タグ別アーカイブ: コスト削減

eラーニングのメリットとデメリットとは?

CATEGORIES eラーニングby.kobayashiseira0 Comments2016.05.13

今回はeラーニングのメリットを解説していきます。例えば、集合研修の一部をeラーニングにすることによってどのような利点があるのかをみていきます。

1.時間や場所の制約がなくなる

eラーニングでは、全員が同じ時間、同じ場所にいる必要がなくなります。その結果、研修施設へ移動したり、宿泊するコストを削減できます。PCなどを利用できる環境であれば受講が可能であるため、一度に多くの方に、それぞれのペースで受講してもらえるようになります。

2.自分のペースで学習ができる

また、同じ内容をもう一度見直すこともできるので、自分の理解のペースにあわせて学習ができるようになります。管理者側は、どの程度理解したか、どの程度資料を読み進めたのかをチェックできるようになります。

3.学習の履歴をとることができる

eラーニングと、ネットを利用して受講者にファイルを送信することとの決定的な違いは、eラーニングでは誰が、どの程度進捗し、どのような成績であるかといった学習履歴を残すことができるという部分です。したがって、テキスト教材と確認問題や試験問題を設定することによって、受講者の理解度をチェックすることができます。

4.資料配送の手間がかからない

学習内容はネットを通じて配信されますから、これまでのように資料を郵送したりする手間や切手代・DVD代などの材料費はかからないことになります。
(もっとも、初期に導入費用がかかりますが、資料の郵送・切手代とその手間を考えると、郵送する人数が多ければ多いほど効率が上がることになります)

5.研修のコストを下げることができる

ここまでにも説明してきましたが、集合研修の際の講師代・場所代、参加者の交通費・宿泊費、またそれぞれにかかる時間・経費を大幅に節約することができます。集合研修を実際に行う際にも、eラーニングと組み合わせる方法が用いられています。eラーニングで受講者にあらかじめ知識を定着させておくことで、受講者のレベルを均一にし、理解や定着度を上げる一方、研修にかかる時間を減らすことができるという、いわゆる「ブレンディッド・ラーニング型」の研修です。

eラーニングと集合研修のコストを比較した試算をご紹介します。この表では、完全にeラーニングにした場合ですが、集合研修を完全になくすのではなく、eラーニングを導入することで集合研修が効率化し、研修に必要な日数を削減することが可能となります。

集合研修を行った場合と、eラーニングを行った場合の費用比較

 
これはあくまで参考ですが、2,000名に対して1泊2日の研修を行ったとします。
集合研修では、1日目午前、午後と講師を招いて講義を行い、2日目には試験・採点・講評を行うというスケジュールだとすると、およそ8000万ものコスト削減が可能となります

→こちらを参照 http://elearning.co.jp/?page_id=731

集合研修とeラーニングを同時に行い、集合研修の時間を短縮した場合にも、基本的には同じようにコストを抑えることができると考えられます。

もちろん、eラーニングを行った際のデメリットも存在します。
ここからはデメリットについて解説していきます。

1.臨場感と強制力のなさ

eラーニングにすることのデメリットは、即座にその場で学習してもらう強制力を持たないこと、臨場感のなさなどが挙げられます。
その結果、eラーニングを導入してもなかなか受講してもらえないといった問題が起こりえます。

学習期間を決めて、メールなどで「学習が遅れています」といった通知をすることはできますが、実際はそれだけでは受講率が上がらず、上司から受講を促すといった方策がとられているところが多いようです。

2.ITスキル・IT環境のない受講者に受講させることが難しい

ある程度の速度のネット環境と、PC、そしてそれを使える技術がなければ、eラーニングをそもそも受けてもらえません。

このページを見ている方は全く問題ないのですが、「会社全員、グループ会社・販売代理店も含めて学習してもらいたい」といった中には

  • 比較的高齢でパソコンを使ったことが無い
  • パソコンはあるが回線速度が遅く、動画や資料をやりとりできない
  • そもそもパソコンが無い

といった方もいらっしゃいます。このような方たちにeラーニング教材を提供するには、集合研修などによる利用法の説明など、大きなハードルを乗り越えなければなりません。

eラーニングのデメリットも考えた上で、集合研修と組み合わせるなどの工夫ができるのではないかと思います。

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

▲eラーニング国際標準規格SCORM

▲eラーニング国際標準規格SCORM


キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2011年7月8日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0045

