iPadで、Webブラウザの画面を、外部モニターやプロジェクターに出力する方法

AppleのiPadのVGAケーブル(Apple iPad Dock Connector to VGA Adapter)を購入すれば、iPadの画面全部が、VGA出力できると思って購入して、iPadの画面がVGA出力できないと、困っている方も多いのではないのでしょうか。

しかし、iPadのVGAケーブル(Apple iPad Dock Connector to VGA Adaptで出力できるのは、ビデオやスライドだけです。私たちは、Webアプリケーションを多く作っていますので、Webブラウザの様子を、VGA出力して、液晶プロジェクターにブラウザでアクセスしている様子を表示する方法を説明します。

標準のSafariではVAG出力をしてくれないため、Expedition – The VGA Out Web Browser(600円) というアプリを購入してください。購入が終わり、このブラウザでネットサーフィンすれば、その様子をVGAケーブルの先につないだ外部ディスプレイやプロジェクターに出力することがができます。

▲expeditionの購入画面

Webブラウザで、Webサイトを閲覧している様子が、外部ディスプレイに出力されているだけではなく、自分が今、どこを指でタッチしているかを、ディスプレイに赤丸で表示することができます。ちょうど、デモをしているビデオがYoutubeにありましたので、紹介します。

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES iPadby.m.nishimura14 Comments2010.05.07
記事の投稿者
西村 正宏
兵庫県出身。東京都在住。eラーニング専門キバンインターナショナル( http://kiban.jp) 代表取締役社長。 iPhone、iPad、kindleを愛す。2つの大学院で、情報工学と経営学の修士号取得。趣味も仕事もeラーニング。 Ustream中継の有料課金サービスを世界で唯一提供。USTREAM用スタジオ(http://www.facebook.com/pandastudio.tv)を運営。 英語がなぜか関西弁訛りになって困っている。 iPad関連の書籍を執筆が終わり出版待ち(ソフトバンククリエイティブ)。Ustream本を2冊出版予定。 USTREAM用のスタジオ(http://pandastudio.tv/)を作り、2010年中は無料で提供していますので、興味のある方は、是非ご利用ください。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。