タグ別アーカイブ: テスト

前回、集合研修の申込管理を頑張ってSmartBrainでやってみたいPart1では、SmartBrainを使った集合研修の申し込み管理法をお伝えしました。今回はその応用編です。

例えば、集合研修の参加者の質を保ちたいとしましょう。そうした際には、申し込んでもらう前に、テストを実施するのが有効です。つまり、テストに合格した人だけが、集合研修に申し込めるという仕組みです。では、そのやり方をご紹介しましょう。

1.QuizCreatorで試験を作成し、Part1で作成したコースに追加。

▲Part1で設定したコースに「前提知識テスト」を追加した

▲Part1で設定したコースに「前提知識テスト」を追加した

2.

▲「履修制限」をクリック

▲「履修制限」をクリック

3.

▲チェックすることで、前提知識テストに合格した人しか、「申し込みフォーム」に進めない設定。

▲チェックすることで、前提知識テストに合格した人しか、「申し込みフォーム」に進めない設定。

このように、「履修制限」機能を活用すれば、テストに合格した人のみが集合研修に参加できる仕組みの出来上がりです。

●iPhone、iPad、PC、ブラウザを選ばず学習できる

LMS(ラーニング・マネジメント・システム)
『SmartBrain』・・・1ユーザー210円/月(税込)
20ユーザーまで無料。お試し登録はこちらからどうぞ。
http://smartbrain.info/

●プログラミング知識・作業も不要な試験問題・クイズ作成ソフト

『Quiz Creator』・・・16,800円(税込)
30日間無料お試しダウンロードはこちらからどうぞ。
http://quizcreator.jp/

今回のeラーニング導入こぼれ話バックナンバーは、「eラーニング教材作成のポイント」。とてもお役に立つ内容ですので、ぜひご覧下さい。

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2011年2月10日発行
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0025

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

今回は、みなさまから本当によく頂くご質問「どんなeラーニング教材がよい教材なの?」についてお話いたします。

▲「eラーニング教材作成のポイント」をお届けします。

▲「eラーニング教材作成のポイント」をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今回のポイント
1. どんな教材がよい教材?
2. ガニエの9教授事象
3. 教材作成5つのポイント
4. パワポで教材をつくるコツ
5. 動画教材で作るコツ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●eラーニング先進国、韓国オンライン大学で採用の高機能教材作成
『Lecture MAKER』・・・99,750円(税込)最新版アップデート!
30日間無料お試しダウンロードはこちらからどうぞ。
http://lecturemaker.jp/?arigatou20110210

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】eラーニング教材作成のポイント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▲講師はeラーニング支援部 中村央理雄です

▲講師はeラーニング支援部 中村央理雄です

●どんな教材がよい教材?

そもそも、よい教材とは何でしょうか?

よい教材とは考えを相手に伝えるものです。伝わらない教材では、学習効果が得られません。

しかし、ただ伝わるというだけでは不十分です。

学習者が、学んだことを実践、行動に移してくれないと意味がありません。

これができてはじめて、よい教材ということができます。これからその方法を説明して参ります。

●ガニエの9教授事象

「ガニエの9教授事象」をご存知でしょうか?

これは、研修プログラムなどをつくりこむ際に押さえるべき、9つの事柄です。その9番目に「保持と転移を高める」というのがあり、今回のお話はこれに当たります。

※参考「ガニエの9教授事象」
1.学習者の注意を獲得する
2.授業の目標を知らせる
3.前提条件を思い出させる
4.新しい事項を提示する
5.学習の指針を与える
6.練習の機会をつくる
7.フィードバックを与える
8.学習の成果を評価する
9.保持と転移を高める

●ポイント1:誰に何を伝えたいのか?

まず、教材を作る立場になった場合。
前提として重要なことがあります。

それは、

・伝えたいことは何か?
・誰に伝えるのか?

