タグ別アーカイブ: 小谷野正博

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 西村正宏)は、7/20(金)、eラーニング『PMP受験のための35時間PM講座』(PMBOKガイド第6版準拠)のコンテンツをリニューアルしました。

PMP資格受験のためには、35時間のPM研修を受講する必要があります。その証明書が受け取ることができる受験対策講座の最新版です。

お申込みは http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/2116/1031/ から。

【講座名】

PMP受験のための35時間PM講座

【サンプル講座】

【講座概要】

現在、「PMP受験のための35時間PM講座(PMBOKガイド第5版準拠)」を販売しています。
以下の理由により第6版準拠に改版します。
・PMI認定PMP試験が2018年3月26日からPMBOKガイド第6版をベースに出題
・第5版準拠の内容の更なる改善

【講師 小谷野正博 プロフィール】

昭和48年4月富士通株式会社入社
ITエンジニア、SEとして数多くのプロジェクトマネジメントを経験すると同時に、社内で研修講師を務める。
平成22年3月富士通株式会社 定年退職
有限責任事業組合 智の輪舎PMlabo 代表組合員
PMI日本支部会員
保有プロジェクトマネジャ資格
・平成23年8月情報処理技術者プロジェクトマネジャ(PM-2011-04-00868)
・平成22年7月米国PMI認定PMP(#1345911)

【受講対象者】

プロジェクトマネジメントを有る程度学習した方で、”米国PMI認定PMP試験” や”情報処理技術者試験プロジェクト・マネージャ”の受験を考えておられる方

【価格】

通常価格 30,000円円(税込)

【講座収録時間】

約22時間

【目次】

オリエンテーション
第1章 PMの基礎
第2章 10個の知識エリア
第3章 重要な技法
第4章 PMI倫理・職務規定
第5章 PMIイズム
第6章 アジャイル
第7章 IPA午後ⅠからPMを知る
第8章 あなたがプロジェクトから学んだこと
第9章 PMP試験模擬問題300題
第10章 PMP受験の手続き

【受講可能期間】

210日間

【学習可能デバイス】

PC(Windows・Mac両対応)・iPhone・iPad・Android端末対応
(※端末・環境により閲覧できない場合があります。無料体験で予めご確認頂けます。)

【講座のお申込み・無料体験】

Webサイト http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/2116/1031/

■その他、様々なOS、ブラウザ対応のeラーニングコンテンツも多数取り揃えております。  http://elearning.co.jp/?page_id=4697

【その他のお問い合わせ】

株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp
TEL: 03-4405-8486 E-MAIL:international@kiban.jp (担当: 衣笠)

【講師支援】

この講座は、eラーニングビジネス支援パックを活用して作成致しました。 eラーニングビジネス支援パックを利用することで、初期費用0円、継続費用0円でeラーニング講座を開講することが可能になります。詳しくは、以下のURLをご覧下さい。 http://contentsbank.jp/?page_id=5292

【株式会社キバンホールディングスについて】

株式会社キバンホールディングス http://www.kiban.co.jp/ では、「最高の学びをすべての人に」をゴールに、みなさまが日常生活に不可欠な社会基盤(インフラストラクチャ)として利用できる商品とサービスを提供します。以下、キバンホールディングスのグループ企業をご紹介します。

●株式会社キバンインターナショナル

eラーニング専門企業。6種類の教材作成ソフトを発売。2700社にeラーニング関係の製品を提供している。また、企業向け課金可能eラーニングシステムSmartBrainを提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定されました。
住所:〒114-0015 東京都北区中里2-19-8 銀座プロセスビル
電話:03-4405-8486 FAX:03-6684-4610 Email: international@kiban.jp
Web: http://www.kiban.jp/

●株式会社PANDASTUDIO.TV

最新の設備が揃ったビデオスタジオ。e-ラーニングコンテンツ制作、インターネット生中継(ライブストリーミング)、リアルタイムにクロマキー合成による撮影、4K撮影などが可能です。出張対応も可能です。プロバレーボール、プロバスケットボール、プロゴルフのスポーツ生中継や、医療制コンテンツの撮影、製品発表などの生中継を多く手がける。

