タグ別アーカイブ: 伊藤亮太

こんにちは。

キバンインターナショナル、アルバイトの西谷です。
勉強分野の広い証券外務員試験には様々な用語が出てきます。
そこでこの用語解説シリーズでは、証券外務員試験で重要な用語を音声つきで解説していきます。

音声は約1分間の用語解説ですので、ぜひ隙間時間の学習にご活用ください。

今日の用語:証券投資信託の運用手法


(この合成音声はPPT2voiceを使用して作成しました。http://ppt2voice.jp/
実際の講座は、合成音声ではなく、先生のビデオ講義になります。下記サンプル動画をご覧ください。)

(用語解説)
証券投資信託の運用手法は、大きくインデックス運用とアクティブ運用に分かれます。

インデックス運用とは、日経平均株価などのインデックスをベンチマークとし、ベンチマークにできるだけ近い運用成果を目指す方法です。
アクティブ運用とは、多方面の調査・分析を行い、ベンチマークを上回る運用成果を目指す手法です。

アクティブ運用には、マクロ経済に対する調査・分析に基づいてポートフォリオを組成するトップダウン・アプローチと、個別企業に対する調査に基づいてポートフォリオを組成するボトムアップ・アプローチの2つの手法があります。

 

伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種 講座サンプル

証券外務員試験対策のeラーニング講座です。下記よりサンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。無料ユーザ登録、有料受講もこちらからどうぞ。
WebサイトURL:http://gaimu.elearning.co.jp/?page_id=15
 

伊藤亮太先生の証券外務員試験対策問題集も好評発売中!

こんにちは。

キバンインターナショナル、アルバイトの西谷です。
勉強分野の広い証券外務員試験には様々な用語が出てきます。
そこでこの用語解説シリーズでは、証券外務員試験で重要な用語を音声つきで解説していきます。

音声は約1分間の用語解説ですので、ぜひ隙間時間の学習にご活用ください。

今日の用語:証券投資信託の投資制限


(この合成音声はPPT2voiceを使用して作成しました。http://ppt2voice.jp/
実際の講座は、合成音声ではなく、先生のビデオ講義になります。下記サンプル動画をご覧ください。)

(用語解説)
「証券投資信託」と称するためには、投資信託財産の総額の2分の1を超える額については、有価証券等に対する投資として運用しなければなりません。

1社の投資信託委託会社が運用している投資信託財産の合計で、同一法人の発行する株式を50%超を保有することは禁止されています。
また、投資信託財産に組み入れられる投資信託証券は原則純資産の5%を超えてはなりません。

 

伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種 講座サンプル

証券外務員試験対策のeラーニング講座です。下記よりサンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。無料ユーザ登録、有料受講もこちらからどうぞ。
WebサイトURL:http://gaimu.elearning.co.jp/?page_id=15
 

伊藤亮太先生の証券外務員試験対策問題集も好評発売中!

こんにちは。

キバンインターナショナル、アルバイトの西谷です。
勉強分野の広い証券外務員試験には様々な用語が出てきます。
そこでこの用語解説シリーズでは、証券外務員試験で重要な用語を音声つきで解説していきます。

音声は約1分間の用語解説ですので、ぜひ隙間時間の学習にご活用ください。

今日の用語:投資信託の分類


(この合成音声はPPT2voiceを使用して作成しました。http://ppt2voice.jp/
実際の講座は、合成音声ではなく、先生のビデオ講義になります。下記サンプル動画をご覧ください。)

(用語解説)
委託者指図型投資信託とは、委託者(投資信託委託会社)と受託者(信託銀行)との間で締結された投資信託契約に基づき、投資信託財産を委託者の指図通りに運用し、その受益権を分けて受益証券として投資者に取得させる仕組みのものです。
資金の出し手である投資家が投資信託の受益者になります。

一方で、委託者非指図型の投資信託とは、委託者の指図によらずに、受託者自らが運用を行う投資信託のことです。

 

伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種 講座サンプル

証券外務員試験対策のeラーニング講座です。下記よりサンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。無料ユーザ登録、有料受講もこちらからどうぞ。
WebサイトURL:http://gaimu.elearning.co.jp/?page_id=15
 

伊藤亮太先生の証券外務員試験対策問題集も好評発売中!

