本日4/13(金) 混迷時代のガイドブック!樫野紀元先生のeラーニング『ビジネス論語』、開講

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp/ (東京都千代田区・代表取締役 西村正宏)は、4月13日(金)、樫野紀元先生のeラーニング『ビジネス論語講座』の販売を開始します。

論語の中から「経営者の心得」、「社会人としての心構え」など仕事に役立つものをテーマ別にピックアップして解説しています。お申込み・お問い合わせはWebサイト http://elearning.co.jp/?page_id=5336 から。

【講座名】

ビジネス論語

【講座サンプル】

▲クリックで動画が再生します

【講師 樫野紀元プロフィール】

新論語研究会(紀元塾)代表。
建築社会学者、文筆業、工学博士、一級建築士。東京大学大学院修了。旧建設省勤務を経て、大学教授、NPO理事長などを歴任。

古今東西の聖人・偉人の言葉を編纂。これまで、栃木市、さいたま市、春日部市、東京都で、関連講座を開講。

著書(一部)

【代表的な国内活動】
「千葉県住宅建設コスト低減推進委員会」委員長(1996)
「建設材料部材等の標準策定計画委員会」委員長(1998)
「国土交通省総合技術開発プロジェクトー社会資本ストックの管理運営技術の開発」分科会長(2003~2005) など

【代表的な国際活動】
ノルウェー・トロンドハイム大学客員研究員(1980~1981)
日本・アセアン科学技術協力プロジェクト・リーダー(1985~1992)
英国ロイヤルソサエティの招待で、ロンドンにおいて「第3千年紀における住宅新技術」講演(1991)
ブラジル・サンパウロIPT技術指導(1989)
「RILEM(国際材料構造試験研究機関連合:本部パリ)技術委員会(TC-ECM:環境共生建設材料・システム)委員長(2001~2007) など

【受賞歴】
日本建築学会賞(1994)、建設大臣賞(1995)、科学技術庁長官賞(1999)、スガ財団科学技術賞(2001)などを受賞。

【講座の特徴】

・ビジネステーマにあった論語を学ぶことができます。
・動画で論語を学ぶことができます。
・無料講義を視聴で講義のクオリティを確認後、ご購入できます。
・章の中の小見出しごとに、コマギレに学習できます。
・PC(Windows・Mac両対応)だけでなく、iPhone・Android端末にも対応しています。

【学習期間】

90日

【eラーニング動画収録時間】

約70分

【価格】

3,980円(税込)

【講座の目次】

人生とビジネスに成功するために
今学んでおきたいビジネス論語
社会人としての心構え
悔いのない生き方
経営者の心得
望まれる上司像
論語が伝えるもの
困った人
仕事の基本マナー
人に嫌われない生き方
人を見る目

【学習可能デバイス】

PC(Windows・Mac両対応)・iPhone・iPad・Android端末対応
(※端末・環境により閲覧できない場合があります。無料体験で予めご確認頂けます。)

【教材無料体験・購入方法】

詳細は販売サイト http://kigenjyuku.jp/elearning をご覧ください。

学習をスタートする

1.下記ログインフォームより、無料体験、購入手続きの際に使用した、ID、パスワードでログインします。

2.購入済みの各講座をクリックして学習をスタートしてください。

■その他、様々なOS、ブラウザ対応のeラーニングコンテンツも多数取り揃えております。 http://elearning.co.jp/?page_id=4697

【その他のお問い合わせ】

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp
TEL: 03-5846-5800
E-MAIL:international@kiban.jp (担当: 田中)

【講師支援】

この講座は、eラーニングビジネス支援パックを活用して作成致しました。
eラーニングビジネス支援パックを利用することで、初期費用0円、継続費用0円でeラーニング講座を開講することが可能になります。詳しくは、以下のURLをご覧下さい。
http://contentsbank.jp/?page_id=5292

【キバンインターナショナルについて】

2009年7月に株式会社キバンから分離独立。eラーニング専門企業。eラーニングシステム以外に、6種類の教材作成ソフトを発売。2700社にeラーニング関係の製品を提供している。また、国内初の企業向け課金可能、会員限定可能インターネット生中継「ナマチューケー」サービスを提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定された。

本プレスリリースについて本プレスリリース内容のコピー・転載は自由です。転載されましたら、ご一報いただけると幸いです。

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。