「子供が病気になり在宅ワークに切り替えたとき」の2つの疑問(その2)

会議の内容を共有するにはsmartbrainが便利

会議の内容を共有するにはsmartbrainが便利

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。

blog記事【「子供が病気になり在宅ワークに切り替えたとき」の2つの疑問(その1)】
http://blog.elearning.co.jp/archives/46054.php
の続きです。

「子供が病気になり在宅ワークに切り替えたとき」の2つの疑問(その2)

(疑問2)会議の日に、行けなくなったら?

 ↓

smartbrainという学習管理システムに、会議の動画や書類などをアップして、自宅で閲覧できるようにする。

→そうすればその日参加できなかった人も会議の内容が把握できる。

スマホでも見られるので、在宅ワークの合間の家事をしながらでも閲覧できる。

→また、smartbrainでは、参加できなかった人ががどの項目をどれだけ閲覧したかを、管理者が把握できる。つまり「自宅で会議動画、はたして全部見てくれたんだろうか?」がわかる

・管理者は、smartbrainでユーザに会議レポートなどの課題を提出させたり、アンケートをとることもできます(下:画像)

→提出課題を作る方法はこちら( http://www.smartbrain.info/?page_id=5833 )

→アンケートを実施する方法はこちら( http://www.smartbrain.info/?page_id=8297 )

※smartbrain無料お試しはこちら http://www.smartbrain.info/

smartbrainで簡単にアンケート作成・集計できる

smartbrainで簡単にアンケート作成・集計できる

結果、仕事も子育ても両立した働き方ができる。

子供が熱を出したとき、子供の心配に加えて、共働きの親としてはもっと大変だ。

病児保育を探すのも一苦労。

会社を休んだら、仕事に遅れがでるし、会議はその時しかない。

子供が熱の度に休むと、周囲からの信頼も失いかねないのではと思ってしまう。

そんな、共働きの親の誰もが抱える悩みが、少しは解消されたキバン女子部の働きスタイルでした。

キバン女子部では、様々な働き方の提案をしています。

通勤しなくても都内の会社で働きたい!
会社の規定に沿うならWワークで夜や週末働きたい!
子供が幼稚園や学校の間のすき間時間に時短で働きたい!
親の介護の合間に働きたい!

キバンインターナショナル女子部で、フルタイムで働くスタッフは1名のみ。
その他のスタッフは週1~2回出勤し、打ち合わせや女子勉強会、会議に参加し、
それ以外の日は好きな曜日に好きな時間帯にそれぞれ在宅ワークをしています。

キバン女子部についてはこちら→http://joshibu.elearning.co.jp/

私たちと一緒に学び、働き、輝きませんか!

エントリーシート
http://joshibu.elearning.co.jp/?page_id=17

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, SmartBrain, 女子部by.kobayashiseira0 Comments2016.03.05
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