【FPへの道by萌】勉強と実務の違い~相続編~

こんにちは、女子部の鈴木萌です。
※女子部とは、女子スタッフで結成した部署です。

FPは幅広くお金の知識を勉強します。
が、本当に実生活や実務に活かせるの?と思いませんか?
私もFPを習ったばかりの頃はそう思っていて、実際になかなか知識が実践できていませんでした。

ここではあくまで私の見解ですが、FPの試験勉強と実務にどのようなギャップがあるかお話します。
今日は相続・事業承継についてです。


相続

相続・事業承継は、意外といろいろな分野が関連してきます。
FPの分野で見ても、税金不動産保険などが関係します。
つまり、実務でも税理士事務所、不動産会社、保険会社などに勤める人も実務に関わる可能性があるのです。

しかし、相続や事業承継は一生の中でそんなに何度もあることではありません。
他の分野に比べ実務に携わる可能性は低くなります。
そのため相続のプロフェッショナルは少ないのが現状です。

税理士事務所で相続の案件を取り扱う事務所は、税務署で相続を専門にしていたOBを社員に迎えて担当にさせるパターンがあるようです。
また、相続専門の会計事務所や法律事務所などがあります。
規模の大きくない会社はそういった事務所と提携して相続の相談に対応することも多いと思います。

事業承継も同じく専門的な知識が必要になります。
私は大学でも事業承継の勉強をしましたが、FPで勉強することだけでは不十分なことも多そうだという印象でした。
少なくとも民法会社法会社組織についてなどを理解している必要があるのです。

相続の関連資格には、最近登場した相続診断士という資格があります。
近頃FPの間でも取得している人がちらほら見受けられます。
また、宅建も相続の範囲と重なるところがあります。

また、資格ではないですがeラーニングに「大増税時代の相続に備える(相続の課題と対策)」という実用講座があります。
この講座は、日本FP協会の理事長であり相続事業承継のプロフェッショナルである白根壽晴先生が講師を務める講座です。
税金の面だけでなく、現状の実務や実態をお話されており、誰が見ても良い内容になっていますので、知識を深めるためにもよろしければご覧になってみてください。
http://elearning.co.jp/?page_id=12944

相続や事業承継は頻度が少ないとはいえ、一生に少なくとも一度は経験する人が多いと思うので、相続の基礎を学んで損はないと思います。
ぜひFPで包括的に学んでみてください。

FP講座の詳細はコチラ

ドナルド松山のFP2級3級技能士講座 980円/月(税込)
【今すぐ購入する】

伊藤亮太の自宅で3日間で合格!FP3級講座 14,180円(税込)

【今すぐ購入する】

お知らせ 毎月第3水曜日開催!
キバンインターナショナルビジネスセミナー 〜失敗しないeラーニング活用法〜

毎月第3水曜日、企業内教育にeラーニングの活用を検討している教育担当者・経営者・管理職の方を主な対象とした、ビジネスセミナーを東京の千代田区で開催しています。(学習や教育に熱心な方であれば、どなたでもウェルカムです!)

第一回は2015年2月18(水)15時から!参加費は無料!お気軽に起こしください。

●テーマ:社員の為の新ファイナンシャルプラニング活用法
●講師:ファイナンシャルプランナー ドナルド松山氏

●第一回の詳細・お申し込みは下記よりお願い致します。
http://elearning.co.jp/?page_id=15499

※参考:キバンインターナショナルビジネスセミナー総合案内ページ(第2回目以降の予定や過去の勉強会の様子(写真)など)
http://elearning.co.jp/?page_id=15331

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
町田 萌
学生時代にキバンインターナショナルでアルバイトをしていました。講座を活用してCFP、宅建、証券外務員の資格を取得。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。