月別アーカイブ: 2016年 11月

■vol.7の技術トピックは「アドテク」■

商品やサービスを普及させる上で、どんな形であれ広告は必要不可欠です。言い換えれば、皆さんが売る側でも買う側でも広告に関する知識はあるに越したことはないということです。インターネット広告を知らない、という人は現代日本ではほぼいないでしょうが、しかし、それらの広告がどういった仕組みでどういう風に配信されているかをご存知の方は少ないのではないでしょうか?
当日は広告配信の裏側で使われている技術や今後の業界の動向、技術の今後についてもお話しいただく予定です!

 

開催日時

2016年11月30日(水)17:00~18:30

佐々木恭子先生の気象予報士講座

佐々木恭子先生の気象予報士講座

こんにちは、キバンインターナショナルの小林です。

今日の天気のニュースで

「放射冷却で、冷え込むでしょう。」とありました。

一体、放射冷却とは、なんでしょうか?

そこで、

佐々木恭子先生の気象予報士講座」を参考に「用語の意味をチェック」しました。

—————————————-
放射冷却

よく晴れてて、風が弱いみたいな状況だと、
遮る雲がないため、地表面から赤外放射でどんどんどんどん熱が宇宙空間に逃げていってしまう。
更に風もないため、空気がかき混ぜられず、冷たい空気は地面にとどまってしまう。
そうすると、
地表面付近の温度がですね、どんどん下がっていきます
それを放射冷却といいます。

—————————————-

今日も放射冷却で、特に朝は冷え込みましたね。
朝、良く晴れていて暖かいと思いがちですが、放射冷却の時は気温は低いので、厚着の対策が必要です。
やはり天気予報を確認しておくことは、私たちの生活にかかせませんね。

佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージと図で、イメージしやすい。
先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
単元ごとの購入も可能です!!
一度ご覧ください。

※気象予報士「試験情報」はこちらから
今週、金曜日申込期限!!2017年1月受験予定の方はお忘れずに!!
詳細は、気象業務支援センター
http://www.jmbsc.or.jp/hp/cwfe/p0020.php

eラーニングのことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

2級ボイラー技士講座
http://elearning.co.jp/?page_id=9726

問 2 0 ボイラー清缶剤の使用目的として、誤っているものは次のうちどれか。

(1) ボイラー内で軟化により生じた泥状沈殿物の結晶の成長を防止する。
(2) ボイラーの伝熱面へのすす の付着を防止する。
(3) 低圧ボイラーで、ボイラー水中のシリカを可溶性 の化合物に変える。
(4) ボイラー水中の硬度成分を不溶性の化合物(スラ ッジ)に変える。
(5) 酸消費量を適度に保つことによって腐食を抑制する。



2級ボイラー技士 講座

こんにちは、キバンインターナショナルの武内です。
気象予報士講座の佐々木恭子先生が、予想外に東京に後れを取ってしまった新潟の初雪予想についてアンサンブル予報をみて、解説しています。詳しくは、ラジオっぽいTVをご覧ください。

ラジオっぽいTVは、毎日更新されていて、「気象予報士の勉強をする上で、勉強するべきところがわかってきたり、佐々木先生のお話が励みになったり」という効果があるようですよ。

そしてeラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
講座詳細ページ http://bit.ly/2du2NMJ
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
・動画視聴はこちら
http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

【eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください】

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

2級ボイラー技士講座
http://elearning.co.jp/?page_id=9726

問 1 9 ボイラーの燃焼安全装置の燃料油用遮断弁(電磁弁)の遮断機構の故障の原因となる事項として、誤っているものは次のうちどれか。

(1) パイメタルが損傷している。
(2) 電磁コイルが焼損している。
(3) 電磁コイルの絶縁が低下している。
(4) 弁座が変形したり損傷している。
(5) 弁棒が曲がったり折損している。



2級ボイラー技士 講座

気象予報士講座はこちらをクリック

気象予報士講座はこちらをクリック。

こんにちは。キバンインターナショナルの武内です。
気象予報士の勉強で重要な用語について載せています。
解説は、気象予報士講座から、ピックアップ。勉強にお役立てください。

「エマグラム」とは?