●駒込キャンパス(オフィス)
住所:〒114-0015 東京都北区中里2-19-8 銀座プロセスビル
電話:03-4405-8486 FAX:03-6684-4610
●秋葉原スタジオ
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル2F
電話:03-5812-0666  FAX:03-5812-0669

Email: pandastudio@kiban.jp
Web: http://pandastudio.tv/

大好評、小谷野正博先生の「PMP受験のための35時間PM講座(第5版)」。

ご購入者さまのために、「PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第6版」を講座内に追加したことを以前にお知らせしましたが、正式リニューアル版として「PMP受験のための35時間PM講座(第6版)」7月中のリリースを予定しています。

第5版と第6版は何が違うのか?

第5版を受講中の方より、第5版と第6版は何が違うのか?別途、購入する必要があるのか?とのご質問を頂きましたので以下にご回答致します。

少しややこしくなりますが、下記、それぞれ別の言葉になりますので、ご留意しつつ読み進めて頂ければと存じます。

  • 「PMP受験のための35時間PM講座(第5版)」・・・現状リリース中。
  • 「PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第6版」・・・現状リリース中の「PMP受験のための35時間PM講座(第5版)」に追加された内容。
  • 「PMP受験のための35時間PM講座(第6版)」・・・7月中にリリース予定のリニューアル版。「PMP受験のための35時間PM講座(第5版)」から一部の動画の撮り直し、pdfの作り直し、クイズの作り直し等があります。
  • 現状ご受講頂いております「PMP受験のための35時間PM講座(第5版)」には、すでに「PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第6版」を追加させて頂いております。(目次の下の方になります)
    https://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/465/151/
    第6版対応の内容は、「PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第6版」で学習頂けますので、特にリニューアル「PMP受験のための35時間PM講座(第6版)」をご購入頂かなくとも大丈夫です。

    「PMP受験のための35時間PM講座(第6版)」は「PMP受験のための35時間PM講座(第5版)」とは、形式上、別の講座になりますので、もしも受講をご希望の場合は、別途ご購入頂く必要がございます。

    まとめますと、現在の第5版には第6版対応キャッチアップガイドが含まれており、第6版対応の内容を学習頂けますので、改めてご購入頂かなくともよろしいかと存じます。

    【サンプル講座】


    ※動画は第5版のものです。

    講座概要

    PMP資格の勉強をすれば、プロジェクトが成功する確率が高まり、勉強の成果を結果と残すことができます。

    KKD(勘、経験、度胸)にたよったタイプのPMがいかに多いか、という点も痛感しております。

    プロジェクト・マネジャー、プログラマーもサブリーダもエンジニアである以上、 「プロジェクトマネジメント」を体系的に理解すべきです。

    この講座は、PDFのテキスト付なので、eラーニングと併用しながら学習できます。また、PMP試験模擬問題300題がついています。

    PMP資格受験のためには、35時間のPM研修を受講する必要があります。本講座は、いつでもどこでも受講可能なeラーニングの受講で、35時間分の研修修了証を発行致します。

    本講座修了者には、
    「35時間研修受講証明書」を発行致します。
    (学習履歴(映像・クイズ300題実施)と宿題提出の状況で、修了判定。PMP受験資格の35時間講習に充当頂けます。)

    【講師  小谷野正博 プロフィール】

    昭和48年4月富士通株式会社入社
    ITエンジニア、SEとして数多くのプロジェクトマネジメントを経験すると同時に、社内で研修講師を務める。
    平成22年3月富士通株式会社 定年後の嘱託契約終了
    ●有限責任事業組合 智の輪舎PMlabo 代表組合員
    ●PMI日本支部会員
    ●保有プロジェクトマネジャ資格
    ●平成23年8月情報処理技術者プロジェクトマネジャ(PM-2011-04-00868)
    ●平成22年7月米国PMI認定PMP(#1345911)

    大好評、小谷野正博先生の「PMP受験のための35時間PM講座(第5版)」。

    ご購入者さまのために、「PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第6版」を講座内に追加しとことを以前にお知らせしましたが、正式リニューアル版として「PMP受験のための35時間PM講座(第6版)」リリースが決定、動画収録が終わりました。

    現在、第6版対応のクイズや資料の修正対応中です。リリースは7月中旬を予定しています。

    乞うご期待!

