【読むeラーニング】MOS Word 2013対策講座その37

※本来のeラーニング『MOS Word 2013対策講座』は動画でご受講頂くものですが、よりお気軽に内容をご理解いただけるよう、テキスト化してみました。どうぞご覧下さい。

2015-02-16_1416

滝口直樹先生
「それでは続いて「改ページ」の問題に行きましょう。

今回比較的簡単ですね。

1ページ目の見出し「やっぱり雨の日はお家で」と、こちらが半端になっていますので
ここの見出しから次のページに行くように改ページを挿入して下さい。

こちら簡単ですので1分ほどでやっていただければと思います。

それではどうぞ。

(以下練習時間)

(練習時間終わり)

それではですね、1分経ちましたので解説していきたいと思います。

まずは「改ページ」に関するポイントです。

意味としてはお分かりのとおりですね、任意の位置で強制的に次のページにすること、そういった区切りを入れるのが「改ページ」という作業になります。

次のページにしたい箇所の直前にカーソルを置いて実行すればそこから次のページに行きます。

一つポイントとしてはもしも、次のページにしたい箇所が箇条書き、要するに前に番号とか、記号などが付いている場合には、記号や番号の前にカーソルを置くことが残念ながら出来ません。

そういった場合には、その番号の直後、要するに我々が手で入力をしている範囲での一番前、そちらにカーソルを置いて実行して下さい。

後ですね、厳密に言うと実は「改ページ」というボタンと「ページ区切り」というボタン、同じようなボタン2つ用意されているんですが、厳密にいうと違います。

ただですね、意味合いとしては同じものというふうに理解をして頂いて結構です。

これについては後ほど見てみたいと思います。

それでは、操作の方を確認していきたいと思います。」

(その36へ)

(その38へ)

『MOS Word 2013対策講座』 講座サンプル

本講座はスペシャリスト(一般)レベルの内容となります。Wordの基本的な機能に絞って学習していきますので、資格の取得に限らず、日々の業務等でWordを使用する方にもお勧めの講座となります。

ユーザ登録、有料受講のお申し込みはこちらからどうぞ。

下記よりユーザ登録、有料受講をお申し込み頂けます。また、サンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。
Webサイトhttp://elearning.co.jp/?page_id=15233
【今すぐ購入する】

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツby.t1 Comments2015.02.19
記事の投稿者
 

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