【読むeラーニング】MOS Word 2013対策講座その38

※本来のeラーニング『MOS Word 2013対策講座』は動画でご受講頂くものですが、よりお気軽に内容をご理解いただけるよう、テキスト化してみました。どうぞご覧下さい。

2015-02-16_1349

滝口直樹先生
「それでは、操作の説明に入ります。

まず今回、改ページを入れたい場所を特定します。

こちらですね「やっぱり雨の日はお家で」ここから次のページにしたいので、カーソルを置くべき場所はこちらになります。

ここがポイントになりますね。

あとは、ページの区切り、改ページの入れ方ですが、「挿入」(タブ)から
「ページ」(メニュー内)の「ページ区切り」。

この方法とあとは、「ページレイアウト」(タブ)から「区切り」(メニュー内)の「改ページ」。

見た目としてはほぼイコールの状態、正直言うとここの操作についての区別というのはしていません。

ですので、どちらでも結構です。

ただ、今回クリックしてこれが正解になりますけれども、細かいことを言いますと実は今の方法では
改ページを置かれたここのスタイルが元々あったスタイルのまま維持になります。

「挿入」(タブ)の方から(ページ)区切りを入れますと、実は区切りを入れたこの場所が元々あったスタイルではなくて標準スタイルでページ区切りが入ってきます。

正直これをマイクロソフトが意図してそうしているのか微妙なところなんですけども、一応細かい違いとしてはそれがありますが、そこの違いについては問われませんのでどちらでやって頂いても結構です。

ここから強制的に次のページに行きましたよ、というのは理解しておいて下さい。」

(その37へ)

(その39へ)

『MOS Word 2013対策講座』 講座サンプル

本講座はスペシャリスト(一般)レベルの内容となります。Wordの基本的な機能に絞って学習していきますので、資格の取得に限らず、日々の業務等でWordを使用する方にもお勧めの講座となります。

ユーザ登録、有料受講のお申し込みはこちらからどうぞ。

下記よりユーザ登録、有料受講をお申し込み頂けます。また、サンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。
Webサイトhttp://elearning.co.jp/?page_id=15233
【今すぐ購入する】

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツby.yasu.tanaka2 Comments2015.02.20
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。