    【サンプル講座】


    ※動画は第5版のものです。

    講座概要

    PMP資格の勉強をすれば、プロジェクトが成功する確率が高まり、勉強の成果を結果と残すことができます。

    KKD(勘、経験、度胸)にたよったタイプのPMがいかに多いか、という点も痛感しております。

    プロジェクト・マネジャー、プログラマーもサブリーダもエンジニアである以上、 「プロジェクトマネジメント」を体系的に理解すべきです。

    この講座は、PDFのテキスト付なので、eラーニングと併用しながら学習できます。また、PMP試験模擬問題300題がついています。

    PMP資格受験のためには、35時間のPM研修を受講する必要があります。本講座は、いつでもどこでも受講可能なeラーニングの受講で、35時間分の研修修了証を発行致します。

    本講座修了者には、
    「35時間研修受講証明書」を発行致します。
    (学習履歴(映像・クイズ300題実施)と宿題提出の状況で、修了判定。PMP受験資格の35時間講習に充当頂けます。)

    【講師  小谷野正博 プロフィール】

    昭和48年4月富士通株式会社入社
    ITエンジニア、SEとして数多くのプロジェクトマネジメントを経験すると同時に、社内で研修講師を務める。
    平成22年3月富士通株式会社 定年後の嘱託契約終了
    ●有限責任事業組合 智の輪舎PMlabo 代表組合員
    ●PMI日本支部会員
    ●保有プロジェクトマネジャ資格
    ●平成23年8月情報処理技術者プロジェクトマネジャ(PM-2011-04-00868)
    ●平成22年7月米国PMI認定PMP(#1345911)

    株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 西村正宏)は、2/16(金)、eラーニング『PMP受験のための35時間PM講座(第5版)』に『PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第6版』を追加致しました。PMBOKガイド第5版をベースにプロジェクト・マネジメントを学習してきた方が、これからPMP試験を受験するのに知っておくべき第6版の差異を提供するものです。お申込みは https://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/465/151/ から。

    【講座名】

    PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第6版

    【サンプル講座】

    https://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/465/151/

    【講座概要】

    米国PMI認定PMP試験は2018年3月26日からPMBOKガイド第6版をベースに出題されます。
    そこで、この講座は、PMBOKガイド第5版をベースにプロジェクト・マネジメントを学習してきた方が、これからPMP試験を受験するのに知っておくべき第6版の差異を提供するものです。
    なお、「PMP受験のための35時間PM講座(第5版)」及び「PMP受験のための35時間PM講座(60日延長オプション)」を受講中の方は、無料にて受講できます。

    【講師  小谷野正博 プロフィール】

    昭和48年4月富士通株式会社入社
    ITエンジニア、SEとして数多くのプロジェクトマネジメントを経験すると同時に、社内で研修講師を務める。
    平成22年3月富士通株式会社 定年後の嘱託契約終了
    ●有限責任事業組合 智の輪舎PMlabo 代表組合員
    ●PMI日本支部会員
    ●保有プロジェクトマネジャ資格
    ●平成23年8月情報処理技術者プロジェクトマネジャ(PM-2011-04-00868)
    ●平成22年7月米国PMI認定PMP(#1345911)

    【受講対象者】

    ・プロジェクトマネジメントを有る程度学習した方で、”米国PMI認定PMP試験” や”情報処理技術者試験プロジェクト・マネージャ”の受験を考えておられる方
    ・既に上記資格をお持ちで、PMBOKガイド第6版の変更点を理解したい方

    【講座収録時間】

    約1時間55分

    【目次】

    ●PMBOKガイド第5版と第6版の 相違(概観)その1
    ●PMBOKガイド第5版と第6版の 相違(概観)その2
    ●プロジェクト・マネジャーの役割
    ●ビジネス文書
    ●プロジェクト・フェーズ
    ●傾向と新たな実務慣行
    ●アジャイル型環境への考慮事項
    ●ツールと技法のグループ化
    ●PM計画書とPJ文書のグループ化
    ●プロジェクト統合マネジメントの変更点
    ●プロジェクト品質マネジメントの変更点
    ●プロジェクト資源マネジメントの変更点
    ●プロジェクト・リスク・マネジメントの変更と追加
    ●アーンド・スケジュール
    ●PMBOKガイド第6版のITTO   ドキュメント
    ●PMP練習問題25題         クイズ

