行政書士 メールマガジンバックナンバー(2)

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2012年10月19日発行

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0110

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

試験の合格率が10%未満ともなると難関の部類かと思いますが、今週開講しました行政書士講座 

http://elearning.co.jp/?page_id=6528 もそんな難関のひとつです。

実はある調査によれば、行政書士試験の合格者の97%は、司法試験など、より難易度の高い法律系の試験を勉強している方だそうです。

となると、行政書士は合格率で感じられる以上に難しい試験と言うことができるでしょう。

そんな中、初学者を対象にした講座で、一般の合格率を上回る実績を出し続けているのが、今回講師を担当して頂いた葛原久美先生。

以前にも紹介した、ストーリーで法律を学べるブログ『民法なエヴリディ』
http://blog.livedoor.jp/wanwansakura/
をちょっとお読み頂くだけで、分かりやすく教えてくれる先生だと感じて頂けると思います。

くすっと笑えるコンテンツの裏には、学習者のこと真摯に考え、ここまでやるか!と驚くほど徹底的に分析を行う葛原メソッドが凝縮されています。

今回はそんな葛原先生に直撃インタビューを敢行。

なぜ出題範囲をギリギリまで絞れるのか、初学者が短期で合格できる秘訣は何か、そのヒミツに迫りました。

どうぞご覧ください。

===(お知らせ)=====================
iPhone、iPad、Android、PC、ブラウザを選ばず学習できるLMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込)
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info
==============================

「行政書士 メールマガジンバックナンバー(1)」の続きです。

—講座にはどのような特徴がありますか?

はい。分かりやすくするために「到達点」を明確にするようにしています。

「実際に問題を解けるか」どうかという基準で講義を組み立て、インプットとeラーニングによるアウトプットが必ず連続するような構成にしています。

人間の記憶は、インプットよりもアウトプットで訓練する方が記憶の定着がよいのですが、アウトプットしようとしたときに、インプットの内容を忘れているとつまずいてしまいます。

そうならない為には、インプットとアウトプットが連続するという構造が必要不可欠なのです。

eラーニングを作成する際には「問題を解けるかどうか」にフォーカスしていますので、まず過去問や予想問題を一覧にして、それを解けるかどうかという観点でテキスト部分を作成していきます。

テキストで学習したものが、問題の解説とほぼイコールになっている。同じものが繰り返される。
今回のeラーニング講座ではその根幹部分を音声と映像で提供します。このような組み合わせで、効果的な学習ができるようになっています。

—なぜ、的確に学習範囲を絞ることができるのでしょうか?

長年に渡り司法書士や社労士など、いろいろな法律系の試験教材を手がけてきていますので、そのデータから、傾向と対策を割り出しています。

行政書士試験だけを分析するのではなく、他の法律系の試験問題と比較することによって、試験の大きなトレンドを押さえているというのがポイントです。

また例えば、政治経済社会の問題であれば、センター試験、国家公務員試験を見て、総務省や内閣府の政策、各種白書もチェックします。重なっている部分と過去問の比較ですね。

さらには試験委員の専門分野や出題傾向もチェックして、教材に反映させます。

その上で、「この分野からこれだけ出ている」という過去問分析をして、この問題はこのぐらいの正解率になるとか、この問題は必要以上に難易度の高い目くらまし問題だなとか、行政書士試験のクセを把握するように心掛けています。

—受講生へのメッセージをお願いします。

最短での合格を目指しましょう。

行政書士試験は、6割取れば合格です。

一般的な予備校では「テキストに出ていない問題が出題された」と言われるのを嫌がりますので、どんどん学習範囲を広げていきます。

しかし、それをやってしまうと、1年や2年で合格することはまず不可能です。

私の講座では、7割取れる線を計算して、講座を組み立てているので効率が違います。

ぜひ一緒に合格を目指しましょう!


具体的に分かりやすくするため過去問をストーリー仕立てで解説する「民法なエブリディ」 http://blog.livedoor.jp/wanwansakura/ というブログをやっています。
記憶に残りやすいよう、少し大げさなストーリーにしてありますので楽しく勉強して頂ければと思います。

講座概要

【受講対象者】
行政書士試験を受験する方
契約などの実務の際、法律の知識を活かしたい方
就職を目指す学生の方、など

【価格】
☆行政書士講座 講義パッケージ  65,000円(税込)
(現在、憲法まで公開中。他の単元の公開予定は下記の単元別の欄をご参照ください。公開予定は収録の都合により、変更になる場合がございます。予めご了承ください。)

問題集パッケージ(仮題)75,000円(税込)

☆行政書士講座 講義・問題集フルパッケージ(仮題) 135,000円(税込み)
(問題集パッケージ(仮題)と行政書士講座 講義・問題集フルパッケージ(仮題)は、近日中に詳細を発表致します)

【講義単元別】
憲法 公開済 10,000円(税込)
民法1 12月31日 10,000円(税込)
民法2 2月28日 10,000円(税込)
行政法1 2013年4月19日 10,000円(税込)
行政法2 2013年5月24日 10,000円(税込)
商法 2013年7月26日 10,000円(税込)
一般 2013年9月2日 10,000円(税込)

【受講可能期間】
365日間

【Webサイト】
無料体験、講座お申し込みはこちらからお願い致します。
http://elearning.co.jp/?page_id=6528

eラーニング無料体験!
葛原先生の実際のeラーニング講義(憲法の項から『幸福追求権』)を無料でお試し受講頂けます。

(下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンからログイン頂けます)

( パスワードをお忘れの場合、ログイン画面で「パスワードへルパー」をクリックしてください。このメールマガジンが届いているメールアドレスを入力すれば、新しいパスワードが発行され、ログインすることができます。)
ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「行政書士講座無料体験」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
実は、葛原先生はもう1つブログがあり、こちらでは勉強方法や
試験対策的な話を書くようにしています。

ブログ「coming into leaf」 http://bellies03.blog15.fc2.com/
ぜひこちらもご覧になってみてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, メールマガジンバックナンバーby.kobayashiseira0 Comments2015.05.14
記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