株式ミニ投資(FP技能士2級・AFP用語解説)

こんにちは。
キバンインターナショナル、アルバイトの鈴木です。
勉強分野の広いFP試験には様々な用語が出てきます。
そこでこの用語解説シリーズでは、FP試験で必要な用語をワンポイントで解説していきます。

今日の用語:株式ミニ投資

株式ミニ投資とは、取引所の定める1売買単位に満たない株式を売買することができる制度です。
この制度により、比較的少額の資金でも数種類の銘柄を運用することが可能になります。

株式ミニ投資において、取引単位は取引所の定める1売買単位の10分の1です。
約定価格は、約定日における取引所の価格に基づいて決定され、指値注文はできません。

試験でのポイント
1.売買単位の10分の1で取引可能
2.指値注文は不可
3.ドルコスト法のメリットは生かせない(積立型でないため)


伊藤亮太の自宅で1週間で合格!FP2級合格講座 365日間 34,340円(税込)
【今すぐ購入する】


ドナルド松山のFP2級3級技能士講座 980円/月(税込)
【今すぐ購入する】

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングby.町田 萌0 Comments2014.12.07
記事の投稿者
町田 萌
学生時代にキバンインターナショナルでアルバイトをしていました。講座を活用してCFP、宅建、証券外務員の資格を取得。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。