————————————————————————————————–

a 赤血球は、中央部がくぼんだ円盤状の細胞で、血液全体の約70%を占めます。

b 血漿は90%以上が水分からなり、アルブミン、グロブリン等のタンパク質のほか、微量の脂質、糖質、電解質を含んでいます。

c 白血球のうち、リンパ球は最も数が多く、白血球の約60%を占めています。

d 血小板から放出される酵素によって血液を凝固させる一連の反応が起こり、血漿タンパク質の一種であるフィブリンが傷口で重合して繊維状のフィブリノゲンとなります。

a   b   c   d

1 正 正 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 誤 正 正
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 誤

 

↓↓↓

————————————————————————————————–
答え 4番。
————————————————————————————————–

~アフロ先生講義から解説~

a ×。血液全体の約70%じゃなかったですよね、約40%を占めてました。4割ですね。
b 
c ×。白血球のうちの好中球ですからね、好中球が最も数が多くて白血球の60%を占めています
リンパ球は1/3って出ますからね。パーセンテージで出たら好中球の話ですよ。白血球は何分の1としか今までは過去は出たことがありません。なので、これが好中球だった場合は正しいですね。
リンパ球ではなくて好中球の話です。
d ×。これ、フィブリノゲンとフィブリンが逆転してます。フィブノゲンが、ノゲンですから、フィブリンの原料ですからね。
フィブリンの原料でフィブリノゲンですから。
こじつけですけど、フィブリンの原料のフィブノゲンですからね。
原料が合体してフィブリンができますからね。
血漿タンパク質の一種であるフィブリノゲンが傷口で重合して繊維状のフィブリンができる。逆転してれば正しいです、文章としては。

×、○、×、×、答えは4番ですね。

 

~いかがでしたでしょうか。講座を見たら、問題を解くこを繰り返すことが知識の定着につながります。ぜひ理解度チェックコーナーをご活用ください~

詳しい解説は、eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
第2章「2-5 血液」で、解説されています。

講座の詳細はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/

講座のサンプル動画はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/study/index.php?path=0&course_id=1330&sco_id=31770&package_id=650

登録販売者特設サイトはこちらです。
http://afro.elearning.co.jp/

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

【2016年度版アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】はこちらをクリック

【2016年度版アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】はこちらをクリック

eラーニングアフロ先生と学ぶ登録販売者合格講座の中から

出てくる用語とアフロ先生の解説を、ご紹介していきます。今回は、「グロブリンについてです。

グロブリンとは?

~以下、eラーニングアフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座内容を抜粋しています。~

血漿の中に含まれている。

グロブリンは、その多くが、免疫反応において、体内に侵入した細菌やウイルス等の異物を「特異的に」認識する抗体としての役割を担うため、そういったものは免疫グロブリンともいわれています。

特異的にって何かと言うと、お前の担当は俺だって感じです。

私の担当はあなた、っていうふうに、担当がいるってことですね。

インフルエンザ担当は私です、私とグロブリンAさんですとか、例えばですよ。

エボラウイルスが入ってきたら、エボラウイルスの担当はグロブリンBさんですとか、そんな感じで、例えば担当が決まってるということです。

特異的に認識する抗体としての役割を担うため、そういったものは免疫グロブリンとも呼ばれます。

 

~いかがでしたでしょうか、アフロ先生の解説は、このように成分を擬人化し解説しているときもあり、文系でも理解しやすく印象に残るような講義となっております。サンプルで講義も見られますので、ぜひごらんください~

サンプル動画 http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/study/index.php?path=0&course_id=1330&sco_id=31751&package_id=650

詳しい解説は、eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/ )

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

【2016年度版アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】はこちらをクリック

【2016年度版アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】はこちらをクリック

———————————————————————————
問題
医薬品の剤型毎の違い、適切な使用方法に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか述べなさい。
———————————————————————————

a  チュアブル錠は、水なしで服用すると薬効が現れない。

b  貼付剤は適用した部位で有効成分が短時間に吸収されるため、薬効の持続は期待できない。

c  経口液剤は固形製剤に比べ、飲み込みやすいが、消化管からの吸収は遅くなる。

d  外用局所に用いる剤型として、適用部位を水から遮断する場合にはクリーム剤を用い、水で洗い流しやすくする場合等では軟膏剤を用いなければならない。

  (選択肢)
  a  b  c  d
1 正 正 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 誤 正 正
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 誤

