株式投信7月に初の70兆円、7カ月連続資金流入【経済ニュースで分かる証券外務員試験対策】

a0002_001044

こんにちは!

キバンインターナショナルのアルバイト、西谷です。

経済ニュースって専門用語が多くてちょっと分かりにくい。

そんなとき、実は証券外務員の知識が役に立ったりするのです。

経済ニュースを読み解くワンポイント知識をお届けするこのシリーズ。

ニュースと証券外務員の勉強が両方できて一石二鳥です。

では、今日のニュースいってみましょう。

(試験に出やすいポイントを解説する為、過去のニュースになることがあります。)

今日のニュース: 株式投信7月に初の70兆円、7カ月連続資金流入 

7月の単位型を含む株式投信の純資産額は前月比1兆3190億円増の70兆991億円となり、2007年10月の69兆681億円を上回り、初めて70兆円台に乗せた。資金増減(設定から解約・償還を差し引いた増減)は8448億円の純増と、7カ月連続で純資金流入となった。
morningstarファンドニュースより引用)

試験に出るワンポイント解説:単位型投資信託

投資家が解約できる投資信託、いわゆるオープンエンド型の投資信託は、さらに単位型投資信託と追加型投資信託に分類されます。

単位型投資信託とは、当初ファンドが設定されたあとは、資金の追加が行われません。また、信託期間の期限があります。

追加型投資信託とは、当初募集されたファンドに、次々と追加設定を行って、大きなファンドとして運用するものです。信託期間は、通常無期限または長期です。

詳細は、こちらのe-learning講座ををご覧ください。

伊藤亮太の10日で合格!証券外務員1種 講座サンプル

証券外務員試験対策のeラーニング講座です。下記よりサンプル動画、講座の詳細がご覧頂けます。無料ユーザ登録、有料受講もこちらからどうぞ。
WebサイトURL:http://gaimu.elearning.co.jp/?page_id=15
 

伊藤亮太先生の証券外務員講座対策問題集も好評発売中!

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, eラーニングコンテンツby.yasu.tanaka0 Comments2014.08.27
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。