【SmartBrain FAQ】学習履歴を上手に残す方法

株式会社キバンインターナショナルが提供するPC、iPhone、iPad、Androidで学習可能なLMS(ラーニングマネジメントシステム)SmartBrain http://smartbrain.info/ 。

▲SmartBrain

SmartBrainでは、学習者の学習履歴を管理することができます。
この機能により、管理者は、誰が何をどれだけ学習したか、どのくらい習得したかなどを把握することができ、eラーニング運用の実情や成果を確認することができます。
※学習履歴は管理画面で確認したり、csvでエクスポートすることが可能です。

学習履歴が削除されるケースがあるので、その対処法とともに、いくつかご紹介いたします。
(下記の方法はバージョンによって挙動が異なる可能性がございますので、実際に行う前に、一度コースをコピーしてお試し、ご確認頂きますようお願い致します。)

ユーザを削除

ユーザを削除すれば、学習履歴も削除されます。よくあるご要望で、「退職者をログインできないようにしたいが学習履歴は残したい」というものがあります。この場合は、ユーザは削除せずに、ログインを無効にする機能がございますのでご利用ください。 http://smartbrain.info/?page_id=109

コース削除やSCO削除

SmartBrainに登録してある教材を削除すると、その教材の学習履歴も削除されます。履歴を残しておきたい場合は、コース削除やSCO削除をせずに、SCO内の「関連ファイル」から動画ファイルを削除します。 方法: http://smartbrain.info/?page_id=9108

消す前にcsvでダウンロード

上記の方法もありますが、必要な履歴は定期的にダウンロードしてお手元に保存して頂くのが最も基本的な方法です。
http://smartbrain.info/?page_id=8766

SmartBrainは20ユーザまで無料でご利用頂けます。お気軽にお試しください。
http://smartbrain.info/

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングシステム, SmartBrainby.yasu.tanaka0 Comments2012.07.20
TAGS , ,  
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。