こんにちは。

キバンインターナショナル、アルバイトの西谷です。
勉強分野の広い証券外務員試験には様々な用語が出てきます。
そこでこの用語解説シリーズでは、証券外務員試験で重要な用語を音声つきで解説していきます。

音声は約1分間の用語解説ですので、ぜひ隙間時間の学習にご活用ください。

今日の用語:着地取引


(この合成音声はPPT2voiceを使用して作成しました。http://ppt2voice.jp/
実際の講座は、合成音声ではなく、先生のビデオ講義になります。下記サンプル動画をご覧ください。)

(用語解説)
着地取引とは、将来の一定時期に一定の条件で債券を受渡しすることをあらかじめ約束する売買取引のことです。約定日から1ヶ月以上先に受渡しする場合をいい、約定日から受渡しまでの期間が6ヶ月を超えることはできません。

着地取引の顧客は、上場会社またはこれに準ずる法人であり、経済的・社会的に信用のある者に限られます。

着地取引の対象となる債券は、国債、地方債、政府関係機関債などであり、新株予約権付社債は除かれます。

 

伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種 講座サンプル

証券外務員試験対策のeラーニング講座です。下記よりサンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。無料ユーザ登録、有料受講もこちらからどうぞ。
WebサイトURL:http://gaimu.elearning.co.jp/?page_id=15
 

伊藤亮太先生の証券外務員試験対策問題集も好評発売中!

こんにちは。

キバンインターナショナル、アルバイトの西谷です。
勉強分野の広い証券外務員試験には様々な用語が出てきます。
そこでこの用語解説シリーズでは、証券外務員試験で重要な用語を音声つきで解説していきます。

音声は約1分間の用語解説ですので、ぜひ隙間時間の学習にご活用ください。

今日の用語:入替売買


(この合成音声はPPT2voiceを使用して作成しました。http://ppt2voice.jp/
実際の講座は、合成音声ではなく、先生のビデオ講義になります。下記サンプル動画をご覧ください。)

(用語解説)
入替売買とは、ある投資家が保有銘柄を売却し、別の銘柄を購入する等、同時に売り買いを約定することです。

金利低下が予想される場合は、短期債を長期債に入れ替える売買がされます。なぜなら、短期債よりも長期債の方が金利変化に対する価格変動性が大きいため、長期債を保有するほうが金利低下による債券価格上昇のメリットを受けやすくなるからです。
一方で、金利上昇が予想される場合は、長期債を短期債に入れ替える売買がされます。

 

伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種 講座サンプル

証券外務員試験対策のeラーニング講座です。下記よりサンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。無料ユーザ登録、有料受講もこちらからどうぞ。
WebサイトURL:http://gaimu.elearning.co.jp/?page_id=15
 

伊藤亮太先生の証券外務員試験対策問題集も好評発売中!

こんにちは。

キバンインターナショナル、アルバイトの西谷です。
勉強分野の広い証券外務員試験には様々な用語が出てきます。
そこでこの用語解説シリーズでは、証券外務員試験で重要な用語を音声つきで解説していきます。

音声は約1分間の用語解説ですので、ぜひ隙間時間の学習にご活用ください。

今日の用語:割引債


(この合成音声はPPT2voiceを使用して作成しました。http://ppt2voice.jp/
実際の講座は、合成音声ではなく、先生のビデオ講義になります。下記サンプル動画をご覧ください。)

(用語解説)
割引債とは、発行時に、あらかじめ額面金額から一定の金額を差し引いた金額で発行される債券のことです。債券の購入者は、その金額を支払いますが、償還時には額面金額の支払いを受けます。

利付債のようなクーポンはなく、償還差益のみが利益として得られます。
 

伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種 講座サンプル

証券外務員試験対策のeラーニング講座です。下記よりサンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。無料ユーザ登録、有料受講もこちらからどうぞ。
WebサイトURL:http://gaimu.elearning.co.jp/?page_id=15
 

伊藤亮太先生の証券外務員試験対策問題集も好評発売中!

こんにちは。

キバンインターナショナル、アルバイトの西谷です。
勉強分野の広い証券外務員試験には様々な用語が出てきます。
そこでこの用語解説シリーズでは、証券外務員試験で重要な用語を音声つきで解説していきます。

音声は約1分間の用語解説ですので、ぜひ隙間時間の学習にご活用ください。

今日の用語:利付債と経過利子


(この合成音声はPPT2voiceを使用して作成しました。http://ppt2voice.jp/
実際の講座は、合成音声ではなく、先生のビデオ講義になります。下記サンプル動画をご覧ください。)

(用語解説)
利付債とは、毎年決まった日に利子が支払われる債券で、利払いのための利札(クーポン)が券面に付いています。通常支払いは年に2回です。

利付債の利子は、利払い日以外には支払われないため、債券を利払い日より前に売却すると、売り手は債券の発行体から利子を受け取ることができなくなります。
一方で債券を途中で購入した者は、次の利払い日に半年分の利子を受け取ることになります。このような不合理を解消するために、売り手と買い手の間で経過利子の受け渡しがされます。

経過利子とは、直前の利払い日の翌日から、債券の受渡日までの期間に相当する利子のことで、債券の買い手から売り手に支払われます。

 

伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種 講座サンプル

証券外務員試験対策のeラーニング講座です。下記よりサンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。無料ユーザ登録、有料受講もこちらからどうぞ。
WebサイトURL:http://gaimu.elearning.co.jp/?page_id=15
 

伊藤亮太先生の証券外務員試験対策問題集も好評発売中!

