「気象庁のHPを見てみよう」のご紹介 てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座には、ミニ講座もたくさんあります。その一つ、実技尾まで講座「気象庁のHPを見よう」という講座の一部をご紹介いたします。

アメダスのデータぱページから図をコピーして等値線を書く練習をしてみましょう。
以下のページがアメダスのページです。
http://www.jma.go.jp/jp/amedas/

(以下てんコロ。気象予報士講座より)
等値線を書く練習に過去問を使うのもいいのですが、そのうち覚えてしまいます。
ので、新しいお題で、毎日コピーし、練習してみましょう。

簡単でいいのです。
10度8度6度など、2度ごとの等値線を引いてみます。2、3本でいいのです。コピーしたものに色鉛筆で毎日書きます。

なぜこの練習がよいのか。

●寒気が溜まっている所はあるか? 発見することができます。

●風との対応はどうか?ということが分かってきます。

例えば、
関東地方、南西風吹きにくい。なぜなら山があるからです。
南西風が吹いて、気温が上がりますよって予想したものの、東京まで吹いてこなくて東京は気温が上がりませんでした。。ということもままあります。

このように風により、地域特性が分かるようになるのです。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
この講座では、他以下のことを紹介しています。
・日本付近の実況を把握する。
・注意報、警報を自然と覚える。
・平年と比べるため過去の記録を確認する。
・過去の自然災害記録がまとめられているので、実技試験にとても役に立つ。
キッズ向けページの「はれるんランド」はこれから勉強始める人にすごーくおススメ。らしいです。
↓↓
http://www.jma.go.jp/jma/kids/index.html

机上の試験勉強のみならず、生の情報教えてくれる佐々木恭子先生の気象予報士講座、是非、サンプル講座も一度ご視聴ください。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2018.03.14
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。