タグ別アーカイブ: 動画教材

これまで、動画を使った教材の登録方法や、動画を最後までみたか確認する認証のつけ方をご紹介しました。
今回は動画に添付ファイルを付ける方法をご紹介します。

※尚、今回の操作はHTMLを直接編集しますので、HTMLやそのタグについての知識がある方向けの内容となっておりますので、ご了承下さい。

出来上がりのイメージ
今回作成するものの完成イメージです。動画の下に添付ファイルのリンクがついています。例えばセミナーの動画を教材化する際に、セミナーで使った資料をダウンロードさせるなどの用途が考えられます。

動画の下に添付ファイルへのリンクがついています。このような教材を作成する方法を紹介します。

作成方法
まずは動画を利用した教材を登録したコースを開きます。(登録方法はこちらの記事をご覧ください。)
コースの詳細画面で、添付ファイルをつけたいSCOを選択します。
(今回は、カエルスタジオ紹介という教材に添付ファイルを付けますのでそちらをクリックします。)

コースの詳細画面で、添付ファイルをつけたいSCOを選択します。

まずは、リンクさせるPDFをコース用のフォルダにアップロードします。コンテンツ追加をクリックして下さい。

コンテンツ追加をクリックします。

PDFをアップロードします。

PDFをアップロードします。

関連ファイルの箇所に、PDFがアップロードされます。次のステップで利用しますのでこのアドレス(赤線部分)をメモしておきます。

PDFファイルがアップロードされました。

また、PDFを追加した操作で、起動ファイルが変更されていますので、起動ファイルの編集から、元の動画のHTMLファイルを起動ファイルに設定しなおします。

PDFを追加したので、次に、動画を再生しているHTMLファイルを編集して、PDFへのリンクを設定します。HTMLファイル横の編集ボタンをクリックします。

編集ボタンをクリックします。

以下のような編集画面が開きますので、適宜HTMLを書き込みます。

HTMLを編集します。

今回書き込んだのは、以下のタグです。
これを動画再生部分の下に書きこみました。

<br>
<center>
<a href=”../20110808105927/20110808105927.pdf” target=”_blank”>カエルスタジオのご紹介資料</a>
</center>

編集したらプレビューをしてみます。意図通りの表示になったら完了です。

PDFのリンクを作成した。

今回はPDFファイルをアップロードしてリンクさせましたが、このようなHTML編集機能を利用すれば、インターネット上にある様々なコンテンツを参考資料として開くことが出来、応用の幅が広がります。HTMLタグの知識が必要なので、ちょっと敷居は高いですが、是非活用頂ければ幸いです。

注意事項
このままリンクを伝って外部サーバーに行ってしまうと、学習成績が取れなく危険性があるので、今回は添付ファイルを別ウィンドウで開くようにしました。教材にHTMLリンクで参照先を付ける場合は、教材の開き方に注意して下さい。

SmartBrainは、動画を利用した教材を登録することが可能です。ここでは、動画を利用した教材の登録方法について、ご紹介します。

今回の目標
今回は、PC向けに動画教材を登録する方法についてご紹介致します。
(動画は再生させるデバイス、つまり、PCやiPhoneやAndoroid、によってその形式が異なります。動画を教材として利用する場合、どのような端末で見てもらうかを決めることが重要です。)

準備
まずは、動画ファイルを用意して下さい。
今回は、PC向けの教材ですので、FLV形式で用意します。

また、管理画面からコース管理を利用して、動画教材を登録するコースを作成しておいて下さい。詳しくは、オンラインマニュアルのコース登録を参照下さい。

登録
準備の段階で、動画を登録したいコースが開かれているかと思いますので、ここでは、コースの詳細画面から、動画として教材を登録する方法を紹介します。
(動画マニュアルとなっておりますので、以下のリンクをクリックして下さい。)

SmartBrainに動画教材を登録する方法


smartbrain_movie

関連情報:オンラインマニュアル
コース登録
http://smartbrain.info/?page_id=3195

特別なSCO-FLV
http://smartbrain.info/?page_id=248

動画教材の作成方法/DVDから変換

CATEGORIES コンテンツの作り方by.o.nakamura1 Comments2011.05.18

インターネット回線の高速化が進みましたので、教材コンテンツにも動画の活用を検討される例が増えてまいりました。動画コンテンツを利用する場合、

・新規に教材動画を撮り下ろす
・DVDなど既存の動画教材から流用

の2つの方法があるのですが、多くの場合は、とりあえず既存の動画コンテンツの流用から考え始める事が多いようです。eラーニング教材は、受講者の環境がDVDで想定されている場合と異なるので、DVDからの流用はなかなか難しい面があるのですが、とりあえずどのような形ができるのか検証したい等のスタートアップ局面ではやむを得ない措置でしょう。

その場合、製作コストなども極力抑える必要があることが想定されます。ここでは、いくつかのソフトウェアを使って、手軽にDVDをPCで閲覧できる形式(ここではFLV形式を想定)に変換する方法をご紹介します。

1.DVDの内容をPCにコピーする
DVD Shrink というソフトウェアを利用して、DVDの内容をPCにコピーします。

ディスク を開くをクリックします。

 

PCの適当な場所を指定して、DVDの内容をPCにコピー(バックアップ)します。

DVDを開いたらバックアップを行います。

2.パソコンで見れる形式(FLV)に変換
動画形式の変換には、Format Factoryというソフトウェアを利用します。ROM機器の「DVDからビデオファイル」を選択し、先ほどバックアップしたファイルを選択してください。

取り込んだファイルをパソコンで見れる形に変換(エンコードします。) 

 

FLV形式に変換します。

(PCで見る場合)FLV形式に変換します。

 

このようにすることで、FLV形式の動画ファイルが出来上がりました。あとは、SmartBrainのコース管理→SCO追加で動画ファイルを教材として登録すればO.Kです。

参考:
SCO登録 http://smartbrain.info/?page_id=3062
ビデオ(FLV)の登録方法 http://smartbrain.info/?page_id=3067

尚、言うまでもないことですが、DVDのコピーは、権利的に問題のないもので行ってください。自社コンテンツの場合でもDVD教材の開発に他社の協力を仰いでいる場合、権利関係が複雑になっていることがありますので、ご確認ください。

本稿で紹介したフリーソフトウェアに関するサポートや保証は、キバンインターナショナルでは行なっておりません。利用方法などについては、以下の参考記事などをご覧ください。

参考:
フリーの人気DVDコピーツール「DVD Shrink」のすべて
http://www.backupstreet.com/tools/dvd_shrink.html

キバンインターナショナル函館研究所からの風景を、iPhoneアプリの「定点カメラ」を使って30秒間隔で撮影し、動画に変換してみました。動画変換に使ったそふとは、PhotoLapseで、Windows上で動作します。植物の成長や、雲の動きなど、動きの遅いものを動画教材にするのに使えそうです。TimeLapseというiPhoneアプリをつかえば、iPhone単体でも微速度動画を撮影できるようなので、これから試してみようと思います。

[2010/9/10 22:05追記]
TimeLapseを使っても、一定間隔に写真を撮影することができるだけで、微速度動画の合成までは出来ませんでした。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