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

今回は、eラーニング導入の際の重要ポイント、国際標準規格SCORMについてご案内します。

これはeラーニングの担当者であれば、知らなかったでは済まされない内容。知らないと、互換性が効かないシステムを導入し、あとあと多大なコストがかかったり、乗り換え用にもコンテンツをまるごと新しく用意しなければいけなかったりと、様々な問題が発生し得ますので必見の内容です。ぜひご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. SCORMとは
2. コストダウンと互換性がメリット
3. 主だった企業が加盟しています
4. 3つの種類:人、教材、システム
5. SmartBrainは最高レベルのLMS-RTE3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●PowerPointから、自然な合成音声ナレーション付資料を作成。
『PPT2Voice Neo』・・・189,000円(税込)
無料お試しデモで、入力したテキストを合成音声化できます。
http://ppt2voice.jp/

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】必見!eラーニング国際標準規格SCORM

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▲SCORMとは

▲SCORMとは

●SCORMとは

SCORM(スコーム)は、eラーニングの国際標準規格。

eラーニング教材と、ラーニングマネジメントシステムのデータ連携について定めたものです。

では、SCORM規格に準拠していると、どんなよいことがあるのでしょうか。見ていきましょう。

●コストダウンと互換性がメリット

SCORMのメリットは、規格が標準化されていること。
標準化により、一般的に、コストダウンが可能になります。

また、標準化されているので、互換性があります。

もし学習管理システムとコンテンツのメーカーが異なったとしても使用することができます。

ところが、標準化されていない場合は、他のメーカーの製品と互換性がありません。教材やシステムをつくり直す必要があります。これでは、手間もお金もかかって仕方がありません。

●主だった企業が加盟しています

では、SCORMの運営主体についてご説明します。

SCORMを策定したのはADL。
1997年に設置された米国の国防総省系組織です。

企業や団体として法人格を有している組織ではなく、あくまで国防総省の内部にある組織として、eラーニング規格の標準化を進めています。

日本では、日本eラーニングコンソシアムがSCORMの認証を行っており、国内の主だったeラーニング関連企業が加盟しています。

▲eラーニング3大失敗パターン

▲eラーニング3大失敗パターン

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2011年3月11日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0029

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

以前、「eラーニング導入ガイド」で導入方法をご紹介しました。今回は、導入後の「eラーニング3大失敗要因」、多くの企業、学校が陥る落とし穴について解説いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. eラーニング3大失敗要因とは?
2. 「コンテンツが無い」を解決!
3. 「コストが掛かって仕方ない」を解決!
4. 「誰も使ってくれない」を解決!
5. 動画で学ぶ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ【パンダスタジオ】
http://pandastudio.tv/

最近のパンダスタジオは、会社説明会やeラーニングコンテンツの撮影などで、ほぼフル稼働。おかげさまで大盛況となっております。3Dバーチャルスタジオや多言語配信など、あなたのご希望のUstream番組配信のご相談を承っております。まずはお気軽に下見にお越しくださいませ。ご予約はこちらからお願い致します。
http://pandastudio.tv/?page_id=13

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】eラーニング失敗3大パターン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●eラーニング3大失敗要因とは?

eラーニングで失敗する企業には、だいたい決まったパターンがあります。

実は、私たち株式会社キバンインターナショナルにご依頼、お問い合わせ頂く企業様や学校様からは、似たような問題でご相談頂くケースがとても多いのです。

eラーニングにおいて失敗とは、一体何なのか?その原因とは!?

