登録販売者勉強中の方へ【理解度チェック】~「健康食品」と「特定保健用食品」の違い(その1)

登録販売者勉強中の方に向けて、eラーニング講義の内容に沿った「理解度チェック」コーナー。
今回は、健康食品に関する記述についての、理解度チェックです。

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座(健康食品)より<br>講座はこちらをクリック

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座(健康食品)より
講座はこちらをクリック

————————————————————–
 健康食品に関する以下の記述の正誤をこたえよ。
————————————————————–

1 保健機能食品(特定保健用機能食品と栄養機能食品合わせている)、これは健康増進や維持に有用な食品全般をさすもので、社会に広く使用されている、○か×か?

2 消費者庁が商品に表示を認めているのは「健康食品」。○か×か?

3 食品は、薬事法で定める医薬品と同様に、身体構造や機能に影響する効果を表示することが出来る。○か×か?

4 例外的に特保、特定保健用食品については、「特定の保健機能の表示」することが出来る。○か×か?

ヒント ○は、一つだけで、あとは×ですよ~

————————————————————–
   答え
————————————————————–
1 ×。そのことは健康食品のことを言っていますね。社会に広く使用されているのは健康食品という言葉です
2 ×。これは特定保健用機能食品です、いわゆる特保ですね。
3 ×。食品はできません。だから○○な方へみたいな感じで、機能を表示することができないので、そういう表現になっちゃうということです。
4 ○。例えばキシリトールを含む食品に対して「むし歯の原因になりにくい食品です」などというふうに機能を言うことができます。

いかがでしたでしょうか。

「○○な方へ」という表示のされているものは、消費者庁が商品に健康機能の表示を認めていない「健康食品」で、
はっきりと、例えば「虫歯の原因になりにくい食品です」というふうに、機能を言っているものは、「とくほ(特定保健用食品)」なんですね~

コンビニで、健康飲料を買うときなど、是非チェックしてみて、「健康食品」と「特定保健用食品」の違いを確認してみてくださいね。

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 詳細

http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

登録販売者特設サイトはこちら(無料で学べるコーナーもあります。)
http://afro.elearning.co.jp/?page_id=80

ご購入はこちらから
【今すぐ購入する】

eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

eラーニングをお探しならこちらから
http://www.elearning.co.jp/

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。