正誤問題「チュアブル錠・貼付剤・経口液剤・固形製剤について」~登録販売者【理解度チェック】

【2016年度版アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】はこちらをクリック

【2016年度版アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座】はこちらをクリック

———————————————————————————
問題
医薬品の剤型毎の違い、適切な使用方法に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか述べなさい。
———————————————————————————

a  チュアブル錠は、水なしで服用すると薬効が現れない。

b  貼付剤は適用した部位で有効成分が短時間に吸収されるため、薬効の持続は期待できない。

c  経口液剤は固形製剤に比べ、飲み込みやすいが、消化管からの吸収は遅くなる。

d  外用局所に用いる剤型として、適用部位を水から遮断する場合にはクリーム剤を用い、水で洗い流しやすくする場合等では軟膏剤を用いなければならない。

  (選択肢)
  a  b  c  d
1 正 正 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 誤 正 正
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 誤

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

———————————————————————————
答え
5番
———————————————————————————
<アフロ先生の講義より「解説」をピックアップ>
1  誤。チュアブル錠は、口の中で溶かして、唾液とともに飲み込んで効果を発揮するものですからね、基本、水なし前提ですよ。

2  誤。長時間されてるため、薬効の持続はある程度期待できるけれどもかぶれやすいので注意が必要です。

3  誤。飲み込みやすい早く吸収されます。

4  誤。これはクリーム剤と軟膏剤が逆転してます。ここが、水から遮断する場合には軟膏剤、水で洗いやくする場合にはクリーム剤だったら正しいです。

誤、誤、誤、誤ということで、答えは5番です。
剤型は割とイメージしやすいものも多いと思いますので、ぜひしっかりマスターしてください。

~いかがでしたでしょうか。講座を見たら、問題を解くこを繰り返すことが知識の定着につながります。ぜひ理解度チェックコーナーをご活用ください~

詳しい解説は、eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座
( http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/ )の
第2章「2-3 剤型毎の違い、適切な使用法」で、解説されています。

講座のサンプル・詳細はこちらです
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1330/650/

【講師募集!!初期費用0円、ランニング費用0円で講座作成】

医療系、以下の講師募集しています。
・医療事務管理士
・診療報酬請求事務能力認定試験
・調剤事務管理士

詳細は、こちらから
http://contentsbank.jp/

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, 資格by.kobayashiseira0 Comments2016.10.21
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