タグ別アーカイブ: 2級ボイラー技士

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

使用を廃止した溶接によるボイラー(移畿式ボイラー及び小型ボイラーを除く。)を再び設置する場合の手続き順序として、法令上、正しいものは次のうちどれか。
ただし、計画届の免除認定を受けていない場合とする。

(1)設置届 → 使用検査 → 落成検査

(2)使用検査 → 構造検査 → 設置届

(3)使用検査 → 設置届 → 落成検査

(4)溶接検査 → 構造検査 → 落成検査

(5)溶接検査 → 落成検査 → 設置届



2級ボイラー技士 講座

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

問2 丸ボイラーと比較した水管ボイラーの特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)構造上、低圧小容量用から高圧大容量用に適する。

(2)伝熱面積を大きくとれるので、一般に熱効率を高くできる。

(3)伝熱面積当たりの保有水量が大きいので、起動から所要蒸気発生までの時間が
  長い。

(4)使用蒸気量の変動による圧力変動及び水位変動が大きい。

(5)給水及びボイラー水の処理に注意を要し、高圧ボイラーでは厳密な水管理を行う必要がある。



2級ボイラー技士 講座

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

ボイラーの伝熱面積の算定方法として、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

(1)水管ボイラーの耐火れんがでおおわれた水管の面積は、伝熱面積に算入しない。

(2)水管ボイラーのドラムの面積は、伝熱面積に算入しない。

(3)煙管ボイラーの煙管の伝熱面積は、煙管の内径側で算定する。

(4)貫流ボイラーの過熱管の面積は、伝熱面積に算入しない。

(5)電気ボイラーの伝熱面積は、電力設備容量20kWを1m2とみなして、その最大電力設備容量を換算した面積で算定する。



2級ボイラー技士 講座

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

問1 熱及び蒸気について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)水の飽和温度は、標準大気圧のとき100℃で、圧力が高くなるほど高くなる。

(2)水の温度は、沸騰を開始してから全部の水が蒸気になるまで一定である。

(3)飽和蒸気の比エンタルピは、飽和水1kgの気化熱である。

(4)飽和蒸気の比体積は、圧力が高くなるほど小さくなる。

(5)飽和水の蒸発熱は、圧力が高くなるほど小さくなり、臨界圧力に達すると 0 になる。



2級ボイラー技士 講座

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

ボイラーの人工通風に用いられるファンについて、誤っているものは次のうちどれか。

(1)多翼形ファンは、羽根車の外周近くに、浅く幅長で前向きの羽根を多数設けたものである。

(2)多翼形ファンは、小形で軽量であるが、効率が低いため、大きな動力を必要とする。

(3)後向き形ファンは、羽根車の主板及び側板の間に8~24枚の後向きの羽根を設けたものである。

(4)後向き形ファンは、高温、高圧及び大容量のボイラーに適する。

(5)ラジアル形ファンは、小形、軽量で強度が強いが、摩耗、腐食に弱い。



2級ボイラー技士 講座

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

ボイラーの燃料の燃焼により発生するNOxの抑制措置として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)燃焼域での酸素濃度を高くする。

(2)燃焼温度を低くし、特に局所的高温域が生じないようにする。

(3)高温燃焼域における燃焼ガスの滞留時闇を短くする。

(4)窒素化合物の少ない燃料を使用する。

(5)排ガス再循環法によって燃焼させる。



2級ボイラー技士 講座

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

ボイラーの圧力噴霧式バーナの噴射油量を調節する方法として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)バーナの数を加減する。

(2)バーナのノズルチップを取り替える。

(3)油加熱器を用いる。

(4)戻り油式圧力噴霧バーナを用いる。

(5)プランジャ式圧力噴霧バーナを用いる。



2級ボイラー技士 講座

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

ボイラーにおける石炭撚料の流動層燃焼方式の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)低質な燃料でも使用できる。

(2)層内に石灰石を送入することにより、炉内脱硫ができる。

(3)ばいじんの排出量が多い。

(4)微粉炭バーナ燃焼方式に比べて石炭粒径が大きく、粉砕動力が軽減される。

(5)層内温度は、1,500℃前後である。



2級ボイラー技士 講座

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

ボイラーの燃焼における一次空気及び二次空気について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)油・ガスだき燃焼における一次空気は、噴射された燃料の周辺に供給され、初期燃焼を安定させる。

(2)微粉炭バーナ燃焼における二次空気は、微粉炭と予混合してバーナに送入される。

(3)火格子燃焼における一次空気は、一般の上向き通風では火格子から燃料層を通して送入される。

(4)火格子燃焼における二次空気は、燃料層上の可燃ガスの火炎中に送入される。

(5)火格子燃焼における一次空気と二次空気の割合は、一次空気が大部分を占める。



2級ボイラー技士 講座

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

ボイラーの燃料油タンクについて、誤っているものは次のうちどれか。

(1)燃料油タンクは、用途により貯蔵タンクとサービスタンクに分類される。

(2)サービスタンクの貯油量は、一般に最大燃焼量の2時間分以上である。

(3)屋外貯蔵タンクの油送入管は油タンクの上部に、油取出し管はタンクの底部から20~30cm上方に取り付ける。

(4)屋外貯蔵タンクには、自動油面調節装置を取り付ける。

(5)サービスタンクには、自動油面調節装置の他、油加熱器、温度計などを取り付ける。



2級ボイラー技士 講座

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