iPhoneで微速度動画

キバンインターナショナル函館研究所からの風景を、iPhoneアプリの「定点カメラ」を使って30秒間隔で撮影し、動画に変換してみました。動画変換に使ったそふとは、PhotoLapseで、Windows上で動作します。植物の成長や、雲の動きなど、動きの遅いものを動画教材にするのに使えそうです。TimeLapseというiPhoneアプリをつかえば、iPhone単体でも微速度動画を撮影できるようなので、これから試してみようと思います。

[2010/9/10 22:05追記]
TimeLapseを使っても、一定間隔に写真を撮影することができるだけで、微速度動画の合成までは出来ませんでした。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツ, コンテンツの作り方by.yasu.tanaka5 Comments2010.09.10
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。