使用を廃止した溶接によるボイラー(移畿式ボイラー及び小型ボイラーを除く。)を再び設置する場合の手続き順序として、法令上、正しいものは次のうちどれか。 ただし、計画届の免除認定を受けていない場合とする。

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

使用を廃止した溶接によるボイラー(移畿式ボイラー及び小型ボイラーを除く。)を再び設置する場合の手続き順序として、法令上、正しいものは次のうちどれか。
ただし、計画届の免除認定を受けていない場合とする。

(1)設置届 → 使用検査 → 落成検査

(2)使用検査 → 構造検査 → 設置届

(3)使用検査 → 設置届 → 落成検査

(4)溶接検査 → 構造検査 → 落成検査

(5)溶接検査 → 落成検査 → 設置届



2級ボイラー技士 講座

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニングコンテンツby.中村ブログ投稿0 Comments2017.02.12
記事の投稿者
中村 ブログ投稿

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。