    【受講可能期間】

    60日間

    【学習可能デバイス】

    PC(Windows・Mac両対応)・iPhone・iPad・Android端末対応
    (※端末・環境により閲覧できない場合があります。無料体験で予めご確認頂けます。)

    【講座のお申込み・無料体験】

    Webサイト https://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/465/151/

    ■その他のお問い合わせ

    株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp
    TEL: 03-4405-8486 E-MAIL:international@kiban.jp (担当: 田中)

    【講師支援】

    この講座は、eラーニングビジネス支援パックを活用して作成致しました。 eラーニングビジネス支援パックを利用することで、初期費用0円、継続費用0円でeラーニング講座を開講することが可能になります。詳しくは、以下のURLをご覧下さい。 http://contentsbank.jp/?page_id=5292

    【株式会社キバンホールディングスについて】

    株式会社キバンホールディングス http://www.kiban.co.jp/ では、「最高の学びをすべての人に」をゴールに、みなさまが日常生活に不可欠な社会基盤(インフラストラクチャ)として利用できる商品とサービスを提供します。以下、キバンホールディングスのグループ企業をご紹介します。

    ●株式会社キバンインターナショナル

    eラーニング専門企業。6種類の教材作成ソフトを発売。2700社にeラーニング関係の製品を提供している。また、企業向け課金可能eラーニングシステムSmartBrainを提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定されました。
    住所:〒114-0015 東京都北区中里2-19-8 銀座プロセスビル
    電話:03-4405-8486 FAX:03-6684-4610 Email: international@kiban.jp
    Web: http://www.kiban.jp/

    ●株式会社PANDASTUDIO.TV

    最新の設備が揃ったビデオスタジオ。e-ラーニングコンテンツ制作、インターネット生中継(ライブストリーミング)、リアルタイムにクロマキー合成による撮影、4K撮影などが可能です。出張対応も可能です。プロバレーボール、プロバスケットボール、プロゴルフのスポーツ生中継や、医療制コンテンツの撮影、製品発表などの生中継を多く手がける。

    ●駒込キャンパス(オフィス)
    住所:〒114-0015 東京都北区中里2-19-8 銀座プロセスビル
    電話:03-4405-8486 FAX:03-6684-4610
    ●秋葉原スタジオ
    住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-7-3 セイコービル2F
    電話:03-5812-0666  FAX:03-5812-0669

    Email: pandastudio@kiban.jp
    Web: http://pandastudio.tv/


    プロジェクトの成功率UP【PMP資格】動画問題集~第12問 好機に対する戦略 こちらの動画にてご覧いただけます。

    【ミッション】

    プロジェクトの予算を10%削減できそうなリスクが特定された。実現には、その分野で­実績のあるA社と組むのが良いだろう。この対策は”好機に対する戦略&qu­ot;の中の何戦略か。
    【選択肢】

    A 活用
    B 共用
    C 強化
    D 受容

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    【答え】

    B 共用

    【解説】
    リスク対応計画プロセスのツールと技法である“マイナスのリスクあるいは教員に対する戦略”についてです。

    問題文から「‥計画段階で、要求事項収集とスコープ定義を十分に行い、‥」というリスク原因を取り除く活動が読み取れます。

    ※この問題の、より詳しい解説は、この無料動画でご覧いただけます。

    【PMP講座はこちらから】

    講座詳細
    http://bit.ly/2rgEzRF

    講座サンプル動画
    http://bit.ly/2pqe6id

    講座の特徴

    本講座修了で受験資格の一つ「35時間研修受講証明書」が得られる。・・・「PMP受験資格」の35時間講習に充当できる。学習履歴(映像・クイズ300題実施)と宿題提出の状況で、修了判定。

    非常にわかり易く整理されており、頭に入りやすい。・・・初めて勉強される方にもおすすめ。

    無料でPDFのテキストがついてくる!!
    ・・・プリントして講座を見ながら書き込みをすることができる。

    PMP試験模擬問題300題付!!・・・PMP試験に向けて十分な量の問題も用意されている

    PMP資格は何に役立つ?

