eラーニングコンテンツ

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

問34 法令上、ボイラー技士でなければ取り扱うことができないボイラーは、 次のうちどれか。

(1)伝熱面積が14m2の温水ボイラー

(2)伝熱面積が4m2の蒸気ボイラーで、胴の内径が800mm、かつ、その長さが1500mmのもの

(3)伝熱面積が30m2の気水分離器を有しない貫流ボイラー

(4)伝熱面積が3m2の蒸気ボイラー

(5)最大電力設備容量が60kWの電気ボイラー



2級ボイラー技士 講座

町田萌先生 による CFP 問題演習講座の収録を開始しました。
上記は、サンプル映像となります。

開講まで、今しばらくお待ちください。

※毎年出題される

原則

売主A=宅建業者
買主B=非宅建業者(消費者)

冷静さを欠く場所(例:温泉旅館)で
申し込み契約の締結をした。

Bが帰宅し、しまった!と思った場合
Bは、申し込みの撤回契約の解除が、無条件にできる

 

クーリングオフ制度の適用のない事務所(抜粋)

  1. 宅建業者の事務所
  2. 次に掲げる場所のうち、専任の宅建士を置くべきもの
     (イ)宅建業者の事務所以外の場所で継続的に業務を行なうことができる施設を有するもの
    (ロ)宅建業者が一団の宅地建物の分譲を案内所を設置して行なう場合にあっては、その案内所(土地に定着するものに限る)
    (ハ)他の宅建業者が代理・媒介を行なう場合にあっては、その業者の1.又は(イ)に該当するもの
  3. 相手方(買主)がその自宅又は勤務する場所で宅地又は建物の売買契約に関する説明を受ける旨を申し出た場合は、その相手方の自宅又は勤務する場所

 

申し込みの撤回等ができなくなる場合

  1. 申込者等が申し込みの撤回等を行なうことができる旨や申し込みの撤回等を行なう場合の方法について書面で告げられた場合/その告げられた日(当日を算入する)から起算して8日を経過したときは、その申込者等は申し込みの撤回等を行なうことができない。
  2. 物件の引渡しを受け、かつ、その代金の全部を支払ったときは、もはや契約の解除を行なうことはできない。
  3. 事務所等において、買受の申し込みをし/事務所等以外の場所において売買契約を締結した買主

 

申し込みの撤回等の方法

  1. 申し込みの撤回等の意思表示は書面により行なわなければならない。
  2. 申し込みの撤回等は、申込者等がその書面を発した時にその効力を生じる。

詳しい説明と問題演習はeラーニング宅建講座「まるで家庭教師」

宅建試験は、とにかく本試験問題をこなしていくことが大切です。

宅建講座「まるで家庭教師」では、○×クイズ、過去問の解説があり、問題の解き方を動画で抑えることができます。

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」
【今すぐ購入する】

サンプル講座

サンプル2(宅建業法/用語の定義/○×クイズ)

サンプル3(宅建業法/用語の定義/過去問)

eラーニング宅建講座「まるで家庭教師」詳細はこちら

行政書士合格集中講座
http://elearning.co.jp/?page_id=6528

行政書士合格集中講座 3分でプラス1問
初めての六法
株式会社ベリース 行政書士葛原先生

ITパスポート 過去問演習講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/i/0/1908/915/

企業におけるISMSの活動において,自社で取り扱う情報資産の保護に関する基本的な考え方や取組み方を示したものはどれか。

ア BCP

イ lSMS要求事項

ウ PDCA

工 情報セキュリティ方針



ITパスポート 過去問演習講座


2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

問32 鋼製ボイラー(貫流ボイラー及び小型ボイラーを除く。)の安全弁について、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

(1)ボイラー本体の安全弁は、ボイラー本体の容易に検査できる位置に直接取り付け、かつ、弁軸を鉛直にしなければならない。

(2)伝熱面積が50m2を超える蒸気ボイラーには、安全弁を2個以上備えなければならない。

(3)水の温度が120℃を超える温水ボイラーには、安全弁を備えなければならない。

(4)過熱器には、過熱器の入口付近に過熱器の圧力を設計圧力以下に保持することができる安全弁を備えなければならない。

(5)過熱器用安全弁は、胴の安全弁より先に作動するように調整しなければならない。



2級ボイラー技士 講座

【EXCEL上級】仕事で差がつくEXCEL TIPS
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/1769/825/

ITパスポート 過去問演習講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/i/0/1908/915/

テザリング機能をもつスマートフォンを利用した, PCのインターネット接続に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア PCとスマートフォンの接続は無線LANに限定されるので,無線LANに対応したPCが必要である。

イ 携帯電話回線のネットワークを利用するので安全性は確保されており, PCのウイルス対策は必要ない。

ウ スマートフォンをルータとして利用できるので,別途ルータを用意する必要はない。

エ テザリング専用プロトコルに対応したPCを用意する必要がある。



ITパスポート 過去問演習講座


2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

問31 ボイラーの伝熱面積の算定方法として、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

(1)水管ボイラーの耐火れんがでおおわれた水管の面積は、伝熱面積に算入しない。

(2)水管ボイラーのドラムの面積は、伝熱面積に算入しない。

(3)煙管ボイラーの煙管の伝熱面積は、煙管の内径側で算定する。

(4)貫流ボイラーの過熱管の面積は、伝熱面積に算入しない。

(5)立てボイラー(横管式)の横管の伝熱面積は、横管の外径側で算定する。



2級ボイラー技士 講座

ITパスポート 過去問演習講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/i/0/1908/915/

地球規模の環境シミュレーションや遺伝子解析などに使われており,大量の計算を超高速で処理する目的で開発されたコンピュータはどれか。

ア 仮想コンピュータ

イ スーパコンピュータ

ウ 汎用コンピュータ

エ マイクロコンピュータ



ITパスポート 過去問演習講座