多くの相談から見えてきた「失敗3大パターン」をご紹介しましょう。

==「eラーニング3大失敗要因」=======

1.コンテンツが無い (調達に費用が掛かる)
2.想定以上にコストが掛かって仕方ない
3.導入したのに誰も使ってくれない

=======================

どうでしょう。心当たりのある方が多いのではないでしょうか。

では、どうすれば解決することができるのでしょう。
ひとつずつ見ていきましょう。

● 「コンテンツが無い」を解決!

eラーニングを実施するには、学習するコンテンツが必要になります。これは当たり前の話。しかし、多くの方がおっしゃるのが、「コンテンツがない!」ということ。

コンテンツがない場合、どうにかして調達しなくてはなりません。その場合、おおまかに分けて道は2つ。

「買う」か「作る」か、です。

買おうとしたときに、問題となるのが、「コストが高い!」「自社にあったコンテンツが無い!」など。

逆に、自社で作ろうとしたときには、「時間がかかる!」「作り方が分からない!」という問題が起こりがちです。

これらを解決するには、「自社にあったコンテンツ」を「安く」「作成」できるツールがあればよいわけですが、それこそが私たちキバンインターナショナルが提供しているものです。

たとえば、既に社内で使っていたPowerPointファイルを簡単にeラーニングコンテンツに変換する『PPT2Flash』 http://ppt2flash.jp/ というツールがあります。このソフトを使えば自社で作成済みのコンテンツを、簡単にクローズドな環境で、学習履歴を管理できるようになります。

また、合成音声ナレーションをつけることができる『PPT2Voice Neo』 http://ppt2voice.jp/ など、リーズナブルで便利なツールがたくさんあります。ほとんどのソフトは30日間無料でお使い頂けますので、ぜひお試し下さい。
http://elearning.co.jp/

▲コストがかかって仕方がない!を解決するLMS(SmartBrain)

▲コストがかかって仕方がない!を解決するLMS(SmartBrain)

●「コストが掛かって仕方ない」を解決!

「eラーニングのシステムにお金がかかって仕方がないんだ」

このご相談は本当に多いです。そして、とても切実・・・。
どうすれば解決できるのでしょうか。それは、

・導入の手間を抑える
・教材の追加や、ユーザの更新が簡単に行えること
・小規模の場合は、ASPを活用

などのポイントを押さえることです。

これらを解決するのが、「手間いらず、簡単操作のASP型LMS『SmartBrain』」です。

SmartBrainは、

・初期設定3分。費用無料。
・1ユーザ(学習者)210円 / 月(税込)。
・20ユーザ(学習者)までは無料。

もろもろの問題を解決すべく、また、私たちの理念「最高の学びを全ての人に!」を実現すべく開発・設計されていますので、ご満足いただけば幸いです。まずはぜひ、無料でお試し下さい。
http://smartbrain.info/

▲誰も使ってくれない!を解決

▲誰も使ってくれない!を解決

●「誰も使ってくれない」を解決!

コンテンツを用意した。システムも用意した。いざ、導入!

ところが。導入したはいいけれど、誰も使ってくれない・・・。
残念ながらこういうことも少なくないようです。

なぜ使ってくれないのか。最も気をつけるべきは何か。それは、「学習コンテンツを工夫する」ことです。

日本イーラーニングコンソシアム http://www.elc.or.jp/ の『eラーニング白書』によれば、重要ポイントは3つ。

・業務に直結する学習分野の提供
・学習者のニーズに合致した学習分野の提供
・研修目的に合った難易度の学習内容の提供

です。

やはり、学習者に「自分には関係ない」と思われるようなコンテンツを提供してはいけないのですね。

以上、3つのポイントをご紹介しました。
ご不明な点、既存eラーニングシステムのコスト削減のご相談、コンテンツ自製ツールのご相談は、こちらまでお気軽にお寄せ下さい。
http://elearning.co.jp/?page_id=7

●今回のお話はWEB動画でもご覧頂けます。

の「ユーザー登録」から登録後、ログインが必要です。

( パスワードをお忘れの場合、ログイン画面で「パスワードへルパー」をクリックしてください。このメールマガジンが届いているメールアドレスを入力すれば、新しいパスワードが発行され、ログインすることができます。)

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「eラーニング失敗3大パターン」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私たちのLMS(ラーニング・マネジメント・システム)、SmartBrain http://smartbrain.info/ のFacebookページができました。
http://www.facebook.com/smartbrain.info

SmartBrainは4ヶ国語対応ですので、日本国内にとどまらず、海外に支店・支社を持つ企業さまにご活用頂けます。Facebookページでも、4ヶ国語で情報発信していく予定ですので、よろしくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