    ・オリエンテーション プロジェクト・マネジメントを勉強すれば、 プロジェクトの成功・確率が高まる

    ・《資格※》として残せば、顧客の信頼が得られる 商談が有利に展開する。(※米国PMI認定PMP・情報処理技術者試験PM)

    ・プロジェクトマネジメントに関する資格のデファクト・スタンダードとして広く認知されており、IT・建設をはじめとする多くの業界にニーズがあります。

    PMP®試験の難易度

    合格率は60%程度なので、合格し易いかというと、そうでもありません
    その理由としては、以下の二点。
    ・PMBOK®ガイドを理解していること。
    ・受験料の高さから記念受験者は少なく、ある程度学習を積んだ方が受験すること。

    試験日程について

    ほぼ毎日行われています。


    プロジェクトの成功率UP【PMP資格】動画問題集~第11問 脅威に対する戦略 こちらの動画にてご覧いただけます。

    【ミッション】

    プロジェクト実行段階になっても、要素成果物の仕様が定まらず変更要求が出続ける状態­(スコープ・クリープ)を防ぐには、計画段階で、要求事項収集とスコープ定義を充分に­行い、変更要求を監視・コントロールする活動をする。この対策は”脅威に対­する戦略”の中の何戦略か。
    【選択肢】

    A 回避
    B 転嫁
    C 軽減
    D 受容

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    【答え】

    A 回避

    【解説】
    リスク対応計画プロセスのツールと技法である“マイナスのリスクあるいは教員に対する戦略”についてです。

    問題文から「‥計画段階で、要求事項収集とスコープ定義を十分に行い、‥」というリスク原因を取り除く活動が読み取れます。

    ※この問題の、より詳しい解説は、この無料動画でご覧いただけます。

    【PMP講座はこちらから】

    講座詳細
    http://bit.ly/2rgEzRF

    講座サンプル動画
    http://bit.ly/2pqe6id

    講座の特徴

    本講座修了で受験資格の一つ「35時間研修受講証明書」が得られる。・・・「PMP受験資格」の35時間講習に充当できる。学習履歴(映像・クイズ300題実施)と宿題提出の状況で、修了判定。

    非常にわかり易く整理されており、頭に入りやすい。・・・初めて勉強される方にもおすすめ。

    無料でPDFのテキストがついてくる!!
    ・・・プリントして講座を見ながら書き込みをすることができる。

    PMP試験模擬問題300題付!!・・・PMP試験に向けて十分な量の問題も用意されている

    PMP資格は何に役立つ?

    ・オリエンテーション プロジェクト・マネジメントを勉強すれば、 プロジェクトの成功・確率が高まる

    ・《資格※》として残せば、顧客の信頼が得られる 商談が有利に展開する。(※米国PMI認定PMP・情報処理技術者試験PM)

    ・プロジェクトマネジメントに関する資格のデファクト・スタンダードとして広く認知されており、IT・建設をはじめとする多くの業界にニーズがあります。

    PMP®試験の難易度

    合格率は60%程度なので、合格し易いかというと、そうでもありません
    その理由としては、以下の二点。
    ・PMBOK®ガイドを理解していること。
    ・受験料の高さから記念受験者は少なく、ある程度学習を積んだ方が受験すること。

    試験日程について

    ほぼ毎日行われています。


    プロジェクトの成功率UP【PMP資格】動画問題集~第10問 モチベーション理論 こちらの動画にてご覧いただけます。

    【ミッション】

    『  』に入る用語は何か。
    『  』を導入することは、各要求事項をビジネス目標およびプロジェクト目標に結び付け、各­要求事項がビジネス上の価値を確実に実現することに役立つ。
    【選択肢】

    A 要求事項マネジメント計画書
    B プロジェクト憲章
    C ビジネスケース
    D 要求事項トレーサビリティ・マトリックス

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    【答え】

    D 要求事項トレーサビリティ・マトリックス

    【解説】

    PMBOKガイド第5版に以下の記述がある。

    『要求事項トレーサビリティ・マトリックス』を導入する事は、各要求事項をビジネス目標およびプロジェクト目標に結び付け、各要求事項がビジネス上の価値を確実に実現することに役立つ。