を明確にするということです。

ここをハッキリ思い描くことができないと、教材のコンセプトにブレができてしまいます。ブレたものは伝わりません。作成前に、ハッキリと決めておきましょう。

●ポイント2:学習時間10分程度以内

▲eラーニング教材コンテンツの時間は10分以内に。

▲eラーニング教材コンテンツの時間は10分以内に。

eラーニング教材では、学習の一区切りをなるべく10分以内におさめましょう。

なぜならば、eラーニングは

・就業時間のうちに学習を行うことが多い。
・よって、学習に専念できる環境ではない。

からです。

職場で勉強していれば、途中で電話もかかってきたり、話かけられたりします。つまり、いろいろな妨げが入るというわけです。

その為、細切れ時間の有効活用がポイントになります。すなわち、10分以内程度の学習単位で教材を作成することが大切になってきます。

学習者からすると、「10分でも長い!」という声も多くきかれますので、集中が途切れないように配慮することが推奨されます。それが、次のポイント、「一枚のスライドの内容を絞る」です。

●ポイント3:一枚のスライドの内容を絞る

教材で使うPowerPointのスライドの1枚の中身は、コンパクトにまとめましょう。これは鉄則です。

スッキリと見やすいスライドであれば、学習者に余計なストレスをかけることもありません。

ところが、もし、1枚のスライドの説明が長いと、

・スライドがごちゃごちゃする
・見にくい
・飽きる

という事態が発生してしまいます。こうなると、学習意欲自体がそがれてしまいます。スライドにたくさん詰め込んだ割りに、何も覚えてもらえません。

スライドはスッキリ、簡潔に。これを徹底しましょう。

●ポイント4:音声は自信を持ってはっきりと

「何を言っているか聞き取りにくい」。これもまた、学習を妨げる要因です。

もちろん、講師の話し方にもよるのですが、それ以前に、よくやってしまいがちな失敗がありますのでご紹介しましょう。

それは、パソコン内臓のマイクを使用してしまうこと。これではあまりクリアな音声は期待できません。

音声をはっきりと収録するコツは、ヘッドセットを使用することです。

ピンジャック接続タイプのものよりも、USB接続タイプのものの方が格段に音声がクリアです。家電店に行けば2~3千円で購入できますので、入手しましょう。

講師は、テンポよくリズミカルに話すことをこころがけましょう。

●ポイント5:簡単なまとめとテストが有効

良い教材は、インプット、アウトプット、両方ができるものです。

覚えるための教材とテストの為の教材、セットで実施するのです。

なぜならば、テストを解くという行為をすることで、反復学習の効果が得られます。

インプットした際に覚えた知識を、自分で考えてアウトプットをする。反復することで、記憶の定着もいっそう確実なものになります。

●パワポで教材をつくるコツ・動画教材を作るコツ

今回のお話はWEB動画でもご覧頂けます。さらに、メールマガジンではご紹介できなかった、「パワポで教材をつくるコツ」「動画教材を作るコツ」も収録されています。

自ら数多くのプレゼンをし、資料も自ら作成している株式会社キバンインターナショナル中村央理雄が講師です。復習テストもご用意しています。ぜひご覧下さい。

の「ユーザー登録」から登録後、ログインが必要です。

ログイン後、
「【毎週更新】eラーニング導入こぼれ話」→「eラーニング教材作成のポイント」をクリックでご覧頂けます。

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学び方は人それぞれかとは思いますが、どんな世界にも基本原則というものはあるものです。せっかく時間もお金もかけるのであれば、基本を押さえた上で応用したいものですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

毎週発行しているメールマガジン『eラーニング導入こぼれ話』バックナンバーを公開します。ソフトメーカーが明かす貴重な作成ノウハウですので、ぜひ、eラーニング教材作成にお役立て下さい。

キーワードは「コスト削減」と「教育効果」2010年10月21日発行

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

eラーニング導入こぼれ話 Vol.0009

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

「最高の学びをすべての人に!」

こんにちは!いつも大変お世話になっております、株式会社キバンインターナショナルの田中です。

今回は前回に引き続き、LectureMAKERの開発元であるダウルソフトが作成した『eラーニング プロジェクトマネジメント』を要約してお届けします。

これは社内で「eラーニング教材を作成しよう!」となったときに、クオリティの高い教材を、どう効率的に作成するか、という指針になるものです。

eラーニング先進国、韓国のソフトメーカーが明かす教材作成ノウハウですので、お役に立つこと請け合いです。

ぜひ、教材を自製する際にご活用ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●今回のポイント

1.高機能教材作成ソフトLectureMAKERの無料セミナーを開催

2.eラーニングでよく聞く言葉「SCO」って何?

