タグ別アーカイブ: 気象予報士試験
てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

【バナナシュート高気圧を見てみよう!】
ラジオっぽいTV!より~
850hPaの実況天気図が4月1日00zから暖候期バージョン、3度間隔になりました.
気づきましたか?
前線が見えやすくなりました。
500hPaは6度間隔ですが、5月になると3度間隔になりますね。まだ上空は冬だということでしょうか。

実況天気図を見ると、東海上の高気圧がバナナシュートみたいにになってませんか。
そのあたり、先生と一緒に見てみましょう。続きは、こちらから。

https://youtu.be/9FxcZvDdiU8
ラジオっぽいTV!1671(今日から天気図も暖候期!)

:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜

てんコロ。のラジオっぽいTV!は毎日更新されていて、天気図解説も満載。佐々木先生の明るさが気象予報士試験勉強のエネルギー源になるとか。そんな佐々木先生の気象予報士講座 是非お試しください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

本日の用語チェックは前回に引き続き、てんコロ。気象予報士講座第17章 警報注意報より「流域雨量指数」についてです。

流域雨量指数は、
河川の流域に降った雨水が、どれだけ下流の地域に影響を与えるかを指数化したものです。
大雨によって発生する河川の増水や氾濫などの洪水災害は、流下してくる雨水の量が多いほど発生の可能性が高く、
かつ、上流の降雨が下流に集まるまでの 時間差も考慮しなければなりません。

それらを踏まえた新たな指標が「流域雨量指数」で、 各地気象台が発表する洪水警報・注意報の発表基準に使用しています。

<流域雨量指数の指数化の方法> 土壌雨量指数と同様、これまで降った雨のデータ、つまり解析雨量と、
今後数時間で降ると予想される雨量、つまり降水短時間予報の雨量データから流出過程流下過程を計算し、指数化したものです。

いかがでしたでしょうか。

eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

緊急地震速報が3月22日(木)から変更になりましたが、日々、身近に出される自然災害を防ぐための警報、注意情報は沢山あるのはご存じのとおりです。本日は、てんコロ。気象予報士講座第17章より「注意報・警報の種類」を確認してみましょう。

気象庁では、対象となる現象や災害の内容によって、7種類の警報16種類の注意報を発表しています。
警報は、大雨、大雪、暴風、暴風雪、洪水、波浪、高潮警報の7種類、
注意報は、大雨、大雪、強風、風雪、洪水、波浪、高潮、雷、濃霧、霜、なだれ、融雪、着氷、着雪、乾燥、低温注意報があります。

7種のうち以下4種類が「気象警報」
<大雨警報>
大雨により、重大な災害(浸水や土砂災害)が発生する恐れがあると予想される場合に発
表される。
<大雪警報>
大雪により、重大な災害が発生する恐れがあると予想される場合に発表される。
<暴風警報>
暴風により、重大な災害が発生する恐れがあると予想される場合に発表される。
<暴風雪警報>
雪を伴う暴風により、重大な災害が発生する恐れがあると予想される場合に発表される。
(「大雪と暴風」の意味はない。大雪により重大な災害が発生する恐れに対しては、あくま
でも「大雪警報」が発表される)

16種のうち以下13種類が「気象注意報」
<大雨注意報>
大雨により、災害(浸水や土砂災害)が発生する恐れがあると予想される場合に発表され
る。
<大雪注意報>
大雪により、災害が発生する恐れがあると予想される場合に発表される。
<強風注意報>
強風により、災害が発生する恐れがあると予想される場合に発表される。
<風雪注意報>
雪を伴う強風により、災害が発生する恐れがあると予想される場合に発表される。(「大雪
と強風」の意味はない。大雪により災害が発生する恐れに対しては、あくまでも「大雪注
意報」が発表される)
<濃霧注意報>
濃い霧により、災害(交通機関に著しい障害)が発生する恐れがあると予想される場合に
発表される。
<雷注意報>
雷により、災害(落雷、雷に伴うひょう、突風など)が発生する恐れがあると予想される
場合に発表される。
<乾燥注意報>
空気の乾燥により、災害(火災の危険)が発生する恐れがあると予想される場合に発表さ
れる。
<なだれ注意報>
なだれにより、災害が発生する恐れがあると予想される場合に発表される。
<着氷注意報>
著しい着氷により、災害(船体への着氷)が発生する恐れがあると予想される場合に発表
される。
<着雪注意報>
著しい着雪により、災害(通信線や送電線などに被害)が発生する恐れがあると予想され
る場合に発表される。
<融雪注意報>
融雪により、災害(洪水、浸水、土砂災害など)が発生する恐れがあると予想される場合
に発表される。
<霜注意報>
霜により、災害(早霜、晩霜などで農作物に著しい被害)が発生する恐れがあると予想さ
れる場合に発表される。
<低温注意報>
低温により、災害(農作物への著しい被害、水道管の凍結や破裂)が発生する恐れがある
と予想される場合に発表される。

