タグ別アーカイブ: タブレット
勉強法も教えてくれます。「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」

eラーニングとテキストの併用(イメージ)

復習のタイミング~忘却曲線

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。

皆さん、忘却曲線ってっ知っていますか?

wikipediaによると、忘却曲線(ぼうきゃくきょくせん)は、記憶の中でも特に中期記憶(長期記憶)の忘却を表す曲線。特に心理学者のヘルマン・エビングハウスによるものが有名で、1日の間に急激な忘却が起こるが、その後の忘却は緩やかに起こるそうです。

ということは、1日のうちの忘れそうになる前に、もう一度復習すればすぐに思い出せるので、覚えるときもスッと頭の中に入ってきますね。

eラーニングの講義は、何回でも繰り返し聞けるので、繰り返し学習に最適です。

「繰り返し勉強法」、アフロ先生登販講座での計画例

私のおすすめは、

今日は「薬害」明日は「医薬品の副作用」といった風に、
1日中、同じ内容の講義を何回も繰り返して聞きます。
1度受けた講義を、その日に何回も復習している感覚です。

同じ動画なので、動画を読み込む時間の短縮にもなりますね。


時間割としての例は

試験開始まで早い都道府県で8月の末。
たとえば6月から勉強開始したとしても、
120タイトル弱ある、アフロ先生の講義は、
1日2タイトルの講義を繰り返し聞き流すと、2か月で終了

残りの1か月を、過去問にあてる。(過去問に特化した講座は「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座アドバンス」)

一つの勉強法として、ご参考ください。

繰り返しeラーニング学習でおススメなのは「レンタルタブレット」


・沢山繰り返し受講したいが、通信料が心配
電波のないところでも隙間時間で聞きたい
・何度も見るので、読み込み時間ほぼナシでサクサク見たい
といった方にお勧めです。
>>レンタルタブレットの詳細はコチラ

 

●こんな方におすすめ!
(eラーニング動画のインターネットに接続による)
月々のインターネット通信量が、制限にかかりお困りの方。

●どんなサービス?
・受講中の講座が
・タブレットに保存されて
・送られてくる!

つまり、インターネット接続不要!

●選べるサイズと期間!
・サイズ:
大きく見やすい10インチ! or 持ち運びに便利な7インチ!
(※2017年1月8日現在、貸出可能な在庫は7インチのみとなります。)

・期間:
30日、60日、90日、120日
(期間の延長も可能)

●詳細・お申し込み
http://www.elearning.co.jp/ で「タブレット」で検索!
※別途、eラーニング講座のお申込が必要となります。

eラーニングのことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp


▲Androidでキバンインターナショナルのラーニング・マネジメント・システム SmartBrain http://smartbrain.info/ が動作する様子。

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2011年9月9日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0054

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

日本国内でAndroidのシェアがiPhoneを抜いたという話題から数カ月。「Androidで動画が思ったように動いてくれない!」というお問い合わせを数々頂きました。

そこで今回は、Androidで動画が再生できない場合の対処法についてご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. Androidで動画が再生できない!?
2. 原因その1:プレイヤー
3. 原因その2:メタ情報
4. 原因その3:データ量
5. eラーニング動画:MP4Boxマニュアル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●iPhone、iPad、PC、ブラウザを選ばず学習できる
LMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込)
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info/

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】Android動画の作成と再生

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Androidで動画が再生できない!?

Androidを搭載したスマートフォンやタブレットデバイスは、PCと同じように、機種により仕様が異なります。

当然、iPhoneでは再生できる動画がAndroidでは再生できないということも起こりますし、他のAndroid端末で再生できた動画が他の端末では再生できないということも起こりえます。

まず、Android向けの動画を作成する際の、おすすめ動画形式は、.mp4です。

理由は、動画形式にはいろいろな種類がありますが、.mp4は、PC、Androidスマートフォン、iPhone、Androidタブレット、iPadどれでも対応可能な為です。

しかし、.mp4なら再生できるかと言えば、必ずしもそうでもない場合が多々ありますので、その原因を見ていきましょう。

●原因1:動画プレイヤー

Android端末は数多くの機種がありますが、動画を閲覧できるプレイヤーがインストールされていないこともあります。また、プレイヤーがインストールされていても、見たい動画の形式に対応していないと、やはり再生することはできません。

そんなときは、新たに動画プレイヤーをインストールしましょう。
動画プレイヤーにもいくつもの種類があり、それぞれに特徴があります。

ここでは、一通りの動画を再生でき、無料で利用できる『Rock Player Lite』というアプリを入手してインストールするやり方をご紹介します。(ご利用は自己責任でお願い致します。)