    それはまた要求事項をプロジェクトのライフサイクルを通じて追跡する手段となり、要求事項文書で承認された事項が、プロジェクト完了時点で間違いなく達成されていることを担保する助けになる。

    ※この問題の、より詳しい解説は、この無料動画でご覧いただけます。

    【PMP講座はこちらから】

    講座詳細
    http://bit.ly/2rgEzRF

    講座サンプル動画
    http://bit.ly/2pqe6id

    講座の特徴

    本講座修了で受験資格の一つ「35時間研修受講証明書」が得られる。・・・「PMP受験資格」の35時間講習に充当できる。学習履歴(映像・クイズ300題実施)と宿題提出の状況で、修了判定。

    非常にわかり易く整理されており、頭に入りやすい。・・・初めて勉強される方にもおすすめ。

    無料でPDFのテキストがついてくる!!
    ・・・プリントして講座を見ながら書き込みをすることができる。

    PMP試験模擬問題300題付!!・・・PMP試験に向けて十分な量の問題も用意されている

    PMP資格は何に役立つ?

    ・オリエンテーション プロジェクト・マネジメントを勉強すれば、 プロジェクトの成功・確率が高まる

    ・《資格※》として残せば、顧客の信頼が得られる 商談が有利に展開する。(※米国PMI認定PMP・情報処理技術者試験PM)

    ・プロジェクトマネジメントに関する資格のデファクト・スタンダードとして広く認知されており、IT・建設をはじめとする多くの業界にニーズがあります。

    PMP®試験の難易度

    合格率は60%程度なので、合格し易いかというと、そうでもありません
    その理由としては、以下の二点。
    ・PMBOK®ガイドを理解していること。
    ・受験料の高さから記念受験者は少なく、ある程度学習を積んだ方が受験すること。

    試験日程について

    ほぼ毎日行われています。


    プロジェクトの成功率UP【PMP資格】動画問題集~第9問 モチベーション理論 こちらの動画にてご覧いただけます。

    【ミッション】

    組織における個人のモチベーションに影響を与える内的要因として欲求理論がある。欲求­理論に関する記述として最も適切なものはどれか。
    【選択肢】

    A ハーズバーグが主張した2要因論によれば、動機づけ要因と衛生要因には高い相関関係が­あり、衛生要因を充足しなければモチベーションは起こらないという。
    B マグレガーは、管理者が部下に対して持つ人間観の理念型として、X理論・Y理論を提唱­し、Y理論に従うと、部下を意思決定に参加させる方が仕事への意欲が高まるとした。
    C マクレランドは、欲求を達成欲求・権力欲求・親和欲求に分類し、達成欲求の高い従業員­が優れた管理職になると主張した。
    D マズローが主張した欲求階層説によれば、自己実現など上位の欲求のほうが、モチベーシ­ョン要因として強く作用するという。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    【答え】

    B マグレガーは、管理者が部下に対して持つ人間観の理念型として、X理論・Y理論を提唱­し、Y理論に従うと、部下を意思決定に参加させる方が仕事への意欲が高まるとした。

    【解説】
    ・ハーズバーグの動機付け・衛生理論:
    衛生要因は、これを改善すれば不満足を減らす事はできるものの、積極的な態度にはつながらない。例としては、作業条件や給与など。
    満足要因(動機づけ)は、これを向上させれば積極的な動機付けにつながる。例としては、仕事のやりがい、責任、成長など。

    ・マグレガーのX理論Y理論:
    X理論は、人間は仕事が嫌いで、できることなら仕事をしたくないと考える。強制されたり脅されなければ仕事をしないため、命令と統制による管理が必要となる。
    Y理論は、人間は自分で決めた目的のためには進んで働くと考える。

    マグレガーは、従来の企業はX理論に基づいて命令と統制により管理されているが、従業員の知的能力はあまり生かされておらず、より高次元の欲求を満たすためには、Y理論に基づいた管理が必要だと指摘した。その方法として、目標管理や権限委譲を挙げている。

