【読むeラーニング】(AFT )色彩検定3級対策 色の法則基礎講座~基礎講座1 その11~

キバンインターナショナル武内です。

女性に人気!色彩検定対策講座。内容を皆さんに広く知っていただくために、講座の内容をテキストでご紹介させていただきます。

※本来のeラーニング「色彩講座」は動画でご受講頂くものですが、よりお気軽に内容をご理解いただけるよう、テキスト化してみました。どうぞご覧下さい。

【読むeラーニング】(AFT )色彩検定3級対策 色の法則基礎講座~基礎講座1 その11~

色彩講座はこちらをクリック

色彩講座はこちらをクリック

➡講座詳細はコチラをクリック

(Lesson5の続きです)
では、色の三属性、3つありました。これが、色の違いというのが、さっきの色相のことでしたね。
そしてこれ、明度で色の明るさ、で、これ最後が彩度で色の鮮やかさ、この3つ でしたが、

私たちは何色ぐらい色が見分けられていると思いますか?

先ほど色の違いで、こう代表的な赤、橙、黄色、緑、青などという風にいいましたが、
その色の違いっていうのは 何色ぐらい見分けられているでしょうか?どうですか?

あとは色の明るさですね。こう、どのくらい明るい、まあ段階ですよね。
それもどのくらいの段階まで見分けられるのか?

最後、鮮やかさというのも色の種類です。これもどのくらい見分けられているんでしょうか?
例えばこの色の違いだと、その色名ですよね。
色の名前もどのくらい言えるかなとちょっと考えてみてください。

大体平均して、どのくらいかと言いますと、こちらです。
なんと、すべて100、100、 100と書いていますが、色の違い、100色見分けられるそうなんですね。

色の明るさも100段階、色の鮮やかさは100種類ということなので、
じゃあ いったい何色なんだろうって今こう、
パパッって計算された方もいるかも知れないんですが、
パッと言われてもどのくらいの段階でわかれているのかっていうのが分かりにくいですね。
この違いを科学的に整理して、一目で見られるようにしたのがこちら。これはですね。

面白いですね。

こういう模型が実際あるんですけ れども、これはちょっと下にも書いていますが、
マンセル色立体構造図というものなんですね。
今回このちょっと立体について深くお話しはしていきませんが、
これはまた後々深くじっくりやっていきたいと思います。

(その12に続きます。)

試験情報

「A・F・T 色彩検定試験」

11月13日(日)実施の試験申し込み受け付けは終了しました。
次回の試験日程は未定ですが、2級3級は毎年6月頃実施しています。
検定については、主催者発行の情報をご確認ください。
公益社団法人色彩検定協会http://www.aft.or.jp/

3級講座の学習の目安

1日1章ずつ約1時間程度学習すれば、2週間程度で学習可能

講座収録時間

約8時間40分

講師 中間たかえ プロフィール

カラリスト/カラー心理カウンセラー。
大学卒業後、テレビ局へ入社。番組制作ディレクターとして企画・取材・編集に従事。
ホテル経営サポートを経て東京と岡山でカラリストとして活動開始。
カラーコーディネート・色彩心理・VMDなどセミナー講師・イベント・ カラーコンサルティングを活動の場とし、TV、ラジオなどのメディアにも出演。

受講対象者

はじめてカラーの勉強をされる方
独学で色彩検定3級を受験される方
仕事や趣味で色の知識を深めた方

(ATF)色彩検定対策講座の詳細はこちら

(AFT)色彩検定3級対策~色の特徴とルールを知ろう!色の法則基礎講座 一発合格パック
http://www.elearning.co.jp/us…/resp-ui/scoList/0/0/1782/836/

(AFT)色彩検定3級対策~色の特徴とルールを知ろう!色の法則基礎講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/720/386/

(ATF)色彩検定対策講座の体験動画はこちら

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
有以子 武内

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。