ボイラー の内面腐食について 【公表問題 平成26年後期】

2級ボイラー技士講座
http://elearning.co.jp/?page_id=9726

問 1 8 ボイラー の内面腐食について、誤っているものは次 のうちどれか。

(1) 給水中に含まれる溶存気体の O2 やC02 は、鋼材の腐食の原因となる。
(2) 腐食は、一般に電気化学的作用により生じる。
(3) アルカリ腐食は、高温のボイラー水中で濃縮した 水酸化ナトリウムと鋼材が反応して生じる。
(4) ボイラー水の酸消費量を調整することによって、腐食を抑制する。
(5) ボイラー水のpHを酸性に調整することによって、 腐食を抑制する。



2級ボイラー技士 講座

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングコンテンツby.中村ブログ投稿0 Comments2016.11.28
記事の投稿者
中村 ブログ投稿

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。