3.コンテンツ作成のキモ「ストーリーボード」とは?

4.教材のクオリティを高める2つのテスト

5.企業向けUstream活用講座を開催

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

===(お知らせ)=====================

●高機能教材作成ソフトLectureMAKERのセミナー

『LectureMAKERを実際に触って教材を作成できるところまで面倒みるセミナー』を開催します。

オンラインならびに、オンサイトでもご参加頂くことが可能です。

ご参加は無料です。

体験版をご利用中の方、製品版をご購入者様を問わずご利用頂けますので大変お得です。

詳細は、以下のURLを御覧ください。

こちらのセミナーは http://10000.bz/elw2010/ よりユーザー登録、ログイン後『オンラインセミナー』→『第2回LectureMAKERハンズオンセミナー』よりご覧いただけます。

==============================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【main contents】『eラーニング プロジェクトマネジメント』(後編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●eラーニングでよく聞く言葉「SCO」って何?

SCO(スコ)とは教育コンテンツ素材と練習問題の「集合体」です。例えば“ひとつのSCOを学習することで、ひとつの仕事のタスクを覚えられる”といった構成で作成します。ポイントはSCO単体で何度でも学習できるようにすること。すると学習目的を達成しやくすなります。

SCOはその会社の教育戦略に従って作成します。教育戦略の例としては、ストーリーベースの学習、ゲームベースの学習、そして、シナリオベースの学習などが挙げられます。

教育戦略の青写真となるドキュメントを作成しましょう。これによりeラーニングのコンテンツ、見た目、雰囲気、全体の学習デザインの特徴が示され、共有できるようになります。

●コンテンツ作成のキモ「ストーリーボード」とは?

いったん学習デザインを作成したら、コンテンツはデザインされたテンプレートに沿った形に加工してあげる必要があります。これは一般に「ストーリーボード」と呼ばれる手法です。

つまり、ストーリーボードを作成することにより、学習コンテンツ、プログラミングの概要、学習コース各ページの音声スクリプトなどを、学習デザインに沿ってドキュメント化することができます。

ストーリーボードができたら、社内の各コンテンツの専門家からフィードバックを集めましょう。専門家が合格点を出すまで、フィードバックに基づいた修正を繰り返し、ストーリーボードをより洗練させていきます。

●製作

フィードバックを繰り返し、ストーリーボードに関係者からゴーサインがでたら開発を開始します。

以下はeラーニング教材の一般的な製作工程です。

1.レコーディングに向けて、ナレーターと教材の音声スクリプトについて打ち合わせます。 実際にレコーディングを行う前に、この学習コースのステークホルダー全員にナレーターの声のクオリティ、トーン、ペースについて確認しておきます。

2.eラーニング教材の見た目やナビゲーションを、グラフィカルユーザーインターフェイスとして実際に作成しましょう。ここでも、実際にeラーニング教材作成に入る前に関係者全員の承認を取り付けておく必要があります。

3.eラーニング教材で使用するイメージやアニメーション、キャラクターなどの素材を作成しましょう。

4.eラーニング教材の作成担当者は、ここまでで承認された素材、ナレーターの音声、レイアウトイメージをオーサリングツールを使用してまとめあげます。

5.次に、クオリティを高める作業を行います。教材が完成したら、eラーニング教材の完成度を測るためのテストを作成しましょう。通常、テストはアルファ、ベータの2段階を作成します。

アルファテストでは、全てのバグやミスを開発チームにより発見・修正するようにします。アルファテストには通常、1名以上の人員が割り当てられます。

アルファテストを実施し修正を行った後は、教材はステークホルダーによって検証されます。これがベータデストで、eラーニング教材を完成させるためには欠かせないステップです。

ベータテストで問題がなければ教材は完成です。

6.配布

完成した教材はプロジェクトで定めた方法に従って、すでに運用しているLMS(ラーニングマネジメントシステム)やwebサイトにアップロードしたりCD-ROMなどで配布します。