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

———————————————————————————
答え
5番
———————————————————————————
<アフロ先生の講義より「解説」をピックアップ>
1  誤。チュアブル錠は、口の中で溶かして、唾液とともに飲み込んで効果を発揮するものですからね、基本、水なし前提ですよ。

2  誤。長時間されてるため、薬効の持続はある程度期待できるけれどもかぶれやすいので注意が必要です。

3  誤。飲み込みやすい早く吸収されます。

4  誤。これはクリーム剤と軟膏剤が逆転してます。ここが、水から遮断する場合には軟膏剤、水で洗いやくする場合にはクリーム剤だったら正しいです。

誤、誤、誤、誤ということで、答えは5番です。
剤型は割とイメージしやすいものも多いと思いますので、ぜひしっかりマスターしてください。

~いかがでしたでしょうか。講座を見たら、問題を解くこを繰り返すことが知識の定着につながります。ぜひ理解度チェックコーナーをご活用ください~

詳しい解説は、eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
( http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/ )の
第2章「2-3 剤型毎の違い、適切な使用法」で、解説されています。

講座のサンプル・詳細はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

【2016年度版アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】はこちらをクリック

【2016年度版アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】はこちらをクリック

———————————————————————————
問題
医薬品の剤型毎の違い、適切な使用方法に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか述べなさい。
———————————————————————————

a  カプセルの原材料は、アレルギーの原因とはならない。

b  カプセル剤は、内服用医薬品の剤型として最も広く用いられています。

c  錠剤(内服)は、高齢者、乳幼児等が飲みやすい剤型である。

d  錠剤のように固形状に固めず、粉末状にしたものを顆粒剤といい、小さな粒状にしたものを散剤といいます、。

  (選択肢)
  a  b  c  d
1 正 正 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 誤 正 正
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 誤

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

———————————————————————————
答え
5番
———————————————————————————
<アフロ先生の講義より「解説」をピックアップ>
1  誤。いいえ、ゼラチンの話しました。アレルギーの原因となります。

2  誤。カプセル剤ではなく、錠剤が内服用医薬品の剤型として最も広く用いられています。

3  誤。錠剤(内服)は、ある程度の大きさがあるから飲みにくいです。

4  誤。小さな粒状が顆粒剤で、粉末状にしたものが散剤です、粉薬。顆粒剤と散剤が逆ならば正しい文章ですね。

誤、誤、誤、誤ということで、答えは5番です。

~いかがでしたでしょうか。講座を見たら、問題を解くこを繰り返すことが知識の定着につながります。ぜひ理解度チェックコーナーをご活用ください~

詳しい解説は、eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
( http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/ )の
第2章「2-3 剤型毎の違い、適切な使用法」で、解説されています。

講座のサンプル・詳細はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 セルフメディケーション

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 セルフメディケーション

こんにちは、キバンインターナショナルeラーニングコンシェルジュの小林です。

セルフメディケーションとは

病気になったら治す

というよりも、

病気にならないように、日ごろから健康管理するという考え。

登録販売者試験では、
「WHO」と「日本」での定義が少し違うのでご注意を。
アフロ先生によると、よく穴埋め形式で出るそうですよ。

——————————————————————
WHO・・・
自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てする。

日本・・・
一般用医薬品の利用の他、食事と栄養のバランス、睡眠、休養、運動、禁煙等の生活習慣の改善を含めた健康維持・増進全般について。
——————————————————————

でも、どうしても後回しになってしがちですが、
病気になって体がつらく、受診する手間と時間と費用をかけてしまうことを考えると、
日ごろから健康管理を習慣づけて行く方が断然良いですね。

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」では、
1章-14番にて「セルフメディケーション」についてわかりやすく解説されていますよ。

●アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 詳細・ご購入はこちら
http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。

2016年アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」受講者の方から、続々と合格報告が届いています。

講座を選ぶ際、そしてこれから受験するときのご参考にも是非。

フルタイムで働きながらも、わずか3か月で合格した学習方法とは?