    ※この問題の、より詳しい解説は、この無料動画でご覧いただけます。

    【PMP講座はこちらから】

    講座詳細
    http://bit.ly/2rgEzRF

    講座サンプル動画
    http://bit.ly/2pqe6id

    講座の特徴

    本講座修了で受験資格の一つ「35時間研修受講証明書」が得られる。・・・「PMP受験資格」の35時間講習に充当できる。学習履歴(映像・クイズ300題実施)と宿題提出の状況で、修了判定。

    非常にわかり易く整理されており、頭に入りやすい。・・・初めて勉強される方にもおすすめ。

    無料でPDFのテキストがついてくる!!
    ・・・プリントして講座を見ながら書き込みをすることができる。

    PMP試験模擬問題300題付!!・・・PMP試験に向けて十分な量の問題も用意されている

    PMP資格は何に役立つ?

    ・オリエンテーション プロジェクト・マネジメントを勉強すれば、 プロジェクトの成功・確率が高まる

    ・《資格※》として残せば、顧客の信頼が得られる 商談が有利に展開する。(※米国PMI認定PMP・情報処理技術者試験PM)

    ・プロジェクトマネジメントに関する資格のデファクト・スタンダードとして広く認知されており、IT・建設をはじめとする多くの業界にニーズがあります。

    PMP®試験の難易度

    合格率は60%程度なので、合格し易いかというと、そうでもありません
    その理由としては、以下の二点。
    ・PMBOK®ガイドを理解していること。
    ・受験料の高さから記念受験者は少なく、ある程度学習を積んだ方が受験すること。

    試験日程について

    ほぼ毎日行われています。


    プロジェクトの成功率UP【PMP資格】動画問題集~第8問 立ち上げプロセス群 こちらの動画にてご覧いただけます。

    【ミッション】

    あなたは、新たに始まるITプロジェクトのプロジェクト・マネジャー(PM)として任­命される予定である。
    プロジェクト・スポンサーに代わって、 “プロジェクト憲章”を作成するように言われたので、作成し、そ­してプロジェクト・スポンサーの承認も得た。つまり、ITプロジェクトのPMとして正­式に任命された。
    あなたは、次のステップとして何をすべきですか。
    【選択肢】

    A プロジェクト・マネジメント計画書を作成する。
    B リスクを特定する。
    C ステークホルダーを特定する。
    D 要求事項を収集する。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    【答え】

    C ステークホルダーを特定する。

    【解説】
    プロジェクトマネジメントは、5つのプロセス群(立上げ、計画、実行、監視・コントロール、終結)を47個に分類したプロジェクト・マネジメント・プロセスをプロジェクトに適切に適応することである。

    プロジェクトの進行をプロセス群で見ると、立上げ→計画→実行→終結となる。監視・コントロールは全プロセスで適用される

    選択肢を見ると、
    ・計画プロセス群の“プロジェクト・マネジメント計画書作成”、“リスク特定”、“要求事項収集”と
    ・立上げ計画プロセス群の“ステークホルダー特定”がある。

    計画の前に、立上げの“ステークホルダー特定”プロセスを実行しておく必要がある。

    ※この問題の、より詳しい解説は、この無料動画でご覧いただけます。

    【PMP講座はこちらから】

    講座詳細
    http://bit.ly/2rgEzRF

    講座サンプル動画
    http://bit.ly/2pqe6id

    講座の特徴

    本講座修了で受験資格の一つ「35時間研修受講証明書」が得られる。・・・「PMP受験資格」の35時間講習に充当できる。学習履歴(映像・クイズ300題実施)と宿題提出の状況で、修了判定。

    非常にわかり易く整理されており、頭に入りやすい。・・・初めて勉強される方にもおすすめ。

    無料でPDFのテキストがついてくる!!
    ・・・プリントして講座を見ながら書き込みをすることができる。

    PMP試験模擬問題300題付!!・・・PMP試験に向けて十分な量の問題も用意されている

    PMP資格は何に役立つ?