●結論

他のプロジェクトをマネジメントするのと同じように、教材作成をスムーズに運営するには、洗練されたスケジュールやマネジメントツールが必要不可欠です。eラーニング教材開発のワークフローを理解することにより、教材作成のどの段階においても、不必要な作業のやり直しなおしを未然に防ぐことが出来き、スムーズに運営することができます。

やはり良い教材を作成するには、それに適したツールが必要ということですね。

↓ ↓ ↓

_______________________

eラーニング先進国、韓国オンライン大学で採用の高機能教材作成
『LectureMAKER』・・・99,750円(税込)

_______________________

30日間無料お試しダウンロードはこちらからどうぞ。
http://lecturemaker.jp/?arigatou20101019

今回の動画は以下から

http://10000.bz/elw2010/ より

「eラーニング導入こぼれ話」→「【第9回】講義:【eラーニング プロジェクトマネジメント 後編】」をクリックでご覧頂けます。

===(お知らせ)=====================

【セミナー】実践!企業向けUstream活用講座

知識編・技術編」を開催/2010年11月12日、26日

今回のセミナーでは、「知識編」と「技術編」の二回にわけて、「知識編」では企業広報の業界事情に詳しいビーンスター株式会社代表取締役の鶴野氏、アイティメディア株式会社取締役の工藤氏をお招きしてUstreamの特徴、Ustream事例、企画についてお話いただきます。

また、「技術編」では自社内にUstream配信スタジオを持ち、毎日Ustreamの実験放送を行っている株式会社キバンインターナショナルの長谷川と、TOKYO MXディレクターの粟野氏より、機材基本知識と、トラブル対応の実践を行ないます。

また、今回のセミナーに参加するための稟議書もダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

詳しいご案内、お申し込みは以下のページからお願いします。

http://ustreamer.jp/?p=2256

==============================

━━(編集後記)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おかげさまでパンダスタジオが人気です。

●eラーニング教材作成もできるUstreamレンタルスタジオ
【PANDA STUDIO】オープンしました!

パンダスタジオは私たち株式会社キバンインターナショナル本社(東京・千代田区)にある、eラーニング教材作成、Ustream配信、動画コンテンツ制作ができるレンタルスタジオです。

スタジオのご利用スケジュール表をWebで公開したところ、おかげさまで大変な反響を頂きまして、すでにかなり埋まっております。本当にありがとうございます。

●パンダスタジオご利用スケジュール表・予約申し込み

http://pandastudio.tv/?page_id=13?arigatou20101019
白と黒の2つのスタジオがあることからパンダスタジオと名づけられましたこのスタジオ。

先日ご利用頂いた方にも「すごくオシャレだし、今までで一番使いやすい」とおっしゃって頂く事ができました。本当にうれしい限りです。スタジオのデザインはこちらこらご覧頂く事ができます。
http://pandastudio.tv/?arigatou20101019

パンダスタジオにご来場頂いた方は本当に楽しそうにして頂いていますので、運営する私たちも本当にうれしい限りです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後も役立つコンテンツを公開して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

LectureMAKERで問題を隠しておく方法

CATEGORIES LectureMAKERby.m.nishimura1 Comments2009.12.03

LectureMAKERの質問と回答を公開します。

Q.レクチャーメーカーで問題を隠しておいて後で表示する方法はないでしょうか?

現在、LectureMAKERでは、「ボタン」の設定から、画像やオブジェクトなどを隠し、ボタンをクリックすることで表示させることが可能です。この機能と同じ設定で、Quizも、「ボタン」のクリック後、表示/非表示にすることも、選択肢をランダム化で表示することも可能です。

その設定に関して、サンプル教材のダウンロードは、こちら

http://blog.elearning.co.jp/wp-content/uploads/2009/12/LectureMAKER_Quiz01.zip

スライド内の設定は、以下となります。

2009-12-04_1640

また、「ボタン」の使い方に関しては、ホームページをご参照ください。

コンテンツ作成手順の第三回目:「ボタン」の使い方
http://lecturemaker.jp/?page_id=623

eラーニングをはじめてみたんだけど、効果がイマイチなんだよね・・・。そんな悩みに解決策を! おおよそ10回程度、eラーニングの導入事例を紹介していこうと思いますので、お役に立てて頂ければと思います。