投稿日 2016-09-08

医薬品とは無関係な仕事をフルタイムでしている会社員です。
僅か3か月未満合格することができました。
正直十分な学習時間を確保できませんでしたが
この講座のおかげです。

私の学習方法は

自宅で動画を学習。
通勤時間と昼休みに一問一答形式の過去問題集を解く。
直前期に過去問題を解く。

を行いました。
学習時間は平日は1時間程度週末は3時間程度です。
医薬品とまったく関係のない会社員でも合格できましたので
信じて学習を続けることが合格につながると思います。

 

「eラーニング講座
2016年度版 アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座の特徴」

・時間がない人でも合格できるように、本当にたくさん出るところから順番に教えてくれる。ひっかけ問題も丁寧に解説。
・文系の人でも大丈夫なように、わかりやすい言葉や例に置き換えて、理解させてくれる。
・別売りのテキストと併用して、学習できる。
・合格保証・30日間返金保証あり。
・法人割引あり。

【お申込み・詳細ページ】

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80
【今すぐ購入する】
アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 365日間パック 15,000円(税込)

【eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。】

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80 

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 http://afro.elearning.co.jp/

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。

2016年アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」受講者の方から、続々と合格報告が届いています。

講座を選ぶ際、そしてこれから受験するときのご参考にも是非。

2016大阪試験で合格![覚え辛いところは動画の画面保存→印刷して壁に貼る]

投稿日 2016-09-13

アフロ先生のテキストと合わせて6月から利用させて頂きましたが、

要点を抑えていて詰め込みコースかな?と思っていたらポイント抑えつつも少し砕けたアフロ先生のお人柄も素敵で、

参考書と過去問題だけ見ても頭痛くなる自分にはぴったりの教材でした。

覚え辛いところは動画の画面保存→印刷して壁に貼ったりもしましたが…

試験一週間前から過去問も3回ほどしただけで、自己採点99点獲得できました。

本当に感謝です、ありがとうございました!

 

「eラーニング講座
2016年度版 アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座の特徴」

・時間がない人でも合格できるように、本当にたくさん出るところから順番に教えてくれる。ひっかけ問題も丁寧に解説。
・文系の人でも大丈夫なように、わかりやすい言葉や例に置き換えて、理解させてくれる。
・別売りのテキストと併用して、学習できる。
・合格保証・30日間返金保証あり。
・法人割引あり。

【お申込み・詳細ページ】

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座


http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

【今すぐ購入する】
アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 365日間パック 15,000円(税込)

【eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。】

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」副作用 間質性肺炎より

「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」副作用 間質性肺炎より

———————————————————————————
問題
間質性肺炎に関する以下の記述のうち、正しいものの組合せを1つ選べ
———————————————————————————

1  間質性肺炎では、息切れ・息苦しさ等の呼吸困難、空咳、発熱等の症状を呈するため、かぜや気管支炎の症状と区別が容易である。

2  一般的に、医薬品の使用開始から1~2週間程度で起きることが多い。

3  必ず発熱を伴う。

4  悪化すると肺線維症(肺が線維化を起こして硬くなる状態)に移行することがある。

選択肢・・・1(a,b)   2(a,d)   3(b,c)   4(b,d)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

———————————————————————————
答え
 4番
———————————————————————————
1  ×。区別は難しいです。これ、かぜや気管支炎の症状と結構似てるじゃないですか、上の息切れとか空咳(痰の出ない咳)とかってね。症状を呈するっていうところに関しては正しいですね、前半正しいです。ここまで正しくて、ここから先の、かぜや気管支炎の症状と区別が「容易である」っていうところになると間違ってますからね、だから×。

2  ○

3  ×。必ずしも発熱は伴いません。

4  ○。

×、○、×、○ということで、答えはb、dの4番です。
ちょっと言葉が、間質っていう言葉が難しいかもしれないですけど、とにかう肺炎はこの分野で間質性肺炎しか出てきませんから、また例のごとく。
アルドステロン症が出てこないのに偽アルが出てくるようにですね。
この分野では肺炎は間質性肺炎しか出てきませんので、ぜひ間質性肺炎のこととして覚えていただければなというふうに思ってます。

~いかがでしたでしょうか。講座を見たら、問題を解くこを繰り返すことが知識の定着につながります。ぜひ理解度チェックコーナーをご活用ください~

詳しい解説は、eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
( http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/ )の
第2章「2-1副作用 間質性肺炎」で、解説されています。

講座のサンプル・詳細はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

副作用 無菌性髄膜炎「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

副作用 無菌性髄膜炎「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。

eラーニングアフロ先生と学ぶ登録販売者合格講座の中から、出てくる用語をピックアップしてし、アフロ先生の解説をご紹介していきます。

今回は、「無菌性髄膜炎」についてです。

アフロ先生の講義によると、登録販売者の試験では、「無菌性髄膜炎」についてしか出ないとのことでした。
今回は、「無菌性髄膜炎」についてしっかりと理解し、補足として細菌性髄膜炎を覚えておきましょう。