毎週発行しているメールマガジン『eラーニング導入こぼれ話』のバックナンバー公開。今回は私たちキバンインターナショナルのラーニングマネジメントシステム、SmartBrainの低価格の秘密をお届けします。

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2010年10月26日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0010

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、
株式会社キバンインターナショナルの田中です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. 大好評!LectureMAKERセミナー
2. コスト削減の秘密その1「みんな同時に使ってますか?」
3. コスト削減の秘密その2「古くからの料金据え置きにはご注意」
4. コスト削減の秘密その3「自分、インフラですから…」
5. 実践!企業向けUstream活用講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●高機能教材作成ソフトLectureMAKERのセミナーやります

『LectureMAKERを実際に触って教材を作成できるところまで面倒みるセミナー』を開催します。

2010年10月27日(水)17:00~19:00

オンラインならびに、オンサイトでもご参加頂くことが可能です。

ご参加は無料です。

体験版をご利用中の方、製品版をご購入者様を問わずご利用頂けますので大変お得です。

こちらのオンラインセミナーは

http://10000.bz/elw2010/

の「ユーザー登録」から登録後、ログインし、「オンラインセミナー」→「LectureMAKERハンズオンセミナー(録画公開中)」からご覧頂けます。

==============================

今回はeラーニングのコスト削減をしたい!という方にはぜひ読んで頂きたい内容です。

「eラーニングのシステムに費用がかかって仕方が無い!どうにか安くならないものか」このようなご相談を弊社ではよく頂きます。

今回はそのお悩みに対するご回答、すなわちコスト削減の秘密を弊社のLMS(ラーニングマネジメントシステム)SmartBrainを題材にお届けします。

言われるがままに高い料金を払っていた方にとっては目からウロコのお話だと思います。じっくりとお読みくださいませ。

●動画では、久しぶりに中村パンダがご案内いたしますので、楽しくご覧頂けます。

http://10000.bz/elw2010/

の「ユーザー登録」から登録後、ログインし、「eラーニング導入こぼれ話」→「eラーニングシステム SmartBrain低価格の秘密」をクリックでご覧頂けます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】『eラーニングシステム SmartBrain 低価格の秘密』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●コスト削減の秘密その1「みんな同時に使ってますか?」

中村「今日はSmartBrainの秘密をご紹介したいと思います。

実は、お客様から『どうしてSmartBrainはそんなに安いの』と尋ねられることがあります。

そんなとき私は、そこのところをお客様に滔々(とうとう)と説明しています(笑)

SmartBrainは安かろう悪かろうではありません。
ちょっと金額だけ聞くと、安いのには何か裏があるんじゃないか、と勘ぐってしまう方もいらっしゃるんじゃないかと思うのです。

けど、ちゃんと理由があって安く提供できるんですよ、ということをご紹介していきたいと思います。

●SmartBrainの秘密その1

【同時接続ライセンス】

同時接続ライセンスというのは、1ライセンスあたり2,100円かかるというものです。

ユーザー数が仮に10万人だったしても、同時接続、たとえば同時にeラーニングで学習する人が50人だったら、2,100円×50=月額10万5千円だけで済むということなんですね。

「これ、どうして?」と聞かれることがよくあるんですけど、これはサーバー屋さんの視点で見るとよく分かります。

つまるところ、サーバーの負荷というのは同時接続数で変動しているのです。

たとえ10万人のユーザーがいようが、100万人のユーザーがいようとも、同時に1人しか使っていないのであればサーバーの負荷はたいしたことないので費用を抑えることができるわけです。

つまり、同時接続数が少ないということは、サーバーの負担が少ないので費用を抑えることができる、すなわち、同時接続数プランはちゃんと理由があって費用を抑えることができているわけです。

特にユーザー数が多いような場合、同時接続数は実は案外少ない場合が多いのです。

たとえば社内の必修教材を毎日社員が義務づけられているとか、そういう場合でなければ同時接続数は案外少ないものです。

そういう場合、お客様が望んでいるものと実際提供されているものにギャップがあるので、それをこの同時接続数プランでコスト削減することができるのです。

●「古くからの料金据え置きにはご注意」

では、次です。

【後発故のメリット】

eラーニングそのものはだいたい2000年くらいから日本でも盛り上がってましたが、SmartBrainは2009年に発売したものですから、新しい技術が盛り込まれています。