こんにちは。

キバンインターナショナル、アルバイトの西谷です。
勉強分野の広い証券外務員試験には様々な用語が出てきます。
そこでこの用語解説シリーズでは、証券外務員試験で重要な用語を音声つきで解説していきます。

音声は約1分間の用語解説ですので、ぜひ隙間時間の学習にご活用ください。

今日の用語:自己資本利益率(ROE)


(この合成音声はPPT2voiceを使用して作成しました。http://ppt2voice.jp/
実際の講座は、合成音声ではなく、先生のビデオ講義になります。下記サンプル動画をご覧ください。)

(用語解説)
自己資本利益率(ROE)とは、株主が会社に投下した資金(自己資本)が、企業の収益にどれだけつながったのかを示す指標です。
自己資本利益率(ROE)が高い会社ほど、自己資本を効率よく使って利益を上げているといえます。

自己資本利益率(ROE)=(当期純利益/自己資本(期首・期末の平均))*100 [%] 

例:
自己資本が期首10億円、期末12億円、当期純利益が1.1億円の自己資本収益率を求めます。
自己資本(期首、期末平均)=(10億円+12億円)/2=11億円
自己資本利益率(ROE)=(1.1億円/11億円)*100=10 [%]

 

伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種 講座サンプル

証券外務員試験対策のeラーニング講座です。下記よりサンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。無料ユーザ登録、有料受講もこちらからどうぞ。
WebサイトURL:http://gaimu.elearning.co.jp/?page_id=15
 

伊藤亮太先生の証券外務員試験対策問題集も好評発売中!

こんにちは。

キバンインターナショナル、アルバイトの西谷です。
勉強分野の広い証券外務員試験には様々な用語が出てきます。
そこでこの用語解説シリーズでは、証券外務員試験で重要な用語を音声つきで解説していきます。

音声は約1分間の用語解説ですので、ぜひ隙間時間の学習にご活用ください。

今日の用語:株価純資産倍率(PBR)


(この合成音声はPPT2voiceを使用して作成しました。http://ppt2voice.jp/
実際の講座は、合成音声ではなく、先生のビデオ講義になります。下記サンプル動画をご覧ください。)

(用語解説)
株価純資産倍率(PBR)とは、株価が1株あたり純資産の何倍まで買われているかを示す指標です。
純資産とは、企業の持っている総資産から借入金や社債などの負債を差し引いたものです。
株価純資産倍率が1倍以下の会社は割安と判断されます。

株価純資産倍率(PBR)=株価/1株あたり純資産

例:
総資産が100億円、総負債が40億円、発行済株式数が5000万株、株価が360円の会社の株価純資産倍率を求めます。
純資産=総資産-総負債=100-40=60(億円)

1株あたり純資産=純資産/発行済株式数=60億円/5,000万株=120(円)
株価純資産倍率(PBR)=360/120=3(倍)

 

伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種 講座サンプル

証券外務員試験対策のeラーニング講座です。下記よりサンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。無料ユーザ登録、有料受講もこちらからどうぞ。
WebサイトURL:http://gaimu.elearning.co.jp/?page_id=15
 

伊藤亮太先生の証券外務員試験対策問題集も好評発売中!

こんにちは。

キバンインターナショナル、アルバイトの西谷です。
勉強分野の広い証券外務員試験には様々な用語が出てきます。
そこでこの用語解説シリーズでは、証券外務員試験で重要な用語を音声つきで解説していきます。

音声は約1分間の用語解説ですので、ぜひ隙間時間の学習にご活用ください。

今日の用語:株価収益率(PER)


(この合成音声はPPT2voiceを使用して作成しました。http://ppt2voice.jp/
実際の講座は、合成音声ではなく、先生のビデオ講義になります。下記サンプル動画をご覧ください。)

(用語解説)
株価収益率(PER)とは、株価が1株あたり当期純利益の何倍まで買われているかを示す指標です。
同業他社と比較して、株価収益率が高いほど割高、低いほど割安であるといえます。

株価収益率(PER)=株価/1株あたり当期純利益

例:
当期純利益が10億円、発行済株式数が2億株、株価が110円の会社の株価収益率を求めます。
1株あたり当期純利益=当期純利益/発行済株式数=10億円/2億株=5(円)
株価収益率(PER)=110/5=22倍

 

伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種 講座サンプル

証券外務員試験対策のeラーニング講座です。下記よりサンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。無料ユーザ登録、有料受講もこちらからどうぞ。
WebサイトURL:http://gaimu.elearning.co.jp/?page_id=15
 

伊藤亮太先生の証券外務員試験対策問題集も好評発売中!