手順1. Android market https://market.android.com/?hl=ja(またはアプリ)にアクセス。
手順2. Rock Player Liteで検索。
手順3. 「インストール」の下にある「無料」をタップ。
手順4. 「OK」をクリック。

これで、次回動画を再生するときに、動画がプレイヤーに対応した形式であれば、どのプレイヤーで閲覧するか、選択する画面が表示されます。

●原因2:メタデータ(メタ情報)

メタデータが原因で動画が再生されないこともあります。

メタデータとは聞きなれない言葉ですね。いったいメタデータとは何なのでしょうか。

===
メタデータとは、データについてのデータ。あるデータそのものではなく、そのデータに関連する情報のこと。データの作成日時や作成者、データ形式、タイトル、注釈などが考えられる。データを効率的に管理したり検索したりするために重要な情報である。文書や画像などを保存するファイル形式の多くは、ファイルの先頭にメタデータを格納し、続いてデータ本体を格納するようにできている。
(IT用語辞典より引用)
===

MP4Box http://www.videohelp.com/tools/mp4box というフリーソフト(PC用ソフトです)を利用すれば、Android向けにメタデータを書き換えることができます。(ご利用は自己責任でお願い致します。)

MP4Boxの使い方は、今週のeラーニング教材でご紹介致します。
(このメルマガの最後でご紹介します)

7月1日にacerから発売されたICONIA TAB A500-10S16(アイコニア タブ A500-10S16)が函館事務所にやって来ました。

「acer iconia tab a500」

折角なので、iPadと比べてみました。大きさはiPadとほぼ同じで、薄さも旧型iPadよりも少し厚いくらいです。厚い分重さはややICONIA TABの方が重いです。

左から、iPad、ICONIA TAB、Garaxy Tab

なにより特徴的なのは、Android3.0での新しいインタフェースです。ホーム画面も広くなり、かっこ良くなりました。

ICONIA TABのホーム画面

早速SmartBrainでクイズを動かしてみました。Android3.0のクイズはSmartBrain1.14.3以降対応しております。

クイズ機能を動かしてみた

画面の幅は調節が必要ですが問題なく動かすことが出来ます。Android端末での学習はフリック移動がおすすめです。

 

また、文字入力も日本語IMEのSIMEJIが入っているので打ち込みやすいです。

日本語キーボードSIMEJI

本日(3/4)、ZTEジャパン株式会社から、7インチのタブレットを発売しました。
その名前は「ZTE Light Tab」です。
その情報を知っていた弊社の社長が今朝、早速会社に出社前に並んで買って来ました。

大きさは、サムスンのギャララクシータブと大きさが同じです。
最近、発売されるタブレットは、大きさも小さく見やすいし、軽いですね。

実際の写真は、こちらです。
《▼ZTE Light Tab その1》

《▼ZTE Light Tab  その2》

《▼ZTE Light Tab  その3》

いろんなブランドからのタブレットが発売されて、ますます競争が激しくなりそうですね。
まだ、セットアップしたばかりで、ZTE Light Tab を詳しくは触ってないですが、今度試してみるつもりです。

皆さんも是非、試してみてください。

日本通信が、Android2.2搭載(3G回線対応)で、しかも2年間の回線縛りなし、日本最安値のGoogle AndroidOSのタブレットを発売するそうです。
ZTE製7インチタブレット端末「Light Tab(ライト・タブ)」を3月4日に発売です。価格は3万9800円で、回線の継続利用などの購入条件はないのも良いです。

日本最安値のGoogle Android OSのタブレット

▲日本最安値のGoogle Android OSのタブレット

端末は3GとWi-Fiのネットワークに対応。日本通信のデータ通信サービス(b-mobileSIM U300)が10日間利用できるSIMカードが付属しています。

SIMロックフリーなので、DoCoMoやSoftbankのSIMカードが使えるだけではなく、海外出張、海外旅行中に、現地のキャリアの使い捨てSIMカードを買えば、そのまま使えて便利です。

テザリングも可能なのでモバイルルータとしても利用できます。SIMロックフリーなのはもちろん、グローバルでの使用を前提としているためテザリングや多様な通信方式および周波数に対応しています。WCDMA/HSPA:800/1900/2100 MHz
GSM:850/900/1800/1900 MHzに対応しています。下り最大7.2Mbps/上り最大5.76Mbpsの通信速度に対応。付属するb-mobileSIM U300での通信は、上下300kbps(ベストエフォート)となる。

