【FPへの道by萌】ある日突然預金が引き出せなくなるかも・・・預金封鎖とは

キバンインターナショナル女子部の萌です。

2月16日、NHKのニュース番組にて「『預金封鎖もうひとつのねらい」というニュース特集が放送され、この「預金封鎖」が話題になっています。

預金封鎖には、金融機関が行うもの政府が行うものがありますが、現在話題になっているものは政府が行う預金封鎖です。

預金封鎖とは何かといいますと、、

預金封鎖(よきんふうさ)とは、銀行預金などの金融資産の引き出しを制限すること。

政府による預金封鎖

政府において、財政が破綻寸前になった場合、銀行預金などの国民の資産を把握して、資産に対して税金を掛けて政府収入にあてることで、破綻から免れようとすることがある。また市場に出回った通貨の流通量を制限し、インフレを金融政策で押さえる方法として実施される場合がある。その際通貨切替をして旧通貨を無効にし、市場通貨を金融機関に回収させる方法がとられることがある。この場合にも預金封鎖が行われる。

(ウィキペディアより)

日本においては戦後に政府による預金封鎖が行われています。

表向きは戦後の過度なインフレを解消するため、ですが実際は政府の借金を帳消しにするために行ったと言われています。

当時は戦後でかなり特殊な状況で、預金封鎖ができる条件が整っていたので、
政府の借金が膨らんでいるから今預金封鎖が起こるとは言い切れません。

現在起こる可能性は低いとみる意見が多数ですが、可能性はゼロではない、預金にはこういったリスクもあるということです。

そのリスクを最小限に抑えるには、分散投資が有効です。
日本円だけでなく、外貨にも投資をして資産を分散させることです。

もっとも預金封鎖は、日本の金融機関を介して持つ外貨も封鎖の対象になるということなので、もし可能であれば外国の金融機関でも口座を所有することが最善のリスクヘッジなのだそうです。

語学が必要となりなかなか難しいとは思いますが。。。
中学英語すらまともにできない私は誰かを頼るしかなさそうです←←

預金には他にもリスクがあります。
→例)インフレリスク
http://blog.elearning.co.jp/archives/37720.php
http://blog.elearning.co.jp/archives/37844.php

日本では特に「預金しておけば安全」と思われがちですが、
実はこんなリスクが潜んでいるということは覚えておきましょう。

FP講座の詳細はコチラ

ドナルド松山のFP2級3級技能士講座 980円/月(税込)
【今すぐ購入する】

伊藤亮太の自宅で3日間で合格!FP3級講座 14,180円(税込)

【今すぐ購入する】

毎月第3水曜日開催!
キバンインターナショナルビジネスセミナー〜失敗しないeラーニング活用法〜

毎月第3水曜日、企業内教育にeラーニングの活用を検討している教育担当者・経営者・管理職の方を主な対象とした、ビジネスセミナーを東京の千代田区で開催しています。

第二回は2015年3月18(水)15時から。ご参加は無料です。お気軽に起こしください。

●テーマ:損しないビジネス契約書の法律知識(1)
●講師:佐久間大輔

●第二回の詳細・お申し込みは下記よりお願い致します。
http://elearning.co.jp/?page_id=16052

※参考:キバンインターナショナルビジネスセミナー総合案内ページ(今後の予定や過去の勉強会の様子(写真)など)
http://elearning.co.jp/?page_id=15331

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
町田 萌
学生時代にキバンインターナショナルでアルバイトをしていました。講座を活用してCFP、宅建、証券外務員の資格を取得。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。