iPad触ってハァハァする会を開催してしまった。

いったい何がどうしてこんなことになったのか、iPadを触ってハァハァする会というのをTweetviteで募集したら、
iPadを触ってみたいという方が突然集まってしまいました。てっきり、身内が集まると思っていたのですが。。

さて、実際に触ってみると

1.純正のケースはやはり必須。純正のケースを使うと立てられるし、キーボードも使いやすい!
  ケースがないと、滑って落としてしまいそう、という意見もでました。 

こんな立て方も。

2.BlueToothキーボードも、あれば使うかも。なくてもいいね。

ブルートゥースキーボードをセット

 

3. Youtubeで高画質動画をみてみると、CGなどは大画面ですごいクオリティ。みんなでみるのにもよし。
  逆に、音質はそこまででないので、iPadから出力できるスピーカーなどはあってもいいかもしれません。

4.アプリは、今は日本からはAppStoreに接続できなくて残念。早く接続できるようにしてほしい。
  iTunesに接続することで同期させて入れています。

  やはりiPad専用アプリはすばらしい!!という意見に。iPhoneだと、無理やり大きくした感じがでてしまうのです。

5.地図でロサンゼルスの渋滞情報をみてみると、さすがに重い。重い理由はダウンロード速度らしい。

といったところで、どんなアプリが面白いか、という話に。

・電子書籍系統、雑誌。
・誰かと一緒に楽しむアプリ、対戦ゲームなど。囲碁など、アクション性の低いゲーム。
・画面の大きさが重要なアプリ、お絵かきアプリ、地図アプリ、プレゼンテーションアプリ、UstreamViewer。

最後は、iPadをノートパソコンだと思うと物足りない、iPhoneだと思うと大きい、これだけでできるものはなんだろう、という話に。
iPadを「可能性」から「実体験」に変えることができた会となりました。

参加してくださった皆様、どうもありがとうございました。

Twitter: Tienlan

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES iPadby.yasu.tanaka6 Comments2010.04.20
TAGS , ,  
記事の投稿者
田中 康英
eラーニング支援部です。ときにメールマガジンを書き、ときにブログを書き、ときにソフトを翻訳し、ときに問い合わせに返信し、ときにUstreamスタジオの準備をし、とそんな感じでお仕事しています。

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。