デュアルコア【dual core】を搭載したSmart-Phoneの5つの特徴について

皆さん、こんにちは。韓国チームの蔡(チェ)です。今回は、スマートフォンでも学習可能なSmartBrainを利用したSmart-Learningを考察する中、韓国では、デュアルコア(dual core) CPUを搭載したハイエンドフォンが大挙出る予定で、Smart-Learning市場が緊張している様です。ここで、今回は、NVIDIA社が、説明するデュアルコア CPUの特徴を確認してみたいと思います。

オブティモス 2X(LG社)に搭載されたデュアルコアは、世界初で、モバイル用デュアルコアのプロセッサを開発したエンビデ−アのテグラ2という「デュアルコアプロセッサ」を搭載しています。エンビデ−ア社が、モバイル用デュアルコアプロセッサである「テグラ2」を広報する時に、強調する5つのポイントです。

1. 早いウェプページのローディング

マルチコアが入っているとウェプページの中に入る、Javaスクリプト、Flash等が、CPUごとに独立の処理ができます。現在、Flashが入ったページを開く際に遅く感じる場合がありますが、その現象が改善されています。以下、ウェッブブラウザーの関連ベンチマーキングを比較すると確かな性能差が見られます。
tegra-2-moonbat-benchmark-510x318.jpg
Javaスクリプト性能はシングルコアで処理することより、約 70% 位早く、平均のページローディングのタイムは、約 50% 位早いという結果があります。
tegra-2-web-page-loads-510x313.jpg
2. 同じ処理をするのにかかわらず、もっと少ない全力消耗
同じ作業を処理するのに 40%位の少ない全力を消耗します。テグという作業を二つのプロセッサで分けて処理することができる技術が適用されていて、效率的処理することが可能だと言います。
tegra-2-lower-power-510x487.jpg
3. 高性能のゲームプレーが実現
ダンジョンディフェンダーのような高性能ゲームも円滑に表現可能です。

dungeon-defenders-510x287.jpg

以下のような、シングルコアで起動した場合より、フレームレートが2倍以上、早い結果があります。

tegra-2-dungeon-defenders-510x354.jpg
4、5. 高い性能と柔らかい UI、そして、早いマルチタスキング
マルチタスキング環境で、もっと高い性能が実感できます。マルチタスキングが可能な運営体制では、音楽を聞きながら、また、ウェブブラウジングをしながらメールの確認ができます。普段、駆動速度が早いとしても時々システムが遅くなることを感じる場合がありますが、問題無く実現できるようです。
(実際、今の環境どの程度改善されているのかをeラーニング教材で確認してみたいと思います。)
tegra-2-coremark-2-510x328.jpg
(参照サイト:http://www.androidpub.com/1063879

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
 

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。