いかがでしたでしょうか。

ちなみに、冒頭で述べました緊急地震速報PLUM法のページは、こちらから。
気象庁ページ  http://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/nc/plum/index.html

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座には、ミニ講座もたくさんあります。その一つ、実技尾まで講座「気象庁のHPを見よう」という講座の一部をご紹介いたします。

アメダスのデータぱページから図をコピーして等値線を書く練習をしてみましょう。
以下のページがアメダスのページです。
http://www.jma.go.jp/jp/amedas/

(以下てんコロ。気象予報士講座より)
等値線を書く練習に過去問を使うのもいいのですが、そのうち覚えてしまいます。
ので、新しいお題で、毎日コピーし、練習してみましょう。

簡単でいいのです。
10度8度6度など、2度ごとの等値線を引いてみます。2、3本でいいのです。コピーしたものに色鉛筆で毎日書きます。

なぜこの練習がよいのか。

●寒気が溜まっている所はあるか? 発見することができます。

●風との対応はどうか?ということが分かってきます。

例えば、
関東地方、南西風吹きにくい。なぜなら山があるからです。
南西風が吹いて、気温が上がりますよって予想したものの、東京まで吹いてこなくて東京は気温が上がりませんでした。。ということもままあります。

このように風により、地域特性が分かるようになるのです。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
この講座では、他以下のことを紹介しています。
・日本付近の実況を把握する。
・注意報、警報を自然と覚える。
・平年と比べるため過去の記録を確認する。
・過去の自然災害記録がまとめられているので、実技試験にとても役に立つ。
キッズ向けページの「はれるんランド」はこれから勉強始める人にすごーくおススメ。らしいです。
↓↓
http://www.jma.go.jp/jma/kids/index.html

机上の試験勉強のみならず、生の情報教えてくれる佐々木恭子先生の気象予報士講座、是非、サンプル講座も一度ご視聴ください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

48回気象予報士試験に合格した奥山さんは小学校の先生。
防災授業について佐々木先生がうかがっています。意識高い系の小学生の意見を聞いてみましょう。
(ラジオっぽいTV!より)
小学校での防災の授業にて、
キャンプ場に行った時、防災を考えないといけない状況になった。
積乱雲が発達してきたのが確認でき、雷注意報も出された時に(雷注意報についてはすでに学んでいる。)、
川沿いにこれからキャンプを始めようと準備を始めた人たちがいた。
その時、君たちはどうしますか?

「積乱雲がでてきたから危険だよ」と川沿いの人たちに直接声をかけますか。
自分達だけ高台のキャンプセンターに避難しますか。

授業を受けていた子どもたちの意見は違うものでした。
是非、全容をご覧ください。

https://youtu.be/1C6eIt3A5F4

:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜

てんコロ。のラジオっぽいTV!は毎日更新されていて、天気図解説も満載。佐々木先生の明るさが気象予報士試験勉強のエネルギー源になるとか。そんな佐々木先生の気象予報士講座 是非お試しください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

本日は花粉光環(花粉光冠)について「虹使い」綾塚さんにお話を聞く。のご紹介です。

花粉光環は太陽光が花粉で回折することによってみえる光の環が虹色に見える現象ですが、

雨上がりの晴れた状態は
花粉以外の邪余計なちり、砂埃がなく、花粉が多いのでよく見えるそうです。

花粉がもうすでに飛び始めて、いやな季節が来たなと思われている皆さんも花粉によって見える「大気光象」に出会えたら少しの間いやな気分を忘れさせてくれたらいいですね。
この現象の詳しい解説はこちらから。
てんコロ.のごいすぅTV!897(花粉シーズンにテンションMAX!のまさに花粉の話!④)

:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜

てんコロ。のラジオっぽいTV!は毎日更新されていて、天気図解説も満載。佐々木先生の明るさが気象予報士試験勉強のエネルギー源になるとか。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

本日の用語チェックは、「山雪型」です。てんコロ。気象予報士講座 第16章総合気象、メソスケール気象からです。

山雪型は、季節風の吹き出しが強まって日本海を吹き渡り始めると、暖かい海水面上で下から暖められ(顕熱の補給)、水蒸気を補給され(潜熱の補給)、その気流が脊梁山脈にぶつかって、主に山岳部に大雪をもたらします。
太平洋側には水分が減った乾いた風が吹き下りてきます。

いわゆる「冬型」の天気図は「山雪型」で、キレイな筋状の雲を形成します。衛星画像を見て分かるように、
季節風は太平洋側の地域では空っ風となり晴れ間をもたらしています。

しかし、海上に出ると再び積雲が再発達し始めて、太平洋側の海上にも筋状の雲ができているのが分かります。
また、北西風が通り抜けやすい所も分かります。
例えば、関東の平野部では冬型ではほとんど雪は降りませんが、
名古屋付近は敦賀湾を抜けて関ヶ原を通り抜けて雪雲が進入することができるため、冬型でも雪が降るのです。

筋状の雲があるときは、雲画像をみて、どこに流れているのかをみるといいですね。

いかがでしたでしょうか。
eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

本日は、「作図がうまくできません」という質問への佐々木先生の回答です。
ラジオっぽいTV!133(寒い夜は…前線解析について考えてみませんか?)より。

質問「作図がうまくいきません。特に、等値線とか前線。」

回答

鍛錬です。

前線解析
ルールにのっとって書けば問題ないと思います。

賛否両論出る問題はでません。

神経質になる必要はないと思います。

天気図は、大雑把にみるところ、繊細に解析すべきところがあるので、慣れることです。

前線の引き方は、

まず850hPaの天気図で解析。
等相当温位線の集中帯の南縁に沿って。
「とうそうとうおんいせんのしゅうちゅうたいのなんえん」

風向風速もみて、境目に引く。

次に、地上の天気図で解析。
等圧線、風向風速。降水域。

矛盾がなかったら、ズバット引くのが大切だと思います。

いかがでしたでしょうか。
詳しい回答はこちらから。
ラジオっぽいTV!133(寒い夜は…前線解析について考えてみませんか?)

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

今年は、最強寒波とういう言葉をよく気がします。天気予報でも聞かれるようになったJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)が本日の用語チェックです。簡単に確認しておきましょう。

てんコロ。気象予報士講座第16章 総観気象、メソスケール気象 -> 降雪(大雪)より。

平野部に大雪をもたらす里雪型の時は、特に「JPCZ」に伴う活発な対流雲列が発生することが多く、
その先端部が到達した地域にはしばしば大雪がもたらされます。

JPCZ とは、
日本海寒帯気団収束帯のことです。
季節風が大陸の白頭山によって分流し、日本海で再び合流することで形成されます。ひときわ強く、
活発な対流雲が帯状をなします。
また、JPCZ上には小低気圧(メソスケールの渦状擾乱)が発生することがあり、これが陸地に上陸すると、
局地的な大雪、突風、雷など激しい現象が発生する可能性があります

天気図だけでなく雲画像をチェックすると理解が深まるそうです。
いかがでしたでしょうか。
eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

本日は、「カルマン渦,試験後も渦を見つめようよ」ということです。

~ラジオっぽいTV!1609より~
気流を作ってみてみよう。
<用意するもの>
バッド
牛乳

墨汁(絵具)
割りばしなどの棒

可視画像も見れる全容はこちらから。
https://youtu.be/0JttrzWl1yE
:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜

てんコロ。のラジオっぽいTV!は毎日更新されていて、天気図解説も満載。佐々木先生の明るさが気象予報士試験勉強のエネルギー源になるとか。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O