無菌性髄膜炎

・・・髄膜炎の症状が出てるにも関わらず、細菌や真菌が検出されないもの
原因は何なのかというと、大部分はウイルスが原因。その他に、マイコプラズマ感染症やライム病などもある。
それのことを無菌性髄膜炎という。

全身性エリテマトーデス(膠原病の一種で、発熱や全身の倦怠感、頰に赤い発疹、手指の腫れと関節炎、口内炎、光線過敏症等の症状が現れる)、混合性結合組織病(膠原病の重複症候群の中のひとつの病型で、寒冷刺激や精神的緊張によって起こる手指の蒼白化(レイノー現象)、手の項から指にかけての腫れ、多発関節炎、皮膚の硬化等の症状が現れる。)、関節リウマチ等の基礎疾患がある人で発症リスクが高い。

細菌性髄膜炎

・・・髄液にばい菌が入り、細菌や真菌(カビ)みたいなものが髄液に入り、炎症を起こす

さらに理解を深めよう!

用語は覚えられましたか?
【用語チェック】コーナーは随時更新中です。

登録販売者の用語チェックはこちらをクリック

こちらをクリック

さらに、理解度チェックや過去問で問題を解き、理解を深めていきましょう!!

▲理解度チェック(講義に沿った問題)は、こちらから
▲都道府県別過去問は、こちらから

【2016年度版 アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】

詳細はこちらから
http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

・時間がない人でもOK。出る順。ひっかけ問題も丁寧に解説。
・文系の人でも大丈夫。わかりやすい言葉や例に置き換え解説。
・別売りのテキストと併用して、学習できる。
・合格保証・30日間返金保証あり。
・法人割引あり。

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

 

【eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。】

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座はこちらをクリック

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座はこちらをクリック

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

【理解度チェック】は、
アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」の講義の内容が理解できているかチェックするコーナーです。
問題の解説も、アフロ先生の講義よりピックアップしていますので、講義の復習に最適です!!
是非併用してご活用してください。

今回は、「第2章 人体の働きと医薬品(2-1副作用 肝機能障害」の内容より出題します。

————————————————————————————————–
問題
医薬品の副作用に関する肝機能障害について以下の記述のうち、正しい組み合わせを選べ。
————————————————————————————————–
a  肝機能障害の原因は、医薬品の有効成分又はその代謝物の直接的肝毒性が原因で起きる中毒性のものに限られる。

b 肝機能障害になると、皮膚や白目が赤くなる。

c 肝機能障害の主な症状は、眠気と興奮である。

d 肝機能障害は自覚症状が明確であるため、早期に発見できる。

<選択肢>

a b c d
1
2
3
4
5

 

↓↓↓

————————————————————————————————–
答え  5
————————————————————————————————–
a ×。アレルギーもあります、医薬品の有効成分とは関係なく、物質として合う合わないというアレルギー反応があります
b ×。黄色くなります。
c ×。眠気と興奮じゃなくて、皮膚の痒みだとかだるさだとか、そういうことが起こってきますので注意してください。
これもう、×、×、×とくると実は答え分かっちゃうんですけどね。
こういうテクニックも実際受験では使ってくださいよ、時間ないですからね。
一応、今回見ていきましょう。
d 肝臓は沈黙の臓器と言われて、特に自覚症状がないことによって手遅れになることが多いので注意をしてください。。

なので答えは誤、誤、誤、誤ということで5番です。

 

詳しい解説は、eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

●アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
( http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/ )の
第2章「2-1副作用 副作用 肝機能障害」で、解説されています。

●講座のサンプル・詳細はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/

●「eラーニング講座 2016年度版 アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座の特徴」
・時間がない人でも合格できるように、本当にたくさん出るところから順番に教えてくれる。ひっかけ問題も丁寧に解説。
・文系の人でも大丈夫なように、わかりやすい言葉や例に置き換えて、理解させてくれる。
・別売りのテキストと併用して、学習できる。
・合格保証・30日間返金保証あり。
・法人割引あり。

【お申込み・詳細ページ】

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座


http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

ご購入はこちら 【合格保証・30日間返金保証付】365日パック 15,000円(税込)
【今すぐ購入する】

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