この端末は通話やSMSの利用にも対応し、同社の音声通話対応SIMカード「talkingSIM U300」を利用することももできる。

Light Tabは7インチワイドVGA(800×480ピクセル)のTFT液晶や300万画素カメラを搭載し、重さは約390グラムです。iPadでは大きすぎると思っている方、DoCoMoのGalaxy tabが気になっているが、色々な制限が気に入らないと思っていた人にはぴったりです。

ビジネス用途のことも考えられており、アプリとしてWord、Excel、PowerPoint、PDFが閲覧できる「Documents To Go」などをプリインストールされている。

日本で一番安いモバイル・googleタブレット

▲日本で一番安いモバイル・googleタブレット

この端末で、20名まで完全に利用できるeラーニングシステム SmartBrain(スマートブレイン)の動作確認も行い、対応端末としていきたいと思います。発売日に入手して、使用感をまたレポートいたします。

シャープは、ネットワークサービスと電子書籍専用端末タブレット端末『GALAPAGOS(ガラパゴス)』2機種を12月に発売します。(それにしても「ガラパゴス」って、自虐的というか、インパクトがある名前ですね。)

http://www.sharp.co.jp/galapagos/ より

▲http://www.sharp.co.jp/galapagos/ より

  1. 電子ブック配信サービスは、新聞、雑誌、書籍など約3万冊をラインアップして12月に開始を予定。
  2. 定期購読するコンテンツを設定した時間に自動で定期配信する仕組みで、いつでも最新版を読むことが可能。
  3. ユーザーの購入履歴に基づいたおすすめの電子書籍コンテンツの無料体験版が自動的に配信され、そのままオンラインで決済して購入することが可能。
  4. ダウンロードしたコンテンツについて、「未読・おすすめ」「最近読んだ本」「お気に入り」「定期購読」に分類して整理が可能。
  5. 電子書籍フォーマットは、同社が提唱するXMDF(ever-eXtending Mobile Document Format)に対応
    縦書き表示、ルビなど日本語特有の表現が可能で、拡大表示する際に見出しやイメージ画像などのレイアウトを変えずに文字サイズだけを変更する機能や、画面をタッチして次の文章を表示する機能などが利用可能。
  6. 専用端末のソフトウェアを定期的にアップデートすることにより、XMDF以外の書籍フォーマットにも対応していく予定。その後はPDF、EPUBなどのフォーマットについても柔軟に対応していく予定。

専用端末『GALAPAGOS(ガラパゴス)』について

  • 『GALAPAGOS(ガラパゴス)』は、5.5型、1024×600ドットの液晶を搭載。文庫本感覚で読める『モバイルタイプ』。レッド系とシルバー系の2色。トラックボールを搭載し、片手操作によるページ送りが可能。
  • 10.8型、1366×800ドットの液晶を搭載し、雑誌が見開きで読める『ホームタイプ』は、ブラック系の1色です。
  • モバイルタイプも、ホームタイプも、IEEE802.11b/gの無線LANに対応し、ウェブブラウザとSNS対応の専用アプリを搭載
  • 3Gには対応しない。
  • OSはAndroidと発表会に参加したITジャーナリスト星 暁雄氏が、『Twitter』のツイートで報じています(ツイートのURLはhttp://twitter.com/#!/AkioHoshi/status/25659191466)。

『GALAPAGOS(ガラパゴス)』という名前が象徴するもの

『GALAPAGOS』の名称の由来は、プレスリリースによると「常に新鮮なユーザー体験をもたらすサービスと端末の“進化”の象徴として、イギリスの地質学者・生物学者のチャールズ・ダーウィン(1809-1882)の“進化論”で有名なガラパゴス諸島に由来」とのことです。

国内の携帯電話はその独自の進化から“ガラパゴスケータイ”“ガラケー”などと呼称されますが、あえてこの名前を選択し、日本市場に特化して進化していくという決意の表れでしょうか。世界委的な市場を見ると、ePUBという形式が圧倒的にシェアを持つ中、縦書きやルビ対応だからといって、XMDFを採用したSHARPの真意がなんなのか。価格については、まだ十分な情報がありませんが、新しい読書体験、読書そのものが快適になるのであれば、一台購入して試してみたいと思います。

http://www.sharp.co.jp/mediatablet/product/mobile/index.html より

▲http://www.sharp.co.jp/mediatablet/product/mobile/index.html より

http://www.sharp.co.jp/mediatablet/product/home/index.html より

▲http://www.sharp.co.jp/mediatablet/product/home/より