実際に観測した大気の気温ですとか、露点温度っていうのをプロットして、それで、大気の状態がどうなのかっていうのを調べる。そういうツールなんですね。鉛直方向の大気の状態を見るエマグラムには5種類の線があります。

縦軸が気圧になっています。

横軸が温度です。

もう少し拡大して中のねいっぱい細かく書いてある線を見ていくと、一番斜めになっている傾斜が大きい緑の線、これが乾燥断熱線です。

少し傾斜が緩やかになったやつ、これが湿潤断熱線ですね。

湿潤断熱線よりもさらに立ってる、これが等飽和混合比線というものですね。

等飽和混合比線とは】
空気1kg当たりにどれぐらいの水蒸気が含まれているかっていう値で、g/kgで表されてるんですけれども、
例えばね、空気塊をこう露点温度がわかっているならば、その露点温度を通る、等飽和混合比線っていうのをたどっていけばですね、
空気塊を持ち上げた時にいつ飽和に達するのかっていうのがわかる、そういう便利な線ですね。

エマグラムが頭の中に入っていると、なんかこう一生懸命計算式とかを思い出すよりは、こう絵的にね、絵的に思い出すんじゃないかと思うんです。でこういうことエマグラムはですね、実は学科の一般で勉強しますけれども、専門でも出てきますし、実技でも出てくるというところがありますので、これはですね是非繰り返し勉強してください。

~いかがでしたでしょうか。佐々木先生の気象予報士講座では、
天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。こちら(http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15)より視聴もできますのでぜひご覧ください。~

2級ボイラー技士講座
http://elearning.co.jp/?page_id=9726

問 1 8 ボイラー の内面腐食について、誤っているものは次 のうちどれか。

(1) 給水中に含まれる溶存気体の O2 やC02 は、鋼材の腐食の原因となる。
(2) 腐食は、一般に電気化学的作用により生じる。
(3) アルカリ腐食は、高温のボイラー水中で濃縮した 水酸化ナトリウムと鋼材が反応して生じる。
(4) ボイラー水の酸消費量を調整することによって、腐食を抑制する。
(5) ボイラー水のpHを酸性に調整することによって、 腐食を抑制する。



2級ボイラー技士 講座

2級ボイラー技士講座

問 1 7 ボイラー にキャリオーバが発生した場合の処置として、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 燃焼量を下げる。
(2) 主蒸気弁を急開して蒸気圧力を下げる。
(3) ボイラー水位が高いときは、一部を吹出しする。
(4) ボイラー水の水質試験を行う。
(5) ボイラー水が過度に濃縮されたときは 、吹出し量を増す。



2級ボイラー技士 講座

2級ボイラー技士講座
http://elearning.co.jp/?page_id=9726

問 1 6 ボイラーの休止中の保存法について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) ボイラーの燃焼側及び煙道は、すす や灰を完全に除去して、防錆油又は防錆剤などを塗布する。
(2) 乾燥保存法は、休止期聞が 3か月程度以内の比較的短期間休止する場合に採用される。
(3) 乾燥保存法では、ボイラー水を全部排出して内外 面を清掃した後、少量の燃料を燃焼させ完全に乾燥させる。
(4) 満水保存法は、凍結のおそれがある場合には採用できない。
(5) 満水保存法では、月に 1 2 回、保存水の薬剤の濃度などを測定し、所定の値を保つよう管理する。



2級ボイラー技士 講座

2級ボイラー技士講座
http://elearning.co.jp/?page_id=9726

問 1 4 ボイラーの運転を終了するときの一般的な操作順序 として、適切なものは(1)~(5) のうちどれか。ただし、AからEはそれぞれ次の操作を表す。

A 給水を行い、圧力を下げた後 、給水弁を閉じ 、 給水ポンプを止める。
B 蒸気弁を閉じ、ドレン弁を開く。
C 空気を送入し、炉内及び煙道の換気を行う。
D 燃料の供給を停止する。
E ダンパを閉じる。

(1)A →B →C →D →E
(2)B →C →A →E →D
(3)C →D →E →A →B
(4)D →A →B →C →E
(5)D →C →A →B →E



2級ボイラー技士 講座