これはハードウェアの面から考えると、後発なので設備のコストパフォーマンスが良好ということですね。

たとえば、お使いのPCやサーバー機でも、後から発売されたマシンの方が高性能ですよね。ちょっと期間を空けただけで、驚くほどに高性能になっていたりします。

たとえば、ハードディスクについて考えてみましょう。今ハードディスクは1テラバイト1万円を切ってます。6,000円くらいですね。

これが3年前くらいだったら出ていなかったというのもありますけれど、組んだりすれば10万20万はかかる、そんな世界だったわけです。

なので、驚くほどサーバー機材は安くなっているので、コストパフォーマンスがすごく良くなっているということがポイントです。

ITの世界では日進月歩ですのでプログラムの効率も大幅にアップしています。我々のASPサービスであればどういうことがあるかというと、同居可能なユーザー数が非常に増加しています。

今SmartBrainのサーバーは1台のサーバー当たりに、だいたい1,000社以上入って頂いても問題なく稼動するような仕組みになっています。

これが数年前だったら100社いるともういっぱいいっぱい。安定稼動にする為には数十社にしておこうというのが常識でした。それがSmartBrainでは1,000社いても大丈夫なようになってます。ちゃんと低価格に理由があるんですね。

●「自分、インフラですから…」

で、最後。

【キバンインターナショナルだから】

これはもう社是というか我々だからというしかないんですけれども、今までの話を考えてみてください。

コストが安かったら、売値を下げることはできますけど、下げなきゃいけないってわけじゃないんです。

コストが下がっても自分たちの利益にすることもできます。でも、我々はキバンインターナショナルなのです。

社名の由来というものがあります。

社名の由来は、毎日の生活の中で必需品として社会をささえる水道・道路・電気・鉄道のように社会基盤(インフラストラクチャー:infrastructure)として利用されるようなソフトウェアを提供したい、という思いを我々は持っているわけです。

インフラとして使えるような設備とかサービスというのは、金額が高かったらインフラにならないですね。

なので、みなさんが費用を考えないで使えるようなインフラを提供しようと思ったら、コストが下げられたらその分値段も下げて提供しないといけない、そう思って活動しているのでSmartBrainは安く提供できるわけです。

SmartBrainは器になるわけですから、この部分が安く提供できないと仕方がない。そんな風に思って提供しています。

以上、SmartBrainの秘密でした!」

eラーニングシステムコスト削減の切り札!

●i-phone、i-pad、PC、ブラウザを選ばず学習できる
LMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込)
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info/?arigatou20101026

===(お知らせ)=====================

【セミナー】実践!企業向けUstream活用講座

知識編・技術編」を開催/2010年11月12日、26日

今回のセミナーでは、「知識編」と「技術編」の二回にわけて、「知識編」では企業広報の業界事情に詳しいビーンスター株式会社代表取締役の鶴野氏、アイティメディア株式会社取締役の工藤氏をお招きしてUstreamの特徴、Ustream事例、企画についてお話いただきます。

また、「技術編」では自社内にUstream配信スタジオを持ち、毎日Ustreamの実験放送を行っている株式会社キバンインターナショナルの長谷川と、TOKYO MXディレクターの粟野氏より、機材基本知識と、トラブル対応の実践を行ないます。

また、今回のセミナーに参加するための稟議書もダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

詳しいご案内、お申し込みは以下のページからお願いします。

http://ustreamer.jp/?p=2256

==============================

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●eラーニング教材作成もできるUstreamレンタルスタジオ【PANDA STUDIO】のfacebookファンページがオープンしました!
http://www.facebook.com/pandastudio.tv

Facebookというのは、世界最大5億人が参加するSNSで、コミュニケーションがとりやすいインターフェースが特徴です。

Facebookはとても楽しいのですのでぜひご覧になってみてください。

何かパンダスタジオについてご不明な点がありましたら、ぜひファンページでお気軽に書き込みしてみてください。スタッフからお返事させて頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