Amazon S3低冗長化プランはDurability 99.99%

AmazonS3が、低冗長化ストレージ(Reduced Redundancy Storage: 略称RRS)の提供を開始しました。このサービスは、失われてしまっても再生成できるデータ用に設計されており、99.99%の永続性(Durability)を満たすように設計されている。既存のAmazonS3ストレージの、永続性99.999999999%と比べると信頼度は低いが、再生成できるデータを保存するのであれば、99.99%の永続性でも十分実用的だ。

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)

信頼度が落ちる分、通常のストレージと比べて安めの料金設定になっている。

通常ストレージ
(設計耐久度: 99.999999999%)
低冗長化ストレージRRS
(設計耐久度: 99.99%)
区分 料金 区分 料金
最初の50TB $0.150 per GB 最初の50TB $0.100 per GB
次の50TB $0.140 per GB 次の50TB $0.093 per GB
次の400TB $0.130 per GB 次の50TB $0.087 per GB
次の500TB $0.105 per GB 次の50TB $0.070 per GB
次の4000TB $0.080 per GB 次の50TB $0.053 per GB
5000TB以降 $0.055 per GB 5000TB以降 $0.037 per GB

以下のメールが、AmazonS3から届いていました。簡単に日本語訳をつけてみましたので、参考程度に御覧下さい。

Dear Amazon S3 Customer,

We are pleased to introduce a new storage option for Amazon S3 called Reduced Redundancy Storage (RRS) that enables customers to reduce their costs by storing non-critical, reproducible data at lower levels of redundancy than the standard storage of Amazon S3. It provides a cost-effective solution for distributing or sharing content that is durably stored elsewhere, or for storing thumbnails, transcoded media, or other processed data that can be easily reproduced. The RRS option stores objects on multiple devices across multiple facilities, providing 400 times the durability of a typical disk drive, but does not replicate objects as many times as standard Amazon S3 storage does, and thus is even more cost effective. Both storage options are designed to be highly available, and both are backed by Amazon S3’s Service Level Agreement.

Amazon S3にReduced Redundancy Strage(RRS)を追加します。このサービスは、冗長化レベルの低いストレージを使うことで、重要度が低く、再生可能なデータを、今までのサービスより安く提供します。RSSでは、複数の施設に分散配置された端末にデータを保存することで、通常のディスクドライブと比べて400倍の耐久性を実現しています。ただし、コストを抑えるために、通常のS3ストレージサービスと比べると冗長度は低く設定されています。

Once customer data is stored using either Amazon S3’s standard or reduced redundancy storage options, Amazon S3 maintains durability by quickly detecting failed, corrupted, or unresponsive devices and restoring redundancy by re-replicating the data. Amazon S3 standard storage is designed to provide 99.999999999% durability and to sustain the concurrent loss of data in two facilities, while RRS is designed to provide 99.99% durability and to sustain the loss of data in a single facility.

通常のストレージサービスをご利用の場合も、RSSサービスをご利用の場合も、Amazon S3は、常にエラーチェックを行っており、デバイスに障害が発生した場合は、直ちにデータのレプリケーションを開始します。通常のサービスでは、2拠点に保存しているデータが同時に消失した場合も、データを維持することができます。一方、RSSでは、1拠点でのデータ消失のみ、データを維持することができます。(2拠点で同時にデータが消失した場合、そのデータは消えてしまいます。)

Pricing for Amazon S3 Reduced Redundancy Storage starts at only $0.10 per gigabyte per month and decreases as you store more data. To get started using RRS and Amazon S3, visit http://aws.amazon.com/s3 or learn more by joining our May 26 webinar.

RSSは値段が安く、1GBを1ヶ月ご利用いただいた場合の料金は0.10$です。(通常サービスは0.15$)。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES ASP・SaaSby.yasu.tanaka11 Comments2010.05.20
TAGS ,  
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。