正誤問題「医薬品の剤型毎の違い、適切な使用方法」~登録販売者【理解度チェック】

【2016年度版アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】はこちらをクリック

【2016年度版アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】はこちらをクリック

———————————————————————————
問題
医薬品の剤型毎の違い、適切な使用方法に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか述べなさい。
———————————————————————————

a  カプセルの原材料は、アレルギーの原因とはならない。

b  カプセル剤は、内服用医薬品の剤型として最も広く用いられています。

c  錠剤(内服)は、高齢者、乳幼児等が飲みやすい剤型である。

d  錠剤のように固形状に固めず、粉末状にしたものを顆粒剤といい、小さな粒状にしたものを散剤といいます、。

  (選択肢)
  a  b  c  d
1 正 正 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 誤 正 正
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 誤

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

———————————————————————————
答え
5番
———————————————————————————
<アフロ先生の講義より「解説」をピックアップ>
1  誤。いいえ、ゼラチンの話しました。アレルギーの原因となります。

2  誤。カプセル剤ではなく、錠剤が内服用医薬品の剤型として最も広く用いられています。

3  誤。錠剤(内服)は、ある程度の大きさがあるから飲みにくいです。

4  誤。小さな粒状が顆粒剤で、粉末状にしたものが散剤です、粉薬。顆粒剤と散剤が逆ならば正しい文章ですね。

誤、誤、誤、誤ということで、答えは5番です。

~いかがでしたでしょうか。講座を見たら、問題を解くこを繰り返すことが知識の定着につながります。ぜひ理解度チェックコーナーをご活用ください~

詳しい解説は、eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
( http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/ )の
第2章「2-3 剤型毎の違い、適切な使用法」で、解説されています。

講座のサンプル・詳細はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, 資格by.kobayashiseira0 Comments2016.10.20
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。