    ・オリエンテーション プロジェクト・マネジメントを勉強すれば、 プロジェクトの成功・確率が高まる

    ・《資格※》として残せば、顧客の信頼が得られる 商談が有利に展開する。(※米国PMI認定PMP・情報処理技術者試験PM)

    ・プロジェクトマネジメントに関する資格のデファクト・スタンダードとして広く認知されており、IT・建設をはじめとする多くの業界にニーズがあります。

    PMP®試験の難易度

    合格率は60%程度なので、合格し易いかというと、そうでもありません
    その理由としては、以下の二点。
    ・PMBOK®ガイドを理解していること。
    ・受験料の高さから記念受験者は少なく、ある程度学習を積んだ方が受験すること。

    試験日程について

    ほぼ毎日行われています。

    プロジェクトの成功率UP【PMP資格】動画問題集~第7問 プロジェクト作業範囲記述書 こちらの動画にてご覧いただけます。

    【ミッション】

    あなたはB社の社員で、A社から受注したITプロジェクトのプロジェクト・マネージャ­ー(PM)として任命される予定である。
    さて、調べてみると “プロジェクト憲章”も”プロジェクト作業範囲記述書­”もなく、おざなりなA社のRFPとB社のプロポーザルしかないことに気付­いた。
    このことを上司に尋ねると、「今期売り上をあげたいので、とにかく受注を執りにいった­。うまくやってくれ、頼むよ。」と言われた。あなたは “プロジェクト憲章”を作るために”プロジェクト作業­範囲記述書”を確保したいと思っている。どのように行動するのがよいか。

    【選択肢】

    A 自分自身で作ってしまう。PM候補だから。
    B A社に作って提供してもらう。
    C プロジェクト作業範囲記述書の確保はあきらめる。
    D B社の組織のプロセス資産から見つけ出す。

    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    【答え】

    B A社に作って提供してもらう。

    【解説】
    受注の場合、発注側が発行するRFPと受注候補側が返答するプロポーザルのやりとりが行われます。
    通常RFPに“プロジェクト作業範囲記述書”相当の内容が書かれ、不明点があれば質問をしたりして明確にし、プロポーザルを返します。また、受注した場合は“契約書”にも書かれます。

    とにかく、「受注しろ!」の声が大きくなると、このプロセス話がおざなりになり、後々痛い目に合います。

    まだ受注した直後ですから、PMのあなたは堂々と「A社に作って提供してもらう。」の行動を取るべきです。

    ※この問題の、より詳しい解説は、この無料動画でご覧いただけます。

    【PMP講座はこちらから】

    講座詳細
    http://bit.ly/2rgEzRF

    講座サンプル動画
    http://bit.ly/2pqe6id

    講座の特徴

    本講座修了で受験資格の一つ「35時間研修受講証明書」が得られる。・・・「PMP受験資格」の35時間講習に充当できる。学習履歴(映像・クイズ300題実施)と宿題提出の状況で、修了判定。

    非常にわかり易く整理されており、頭に入りやすい。・・・初めて勉強される方にもおすすめ。

    無料でPDFのテキストがついてくる!!
    ・・・プリントして講座を見ながら書き込みをすることができる。

    PMP試験模擬問題300題付!!・・・PMP試験に向けて十分な量の問題も用意されている

    PMP資格は何に役立つ?

    ・オリエンテーション プロジェクト・マネジメントを勉強すれば、 プロジェクトの成功・確率が高まる

    ・《資格※》として残せば、顧客の信頼が得られる 商談が有利に展開する。(※米国PMI認定PMP・情報処理技術者試験PM)

    ・プロジェクトマネジメントに関する資格のデファクト・スタンダードとして広く認知されており、IT・建設をはじめとする多くの業界にニーズがあります。

    PMP®試験の難易度

    合格率は60%程度なので、合格し易いかというと、そうでもありません
    その理由としては、以下の二点。
    ・PMBOK®ガイドを理解していること。
    ・受験料の高さから記念受験者は少なく、ある程度学習を積んだ方が受験すること。

    試験日程について

    ほぼ毎日行われています。

    • 製品・サービス
      PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
      PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
      http://smartbrain.info/
      PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


      eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
      http://elearning.co.jp/
      eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


      コンテンツビジネス支援パック
      http://contentsbank.jp/

      Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
      Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
      http://pandastudio.tv/

      eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
      ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
      http://blog.elearning.co.jp/

    • アーカイブ
    • カテゴリー
    • Amazon
    • タグ