▲商品パンフレットを教科書に活用

▲商品パンフレットを教科書に活用

■ポイント

まずは、理解度テストやレポート提出機能を使って知識の共有を促進
(教材そのものは、既存の資料や書籍など、非eラーニング媒体を活用)

■場面設定

今回の事例は、以下のような場面での事例です。
ある製造メーカーで、営業担当者向けに製品理解の徹底(知識の共有)を行いたいと考えています。

製品はかなり専門的なものなので、顧客にはパンフレットをただ渡すだけ、という販売ではなく、顧客が行いたいことをしっかり把握して、それにあった製品を提案して販売しなければならない、そうです。

その為には自社製品のカタログをしっかり読み込んでおく、ということが必要との事でした。(「隅から隅までパンフレットを10回繰り返し読む事」とおっしゃってました。これ、カタログ1冊が電話帳くらいありますので、1回隅から隅まで読みのもかなり大変です。僕も見せてもらいましたが、すぐ挫折しました。それなりに基礎知識がないと内容把握も大変です)

■事例

eラーニングという言葉はかなり大きな意味をもっておりまして、例えば、ファイルサーバー上に資料(教材)を共有しただけでも、ある意味eラーニング、と言えなくもありません。

但し、この場合、誰がいつ見た、というのを簡単に知ることはできませんので、たいていの場合、資料は投げっぱなしになり、なかなか知識の共有とまではいきません。
実際、上記の企業でも同様の悩みを抱えていたようです。

そこで、eラーニングの仕組みを導入して、知識の共有を促進したい、ということになりました。(実際、誰が、いつ、何を見たのかを把握したいのでeラーニングを導入したい、LMS(学習管理の仕組み)を導入したい、というお客様は少なくありません)

ところで、今回の目標は、営業担当者が自社の製品カタログをきちんと読み込む事にありますので、教材はeラーニング化せずにそのままカタログを使用することにしました。その代わり、eラーニングでのレポートの提出とテストの受講を行いました。

このようにする事で、受講状況が把握でき、製品理解度も把握できるようになったそうです。(「出されたレポートを読めば、カタログをどれくらい読み込んできるかはスグに分かる」そうです。)

▲eラーニングシステムのテスト機能だけを利用するお客様も多い

▲eラーニングシステムのテスト機能だけを利用するお客様も多い

eラーニングシステムの便利なところは、受講状況や成績がすぐに分かることですので、このような製品情報の共有にも役立てる事ができます。

■今後の活用

いまのところテストだけなのですが、今後は、先輩担当者によるポイント講座や、導入事例紹介のような教材を増やしたり、読解に必要な基礎知識の講座を増やしていくことで、より効果的にシステムを使っていきたい、との事です。

確かに、完全に独習で行うよりも、分かっている人からポイントを聞く事を活用すると、より効果的に学習が行えるでしょうし、そうすればシステムの活用度もあがると思われます。

このように、ちょっとした使い方で、eラーニングシステムは知識共有の為のツールともなりますので、是非、活用していただきたいと思います。
(中村)

  • 製品・サービス
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。20名まで無料でASPサービスを利用できます
    PC、iPhone対応のeラーニング学習管理システム(LMS)【SmartBrain】
    http://smartbrain.info/
    PC、iPhone対応のeラーニングシステム。ユーザ数無制限のASPコースをご用意。


    eラーニングポータルサイト【elearning.co.jp】
    http://elearning.co.jp/
    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルの製品を紹介しています。


    コンテンツビジネス支援パック
    http://contentsbank.jp/

    Ustream配信、動画コンテンツ制作、セミナーにご利用いただけるレンタルスタジオ
    Ustreamレンタルスタジオ「パンダスタジオ」
    http://pandastudio.tv/

    eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナルのスタッフが、eラーニングに関する情報・最新事情をBlogでご紹介。月50本程度の情報発信を行っています。
    ブログ「blog.eラーニング.co.jp」
    http://blog.elearning.co.jp/

  • アーカイブ
  • カテゴリー
  • Amazon
  • タグ