秘書検定1級 メールマガジンバックナンバー(2)

秘書検定1級 メールマガジンバックナンバー(1)の続きです。

記述のポイント1

ここで、1級ならではの記述のポイントをご紹介しましょう。

1級では、箇条書きであっても、「記述を長く書く」というのがポイントになります。

箇条書きをする場合、準一級までのように文頭に・(中黒)や◯をつけるのではなく、数字で、1、2、と項目ごとに番号をつけましょう。

項目の中でさらに分かれる場合には、(1)、(2)、と枝番をふります。

ただの点や白丸は丁寧でないと覚えておきましょう。

記述のポイント2

記述のポイントの2つめは、1 級は最上級資格であることを意識した文章にすることです。

大切なことは、「一言で終わらせない」ということです、

箇条書きで書け、と言われた場合でも、例えば、「笑顔」などと、一つの言葉で終らずに、「文章」にすることが必要になります。

また「〜について、三つ答えなさい」と問題で、「いくつ書けばいいでしょうか?」という質問を頂くことがあります。

これには、最低3つ書くこと。これがまず、合格のラインということになりますが、3つ以上書いても大丈夫です。

3つ書いていて、それが全て、ポイントを押さえて正解として採点してもらえるのであればいいのですが、もし、1,2,3のうち、3つめがちょっと不安だなと思ったら、4つ目、あるいは、5つ目を書くのが、合格の早道となります。

西村この実先生 プロフィール
秘書検定講師歴20年。秘書検定面接審査員。平均合格率60%のところ受講生の合格率は95%超(2級)。

第一生命保険相互会社に入社後、秘書担当・顧客サービス部を歴任、各種社員研修に従事。

株式会社パソナ 松江支店・東京タスクフォース事業部にて研修講師を経て研修講師として独立。株式会社ラ・デタント設立し、企業研修講師及びコンサルティングに従事。

講座概要

【受講対象者】

秘書を目指す方

学生の方

新入社員の方

【価格】

秘書検1級重点対策講座:11,800円(税込)

秘書検定1級2級対策パック:19,800円(税込)

【講座の目次】

(たくさんあるので章立てのみご紹介します)

記述式試験重要ポイント

重要問題解答解説1

重要問題解答解説2

【講座収録時間】

約3時間25分

【受講可能期間】

90日間

実際の講義を無料体験できます!

西村この実先生の実際の講座の一部をご受講頂けます。今回ご紹介したポイントの続きをたっぷり学習できますので、どうぞご覧ください。

(下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンからログイン頂けます)

( パスワードをお忘れの場合、ログイン画面で「パスワードへルパー」をクリックしてください。このメールマガジンが届いているメールアドレスを入力すれば、新しいパスワードが発行され、ログインすることができます。)

ログイン後、

「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「【第112回】秘書検1級重点ポイント講座」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

どんな仕事であれ、人をサポートする要素が含まれていると思いますが、そういった意味では、秘書検定の学習は非常に為になります。

気持ちよく働ける職場環境に貢献するなんて、すばらしい資格ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