【頭痛持ちの方必見】インフルエンザの時、気を付けたほうがいい頭痛薬とは?~ゼロからの「登録販売者」資格勉強

インフルエンザで気を付けたい頭痛薬

インフルエンザで気を付けたい頭痛薬

こんにちは、キバンインターナショナル女子部の小林です。
二児の母で登録販売者試験勉強中です。

~インフルエンザ流行期。頭痛や熱をやわらげる目的で使用される解熱鎮痛薬。実は、使用してよいものが限られています。頭痛持ちの人が良く飲むような強めの薬は、大丈夫か?使用するとどんな危険が考えられるのか。アフロ先生の登録販売者最短合格講座で学んだことを元に、ご紹介します。~

インフルエンザ(流行性感冒)は先週末(2016年1月15日)に、流行期に入ったと厚生労働省より発表されました。
暖冬の影響か例年より遅い流行で、国立感染症研究所によると全国での流行のピークは2月になる予定だそうです。

さて、インフルエンザの症状の一つである、頭痛。
インフルエンザの時に使える頭痛薬(一般用医薬品)は限定されているということを、アフロ先生の講座で学びましたのでご紹介。

それは、、

「アセトアミノフェンか生薬成分からなる製品」のみに限定されるということ。

それ以外で特に、サリチル系解熱鎮痛成分はライ症候群の発生が示唆されているとのことです。
(サリチル系解熱鎮痛成分とは・・・成分名としては、アスピリン・サザピリン・エテンザミド・サリチルアミド等。薬箱の裏の成分をチェックしてみましょう!!)

特に頭痛持ちの人は、アセトアミノフェン系は鎮痛作用が弱いために、普段からそれ以外の頭痛薬を使用していると思われますので、癖で安易に飲まないように注意してくださいね。

アフロ先生の登録販売者最短合格講座では、その他、薬の副作用や、病気について、漢方等、自分や家族の生活に役立つ医療が学べます。
そしてこの講座で学んだことを生かして、登録販売者資格を最短で目指すことができます。
この資格があれば、少し時給の高い登録販売者パートとして採用されやすくなり、ドラッグストア店長にもなれる資格です。
去年から誰でも受験できるようになりましたよ。

再チャレンジ応援します!


キバンインターナショナルでは、登録販売者試験への再チャレンジを応援しています!
今回残念な結果になってしまった方、ぜひ以下の、アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座をお試しください。
この講座は、納得の2大保証を実現!

・合格保証
・30日間返金保証

合格保証
この講座を受講された方が、万が一不合格になってしまった場合、無償で受講期間を延長できます。
しかも延長回数は無制限、合格するまで延長することが可能です。
(延長申請の際は、受験票、もしくは、合否通知 の写真送付など、不合格となってしまったことを証明するものが必要です。)

30日間返金保証
「購入してみたけどちょっと合わない」「満足できない」そんな方には、30日間返金保証を行っております。
(返金申請の方法は講座内に掲載しておりますのでご確認ください。)

アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座 365日間パック 15,000円(税込)
【今すぐ購入する】

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。