無菌性髄膜炎と細菌性髄膜炎【用語チェック】~登録販売者を目指す方へ

副作用 無菌性髄膜炎「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

副作用 無菌性髄膜炎「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。

eラーニングアフロ先生と学ぶ登録販売者合格講座の中から、出てくる用語をピックアップしてし、アフロ先生の解説をご紹介していきます。

今回は、「無菌性髄膜炎」についてです。

アフロ先生の講義によると、登録販売者の試験では、「無菌性髄膜炎」についてしか出ないとのことでした。
今回は、「無菌性髄膜炎」についてしっかりと理解し、補足として細菌性髄膜炎を覚えておきましょう。

無菌性髄膜炎

・・・髄膜炎の症状が出てるにも関わらず、細菌や真菌が検出されないもの
原因は何なのかというと、大部分はウイルスが原因。その他に、マイコプラズマ感染症やライム病などもある。
それのことを無菌性髄膜炎という。

全身性エリテマトーデス(膠原病の一種で、発熱や全身の倦怠感、頰に赤い発疹、手指の腫れと関節炎、口内炎、光線過敏症等の症状が現れる)、混合性結合組織病(膠原病の重複症候群の中のひとつの病型で、寒冷刺激や精神的緊張によって起こる手指の蒼白化(レイノー現象)、手の項から指にかけての腫れ、多発関節炎、皮膚の硬化等の症状が現れる。)、関節リウマチ等の基礎疾患がある人で発症リスクが高い。

細菌性髄膜炎

・・・髄液にばい菌が入り、細菌や真菌(カビ)みたいなものが髄液に入り、炎症を起こす

さらに理解を深めよう!

用語は覚えられましたか?
【用語チェック】コーナーは随時更新中です。

登録販売者の用語チェックはこちらをクリック

こちらをクリック

さらに、理解度チェックや過去問で問題を解き、理解を深めていきましょう!!

▲理解度チェック(講義に沿った問題)は、こちらから
▲都道府県別過去問は、こちらから

【2016年度版 アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】

詳細はこちらから
http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

・時間がない人でもOK。出る順。ひっかけ問題も丁寧に解説。
・文系の人でも大丈夫。わかりやすい言葉や例に置き換え解説。
・別売りのテキストと併用して、学習できる。
・合格保証・30日間返金保証あり。
・法人割引あり。

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

 

【eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。】

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, 資格by.kobayashiseira0 Comments2016.08.23
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。