第49回気象予報士試験合格体験談1 てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

本日は、第49回気象予報士試験合格体験談!野口さんのご紹介です。
(ラジオっぽいTV!より)

<受験回数・年数>
6回 約3年

<大変だった分野>
学科一般専門は1回1回で合格したが、実技がとにかく大変だった。

<野口さんの勉強法>
とにかく、色々試した。落ち着いたのは以下の方法。
・ノートに付箋を張る形式
後で、移動させ整理し、似たものをまとめる。
・iPad利用
気象庁からの画像を張って整理。
先生の講座のキャプチャーして何回も確認する。

・大きな模造紙に書き込み、壁にはっていた。
1つの視覚で理解したいときに。

・講座も録音して、寝る前に聞いていた。
動画講座も2倍速で聞き流す。

<今後>
試験に受かって、心おきなく勉強していきたい。
予報業務、気象を伝える仕事をしたい。
佐々木先生たちの楽しく仕事をする姿に希望をみた!

いかがでしたでしょうか。
合格体験談の全容はこちらから。

https://youtu.be/OcMW_ei8uWI

:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜

てんコロ。のラジオっぽいTV!は毎日更新されていて、天気図解説も満載。佐々木先生の明るさが気象予報士試験勉強のエネルギー源になるとか。

てんコロ.気象予報士講座

<どんな講座?>
てんコロの気象予報士講座は、お天気の勉強の基礎から始めるeラーニング動画講座です。
無駄に難しい言い回しや、分かりにくい専門用語をはじめから使うことはありませんし、初めて勉強する人でも分かりやすい言葉に置き換えて、授業を進めていきます。
勉強するうちに、覚えていかなければならない専門用語は、もちろん説明をつけて使用します。特に、お天気に興味はあるけど文系出身で二の足を踏んでいる…そんな人におすすめです。

<eラーニングのメリット>
ネット環境さえあれば、いつでもどこでも365日講義を見放題。動画1本20分前後なので,空いた時間を利用して勉強することができます。

<実技講座の特徴>
基本的な気圧配置の事例を取り上げて、主に天気図を解析する講座です。過去問を取り上げたり、答え方のテクニックを勉強するものではありません。あくまでも天気図の理解を深めるのが目的です。
有料の講座とは別に、気象予報士試験(実技)の解説動画(無料)もありますので、ぜひご覧ください。

<2大保証>
購入後30日間返金保証や合格出来なかった場合の2年間延長保証などもあります。
詳しくは http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=4339 をご覧ください.

単元ごとの購入も可能です!!
ご登録いただくだけで47回実技試験の天気図解説講座がご覧いただけます。
ご登録・ご購入はこちらから。
http://bit.ly/2t0v19O

Facebookページもよろしくお願いします

CATEGORIES eラーニング, 資格by.a.takeuchi0 Comments2018.03.30
記事の投稿者
a.takeuchi a

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。