6 黄連解毒湯~漢方に慣れる【登録販売者講座 ミニ講座】

 

登録販売者の勉強で、
「漢方について覚える事が苦手」という方の為に、
漢方に慣れるよう、10回程度のミニ講座をご用意しました。
重要な漢方薬について『アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座http://bit.ly/2dHT0Dj から解説をピックアップしご紹介いたします。

1つの漢方で3分程度の内容ですので、隙間時間に繰り返し聞き流して、漢方の独特の言い回しを覚えていきましょう。試験直前対策としても、ご活用ください。

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

~アフロ先生の解説からピックアップ!!~

体力中等度以上で、のぼせ気味で顔色赤く、イライラして落ち着かない傾向のあるものの鼻出血、不眠症、神経症、胃炎、二日酔い、血の道症(ちのみち しょう)、めまい、動機、更年期障害、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ、口内炎に適すとされていますが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)では不向きとされています。

・まれに重篤な副作用として肝機能障害、間質性肺炎・腸間膜静脈硬化症が起こることが知られています

関連問題をピックアップ

問題
漢方処方製剤に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)は、体力が充実して脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘の傾向があるものの胃炎、常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こり・頭痛・便秘、神経症、肥満症に適すとされる。

大柴胡湯(だいさいことう)は、体力中等度以上で、赤ら顔でときにのぼせがあるもののにきび、顔面・頭部の湿疹(しん)・皮膚炎、赤鼻(酒さ)に適すとされ、構成生薬としてカンゾウを含む。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は、体力中等度以上で、のぼせぎみで顔色赤く、いらいらして落ち着かない傾向のあるものの鼻出血、不眠症、神経症、胃炎、二日酔い、血の道症、めまい、動悸、更年期障害、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ、口内炎に適すとされる。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)は、体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの肥満に伴う関節痛、むくみ、多汗症、肥満(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)に適すとされ、構成生薬としてカンゾウを含む。

<選択肢>
1(ア、イ)2(ア、ウ)3(イ、エ)4(ウ、エ)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

正解は、4(ウ、エ)です。

まずは、
ウ 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
エ 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
の正しい文章を覚えましょう。

ちなみに、
ア 清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)は、
体力中等度以上で、赤ら顔でときにのぼせがあるもの、にきび、顔面・頭部の湿疹(しん)・皮膚炎、赤鼻(あかばな)・酒さ(しゅさ)に適すとされていますが、胃腸の弱い人では食欲不振、胃部不快感の副作用が現れやすい等、不向きとされています。構成生薬としてカンゾウを含みます。

イ 大柴胡湯(だいさいことう)は、
体力が充実して脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘の傾向があるものの胃炎、常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こり・頭痛・便秘、神経症、肥満症に適すとされるが、体の虚弱な人、胃腸が弱く下痢しやすい人では、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすいため、不向きとされる。

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)PDF資料 はこちらから

『登録販売者ミニ講座~漢方に慣れる~』の内容を、PDFで無料ダウンロードできます。
プリントアウトして、キッチン、お手洗い、洗面所、家のいたるところに貼って常に漢方の勉強ができるようご利用ください。

ミニ講座【黄連解毒湯】のPDF資料はこちらをクリック

eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」シリーズについて

場所を選ばず、時間も好きな時間に、何度も学べます。
・アフロ先生は、難しい言葉や内容も、わかりやすい言い回しに置き換えて解説してくれています。
初めて勉強される方文系の方にもおススメです!!
・アフロ先生の、楽しいキャラクターで、飽きずに最後までサクサク学習することができます。

●eラーニング「アフロ先生と学ぶ登録販売者最短合格講座」はこちらから●
http://bit.ly/2dHT0Dj

<基礎コース>
・・・365日15,000円(税込)
<アドバンスコース(過去問解説編)>
・・・365日15,000円(税込)
<超最短合格パック(基礎+アドバンス)>
・・・365日27,000円(税込)

~特典!!「合格保証・返金保証」付~

—————————————————————————
【eラーニングことなら何でもお気軽にご相談ください。】
株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
電話:03-4405-8486
メール:international@kiban.jp

Facebookページもよろしくお願いします

記事の投稿者
kobayashi seira

Facebook comments:

コメントをどうぞ

Eメールアドレスは公開されません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。