SCORM技術者

SCROMとは

CATEGORIES eラーニング, SCORM, SCORMアセッサ, SCORM技術者by.m.nishimura0 Comments2011.05.15

eラーニングの国際標準規格のSCORMとは

プリンターとインクの関係に腹立ちを覚えることはありませんか。安価なインクジェットのプリンターを購入したら、すぐにインク代金の方が高くついて しまう。メーカー純正以外のものでは保証が受けられず、性能も心配。

一方、用紙のサイズは、規格が統一されているために、用紙を作っているメーカーやプリ ンターとの相性を心配せずに、安価に購入することができます。

SCORMという国際標準規格は、eラーニングシステムのメーカーと、教材メーカーの互換性 を保つために決められた規格です。

従来、プリンターとインクのようにメーカーを統一して導入する必要があったものが、国際標準規格により、教材とシステムは、プリンターと紙のように、それぞれ最適な物を購入し、自由に組み合わせをすればよくなりました。

株式会社キバンインターナショナルのSCORM対応製品

私たちのSmartBrainは、国際標準規格のSCORM1.2のテストに最高レベル(LMS-RTE3)で合格して います。eラーニングコンソシアムの試験で認証を受けています。そのため、安心してどのメーカーのSCORM教材でも安心してご利用いただけます。

また、PPT2Flash ProfessionalQuizCreatorDemoCreatorWebVideoAuthorLectureMAKERといった、私たち が販売している教材作成ツールでの互換性を保証しています。

SCORMとは

SCORMとは

第2回 SCORM技術者資格試験・講習会開催案内

第2回のSCORM技術者資格試験・講習会が開催されるそうです。申込締切は、2011年2月1日(火)となっていますが、先着20名までしか受講できないそうなので、興味のあるかたは早めに申し込みましょう。私は、講習日程周辺も函館で開発業務を行っている予定なので今回の参加は見送ることになりそうです。

本日、社内向け勉強会「納得!SCORM講座」基礎編をUstreamやLivestreamでライブ配信しましたので、そのアーカイブを公開いたします。(1分30秒くらいから開始します)

Watch live streaming video from kiban2 at livestream.com

今回は自社内の勉強会でしたが、ライブ配信のおかげで場所の制約を越え、弊社の北海道研究所でも同時に視聴できました。

▲SCORMの基礎について講義する湯川

▲SCORMの基礎について講義する湯川

パンダスタジオには、65インチディスプレイと、高画質で配信できる設備、会員限定視聴のシステム等、クローズドな環境で行う為のシステムも整っております。

ぜひ、社内研修などでもご利用頂ければと思います。

▼千代田区秋葉原のUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO パンダスタジオ】
スタジオの詳細・活動記録はfacebookファンページに公開していますので、ぜひご覧下さい。
http://facebook.com/pandastudio.tv

eラーニングの国際標準規格SCORMに関するミニセミナーを配信します。 ( パンダスタジオでやっている自社内の勉強会を配信しています。)

Livestreaming for Facebook で試験的に配信しています。Livestreaming for Facebookは、広告も表示されないので、快適に見ることができます。
http://www.facebook.com/pandastudio.tv?v=app_142371818162

「納得!SCORM講座」を開催。社内セミナーですが、概要を紹介する良い内容なので、急遽Ust配信することになりました。eラーニングの国際標準規格SCORMについて知りたい方、集合!

kiban2 on livestream.com. Broadcast Live Free

本日、日本eラーニングコンソシアム主催で第一回 SCORM技術者講習会が開催されました。 本日より、SCORMアセッサ資格はSCORM技術者資格と名前を変え、対応範囲もSCORM1.2のみからSCORM2004対応に拡大いたしました。実は、私自身もSCORMアセッサであり、SCORM技術者講習会に参加したかったのですが、教える側が試験を受けられるはずもなく、参加できませんでした。。。

ところで、皆さんはSCORMはご存知ですか? SCORMとは、米国の団体であるADLが規格を策定し、日本では日本eラーニングコンソシアム(eLC)が広めている国際標準規格です。弊社はeラーニングを専門としている企業ですので、弊社の製品群も当然これらの規格に準拠しています。SCORM規格についてもう少し詳しく知りたい方はこちら(http://elearning.co.jp/?page_id=735)をご覧ください。

また、私たちが販売しているLMS、SmartBrainも、SCORM1.2規格に準拠しております。こちらもぜひご覧いただければと存じます。

話がそれてしまいましたので、この辺で話を戻します。私が受け持ったのは「SCORM2004適合コンテンツの検証」というタイトルで、30分ほどの短い講義です。内容は、「SCORM2004 4th Edition TestSuite Version 1.1.1の使用方法」というもので、簡単にいうとコンテンツの適合試験ツールの使い方を解説するものでした。

第一回目の講習会ともあって、かなり手探り状態だったのですが、今回目指したのは「とにかくツールをインストールして使えるところまで引き上げる」というところで、その役目は十分果たせたのではないかと考えています。今回のために作成したドキュメントを、皆様にも見て頂ける状態にしておきます。Version1.1.1のインストールをまとめたドキュメントはあまり見かけませんので、是非参考にしてください。

SCORM1.2に完全対応の認証LMS  SmartBrain(スマートブレイン)の開発者としては、広く多くの方に、SCORMについての技術、知識を身につけて欲しいと思います。SCORM1.2に完全対応の認証LMS のイントラ版の製品を新しくリリースすることになりました。ASPサービスだけではなく、イントラ版LMSとしてもご利用いただければ、幸いです。